不動産投資/アパート経営のご相談はFPグリュックへ!

サブリースのデメリットとは? 〜業者の都合で大家が損をするワケ〜

実際のところ「サブリース」ってどうなの?

不動産投資のご相談を受けていると、かなりの頻度で「サブリース(家賃保証)」のことを聞かれます。

 

各業者がセールスポイントとして声高に謳うサブリースですが、ご相談の内容としては「本当に大丈夫でしょうか?」という懐疑的な質問がほとんどです。

 

サブリースの説明を聞いて興味がでてくる反面、どこか腑に落ちない、信用しきれないものを感じているのかもしれません。

 

インターネットで「サブリース デメリット」とか「サブリース 失敗」と検索してみると、様々な記事がヒットします。

 

面白いのは「サブリースを解約したら不動産投資に失敗した」という記事が散見されること。

 

サブリースに否定的な私としては興味深く読ませていただきましたが、案の定そのほとんどがサブリースを行っている業者の記事でした(笑)。

 

このような記事が存在するということは、裏を返せば業者としてはそれだけサブリース契約が欲しいということでもあります。

 

中にはまるで自分たちが身銭を切って大家の家賃を守るような印象をもたせる業者もいますが、自分たちにとって旨みがあるものでなければこうも躍起になるはずがありません。

 

サブリース業者にとって“良いもの(平たく言えば「儲かるもの」)”が、大家にとっても本当に“良いもの”でしょうか

 

自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、改めてサブリース(家賃保証)の仕組みを解説します。


「サブリース」のメリット……その正体は?

先ほども申し上げましたが、私はサブリース(家賃保証)には否定的です。

 

その理由は簡単です。単純に言えば、「メリットよりもデメリットのほうが大きい」と考えているからです。このことは両者を比較してみるとよく分かります。

 

まず、サブリースのメリットを考えてみましょう。一般的には下記のようなことが言われています。

サブリースのメリット

@空室に関係なく、安定的に家賃が入ってくる
Aアパートローン全期間に渡って家賃保証をしてくれる
B入居者と直接やり取りすることがないため、管理の手間がかからない
C確定申告が簡略化できる

 

大家に好まれるのはやはり@とAでしょう。何よりも「安心感」という点で、サブリースを選ぶ方が多いようです。

 

Bに関してはきちんとした管理会社を選べばサブリースでなくても同じ効果は得られますし、Cにいたってはこの程度の手間が省ける代償としてはコストが高すぎます。

 

コストの話が出ましたが、果たして@とAの効果を得るのにサブリースのコストは適切でしょうか

 

「安定的な家賃収入」の正体

@の「安定的な家賃収入」ですが、一般的にサブリースの場合、手数料として家賃の10%をサブリース業者が徴収します。

 

これは「どんなに空室が多くても家賃の90%は入ってくる」ということを意味していますが、逆に「どんなに満室が続いても家賃の90%しか入ってこない」ということでもあります。

 

言い方を変えれば、一年間を通して「始めから空室率10%が確定している」ということになります。

 

大家業を営もうとしている人間が、常時空室率10%を容認して良いものでしょうか。私は違うと思います。

 

一時的なものならともかく、常に空室率が10%というのはその物件にとって健全な状態とは言えません

 

空室のクリーニングに問題があるのか、内見方法に工夫が足りないのか、あるいはそもそもの家賃設定に無理があるのか。

 

いずれにしろ、もし空室率が10%の上るのであれば、そこに何かしらの改善点はあるはずですし、大家としてやるべきことをやっていれば空室率はもっと抑えられるはずです。

 

サブリースの「安定的な家賃収入」は、裏を返せば「安定的な空室率」でもあるのです。

 

「ローンの全期間家賃保証」の正体

Aの「ローンの全期間家賃保証」にも考えるべき点はあります。

 

最近はアパートローンが30年間ならサブリースも30年間で契約する業者が多くなっていますが、彼らが保証するのはあくまで「家賃の90%」です。

 

誤解の多い点ですが、この家賃とは始めの設定がずっと30年続くわけではなく、数年毎に見直す契約になっています。家賃はあくまでも「時価」なのです

 

では、その家賃の「時価」は誰が決めるのか。建前上は大家と業者双方の協議となっていますが、実際に大家に決定権はありません。実務として募集を行うサブリース業者がイニシアチブをとります。

 

そう考えれば、彼らがどういった家賃設定をするかは容易に想像がつきます。

 

そうです、サブリース業者は「絶対に入居者が決まる家賃設定」をするのです。

 

彼らが保証するのは「家賃の90%」であり、決まった金額ではありません。例え家賃がそのエリアの相場より安かったとしても、彼らには必ずその10%が入ってくるのです。

 

そのような収益構造では、「できるだけ高い家賃で募集をかける」という発想は生まれません。むしろ家賃をどんどん下げてでも空室率を下げようとします。

 

結果として、その物件の家賃下落は加速的に進むことになり、大家の手取りはどんどん減っていくのです。

 

間違えてはいけないのは、「ローンの全期間家賃保証」は安全なローン返済を約束するものではないということです。

 

家賃が下がっていってしまえば、家賃保証されていたとしても家賃収入がローン返済額を下回る危険性があることをしっかり認識しなくてはなりません。

 

こう考えてみれば、サブリースが売りにしている「安心感」がいかに曖昧なものかがよく分かります。


「サブリース」で特に注意しなくてはならないケース

サブリースで特に気をつけなければならないのが、業者に他の収益がある場合です。

 

具体的には、建設会社が建設費で収益をあげる場合や、マンションデベロッパーが新築マンション販売で収益をあげる場合がそれにあたります。

 

実はこのようなケースですと、元々の家賃設定が相場より高くなっていることがあります。先ほどの理屈で言えば、家賃設定を高くするのはサブリース業者にとっては自殺行為。空室率が増え自己負担が重くなってしまうからです。

 

それでも彼らが家賃設定を高くするのはなぜか?

 

それは「彼らの商品であるアパートやマンションを高く売りたいから」に他なりません。

 

家賃設定が高ければ、物件の価格が少々高くても、収支計画上は高い利回りを確保できるように見えます。そのような収支計画を提示することで、消費者にそれがいかに良い物件であるかをアピールするのです。

 

確かに空室率が上がればサブリース業者の負担にはなります。ただその状態はいつまでも続くものではありません。数年後の家賃見直し時にに空室率を理由にオーナーとの契約を変更してしまえば、そこで業者の負担は終了です。

 

業者としては、スタート時点で建設費や売却費で十分な利益が確保できていますので、わずか数年の家賃負担はそこで回収できてしまいます。極端な言い方をすれば、数年の家賃負担を最初から物件価格に転嫁させているわけです。

 

このようなケースでは、大家の未来は悲惨です。安心していられるのは最初の数年間だけ。その後はサブリース契約自体が続いたとしても家賃は大幅に下げられてしまいます。

 

元々見せかけの収支計画ですから、一度そうなってしまったら改善できるはずもありません。時間の経過と共にズルズルと家賃を下げられて、大家はローンで身動きがとれなくなってしまいます。

 

このように建設業者やマンションデベロッパーから見るとサブリース契約は実に都合のよい商品です。声高にサブリースを提案するのが先輩大家ではなく彼らだというのも、実に納得できるお話です。


「サブリース」の本当に怖いところ

ここまででも様々なサブリースのデメリットが出てきましたが、私が考える「サブリース最大のデメリット」は実は他にあります。

 

私が考えるサブリース最大のデメリットとは、「大家に賃貸経営のノウハウが貯まらない」ということです。

 

なにもかも任せっぱなしになりがちなサブリース。実際に大家がすることはあまりありません。その結果、何年賃貸業を営もうとその大家に「賃貸経営のノウハウ」が貯まらないという事態を招いてしまうのです。

 

家賃収入は「不労所得」では決してありません。他の商売と同じように、経験値をつんでそれを生かしていかないといずれ行き詰ってしまいます。

 

特に賃貸経営は原則として「右肩下がりの商売」ですから、始めの良い状態の時に経営のノウハウを貯めておかないと、後々厳しくなった時にどう対処すればいいのか分からなくなってしまいます。

 

「大家さんになにもしなくて大丈夫です。全部我々にお任せください!」というサブリース業者の言葉は一見とても親切に思えますが、実は「経験」という何よりも得難い財産を大家から奪ってしまう戦略でもあります。

 

そうやって大家にノウハウを貯めさせなければ、次の家賃改訂時に業者が無理を言って家賃を下げたとしても、大家はそれに対抗する手段を持ちません。

 

逆に「なにもわからないからサブリース契約を解除されたら困る」という心理が働き、業者の条件をそのまま受け入れざるを得なくなってしまうのです。


それでも「サブリース」にしますか?

以上、サブリースのデメリットを5つ考えてみました。まとめると次のようになります。

 

サブリースのデメリット

@初めから空室率が10%で固定される
A家賃の決定権が大家にない
B家賃の下落率を加速させる
C新築の場合、適正な収支計画が立てられない可能性がある
D賃貸経営のノウハウを大家が蓄積できない

 

結論として、サブリースは「絶対に業者が損をしないシステム」と言えます。裏を返せば、その分だけ「大家の収入が減るシステム」だということです。

 

冒頭で書いたように「サブリースを解除したから失敗した」という記事を業者は書いていますが、実に本末転倒な主張です。サブリースは大家の収入を減らしこそすれ、増やすことは決してないのですから。

 

もし、アパート建設や収益物件の購入を検討している中で、「どうしてもサブリースでないと不安だ」という方がいたら、逆にこう考えてください。

 

「サブリースでなければ成立しない物件であれば、そもそもその物件の収支計画は成り立っていない」と。

 

サブリースの仕組みを冷静に考えられるのであれば、きっとこの結論にたどり着けるはずです。

(2016/01/27 文責:佐野純一)

関連テーマのページ


〜マネー設計が開く、幸運のトビラ〜

「ファイナンシャルプランナーって何をする人なんだろう?」
「興味はあるけど何を相談したらいいか分からない…」
「どんなことができるのか、まずはちょっと話を聞いてみたい」

 

そんなあなたのために“初回無料相談”を実施中です。

 

 

実際にコンサルティングをご利用いただいた
お客様の声をご紹介しています。

 

 

 

よく読まれている人気記事



関連ページ

あっという間に「資産」が増える? 〜業者の謳い文句に騙されるな〜
不動産投資の煽り文句としてよく使われる「あっという間に資産が増える!」という言葉。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、資産の本当の正体に迫ります。
「利回り」の数字に騙されるな! 〜魅力的な数字の裏に潜む罠〜
運用を行う時に「利回り」は大きな要素ですが、不動産投資における利回りにはいくつかの種類があります。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、不動産投資の利回りを解説します。
新築ワンルームマンションはなぜ失敗するのか 〜不動産投資デメリット総まとめ〜
新築ワンルームマンション投資で失敗する人は後を絶ちません。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、新築ワンルームマンション投資の5つのデメリットを徹底解説します。
「金持ち父さん」は不動産投資本ではない 〜著名本から垣間見える真実とは?〜
「金持ち父さん」は本当に不動産投資を勧めているのでしょうか。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、不動産投資家としてあの著名本の内容を解説します。
不動産投資は「自分年金」になるのか? 〜ハッピーリタイア目指すためには〜
不動産投資は本当にハッピーリタイアのための最適な手段なのでしょうか? 自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、不動産投資やアパート経営のホントのところをお教えします。
「インカムゲイン」と「キャピタルゲイン」 〜目的に合わせた使い分け方法〜
インカムゲインとキャピタルゲイン。不動産投資には2つの利益が存在します。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、その違いと考え方を解説します。
不動産には4つの価格がある 〜あなたが知りたい値段はどれ?〜
価格付けが難しいとされる不動産。一般的に4つの価格があると言われています。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、不動産の値段の決まり方を解説します。
収益物件の価格はどう決まる? 〜契約前に知っておきたい物件価格の求め方〜
不動産投資が失敗する原因の一つが売却損です。収益物件の値段とはどうやって決められるのでしょうか。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、主上物件の価格付けを解説します。
良い収益物件の見分け方とは? 〜出口戦略から逆算する物件選び〜
誰でも良い収益物件に巡り合いたいもの。しかし、良い物件とは誰にとっても同じではありません。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、あなたにとって良い物件とは何かを解説します。
実録!投資用マンション勧誘電話 〜敵を欺くにはまず味方から?〜
悪評高い新築ワンルームマンションの勧誘電話。無謀にもファイナンシャルプランナーに挑戦してきた担当者がいました。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、その実態を報告します。
「個人事業主」と「不動産投資」の相性は? 〜将来の不安解消のために〜
個人事業主と不動産投資は本当に相性が悪いのでしょうか? 自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、個人事業主が行うべき不動産投資を解説します。
レバレッジ効果は諸刃の剣 〜フルローン信者が突き進む破滅への道〜
レバレッジ効果は不動産投資の重要な要素ですが、過信すると大きな失敗につながることもあります。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、そうならないための対策を解説します。
賃貸経営で「セミリタイア」は可能か 〜サラリーマン大家が取るべき2つの方法〜
サラリーマン大家であれば誰でも家賃収入で「セミリタイア」を夢見ることでしょう。果たして本当にそんなことが可能なのか? 自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、現実的な数字を使って解説します。
その空室対策、間違えていませんか? 〜賃貸経営改善のためにできること〜
「空室」は賃貸経営の最大の敵! 本当に効果的な空室対策とはどのように考えればいいのでしょうか。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、空室対策のポイントを解説します。
“お宝物件”は本当に存在するのか? 〜不動産投資の前に知っておくべきこと〜
「お宝物件」と聞くと胸躍る方もいるでしょう。しかし、そんな夢のようなお宝物件は本当に存在するのでしょうか? そして、あるとしたらどこにあるのでしょうか? 自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、お宝物件の正体を解説します。
家賃収入の“最大公約数”とは 〜家賃は「相場」で決まらない?〜
賃貸経営の中で一番難しいものの一つである家賃設定。高い家賃で貸したいのはもちろんですが、高い家賃が必ずしも正しいとは限らないというのをご存知でしょうか? “お金の相談のプロ”である「現役大家FP」が、正しい家賃設定を分かりやすく解説します。
不動産投資の上手な始め方 〜9割の人がスタートで失敗するワケ〜
世間からの注目が高い不動産投資。賃貸経営に興味を覚える人多い一方で、あまり成功したという話は聞きません。それもそのはず、実は不動産投資は9割の人がスタートで失敗すると言われています。“お金の相談のプロ”である「現役大家FP」が、その理由を解説します。
アパートの売り方ご存知ですか? 〜収益物件を上手に売るためのコツ〜
「不動産を売るなら今!」と、収益物件売却を検討している方も多いはず。しかし、収益物件には収益物件なりの“売り方のコツ”があるのをご存知でしょうか? “お金の相談のプロ”である「現役大家FP」が、あなたの物件の売り方を解説します。
「不動産投資」と「賃貸経営」の違いは? 〜二つの言葉にみる大家業の本質〜
「不動産投資」と「賃貸経営」。混同されて使われることの多いこの二つの言葉は、実は似て非なるもの。「お金の相談のプロ」である現役大家FPが、この二つの言葉を比較しながら“大家業の本質”に迫ります。
「かぼちゃの馬車」の魔法が解けたワケ 〜“高利回り”に潜む罠とは?〜
「かぼちゃの馬車」のブランド名で急成長したシェアハウスの運営会社が事実上活動停止となり、オーナーが悲鳴を上げています。不動産投資家の夢を乗せて走るはずの「かぼちゃの馬車」の魔法はなぜ解けてしまったのか。「現役大家FP」がその理由を解説します。

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP プロフィール/ご挨拶 料金体系について 面談場所について ご相談事例 お客様の声