不動産投資/アパート経営のご相談はFPグリュックへ!

賃貸経営で「セミリタイア」は可能か 〜サラリーマン大家が取るべき2つの方法〜

サラリーマン大家の「究極の目標」

「家賃収入でセミリタイア」

 

会社員をしながら不動産投資をする、いわゆる“サラリーマン大家”にとって、それは一つの「目標」であり、また「夢」かもしれません。

 

実際、書店に並ぶ不動産投資指南本や収益用の不動産業者のサイトにはそんな宣伝文句が数多く並び、サラリーマン大家志望者を煽っています。

 

そんなフレーズを見た時、こう思う方も多いはずです。

 

「本当にそんなことが可能なのか?」

 

これまで真当に勤め人をしてきた人であれば、そう思うのがむしろ当然でしょう。

 

この疑問は「本当にそんなウマイ話があるのか? 物件を売りたいだけなんじゃないか?」と言い換えることもできるはずです。

 

自ら賃貸経営をする“現役大家”であり、同時に「“お金の相談”の専門家」“ファイナンシャルプランナー(FP)”でもある私は、あなたに収益物件を売りつけるのが仕事ではありません。私にとって不必要に不動産投資の良さをアピールする意味はないのです。

 

そんな“現役大家FP”の視点から、「本当に賃貸経営でセミリタイアが可能かどうか」を現実的な数字で検証してみます。


実際にあったご相談例をご紹介

実際に過去にはこんなご相談がありました。

 

ご相談主は40歳代の会社員の方です。年収は700万程度で、あまり生活費を多く使うタイプではありません。

 

ご結婚されていますがお子様のご予定はなく、元々ご自身でもかなりの貯金があったのですが、このたび相続によりさらに手元の現金が増えたそうです。

 

その貯金の総額はおよそ5000万円。ご本人しては「これを元手に不動産投資を始めて今の仕事をリタイアしたい」というご相談でした。

 

「貯金が5000万円あればリタイアしても大丈夫じゃないか」

 

そう思う方もいらっしゃるでしょう。あるいは完全なリタイアまでいかなくても、セミリタイアぐらいはいけるかもしれません。

 

期待に胸が膨らむ相談者に、私は次のような説明を始めました。

 

「賃貸経営でリタイアしたい」ということは、単純に考えれば「これまでの給与と同じ水準の家賃収入を得られれば良い」ということになります。もちろん、賃貸経営にかかる経費もありますし、税金の問題もあるので実際にはそれほど単純なお話ではありませんが、まずはスタートとしてそこから考えてみましょう。

 

家賃収入として700万円を得るにはどんな物件を持てばいいのか? 言い換えればこれは「どんな物件なら年間700万円の家賃収入を得られるのか」ということでもあります。

 

一番シンプルな考え方は、標準的な利回りから物件の価格を逆算する方法でしょう。

 

仮に表面利回りが7%の物件だとすれば、「700万円÷7%=1億円」のアパートがあれば良いことになります


アパートローンの扱いに注意!

気をつけたいのは、上の計算式は大前提としてこの1億円のアパートを借入金をまったく使わずに購入しているということです。

 

借入金を使った場合は、当然毎月のローン返済が発生します。年間家賃収入からローン返済額を引けば、その分手元に残るお金が少なくなるのは自明の理です。

 

つまり借入金無しに1億円のアパートを購入できなければ、現在の給与収入700万と同じというわけにはいかなくなってしまうのです。

 

では、借入金(アパートローン)を活用した場合を考えてみましょう。アパートローンも“どのくらいの金利”で“どのくらいの期間”で組むかによって大きく変わってきますが、ここでは「金利2%」で「30年間」のローンが組めたと仮定します。

 

先ほどに比べると少し計算が複雑ですが、表面利回りを先ほどと同じく7%とした場合、結論から申し上げると 1億8千万円ほどのアパートを購入すれば「年間家賃収入-年間ローン返済額=700万円」を達成できることになります。

 

考え方としてはこうです。
年間家賃収入…「1億8千万円×7%=1260万円」
年間ローン返済額…借入額1億3000万円・金利2% ・期間30年間 「月額48万円×12ヶ月=576万円」
家賃収入-ローン返済額…「1260万円-576万円=684万円」

 

このように計算上は年間700万円の収入を得ることは可能となりますが、今度は「差額分1億3000万円の借入れをする」という高いハードルが立ちはだかります。

 

現実問題としてそれだけの借入ができるかどうかという金融機関の判断もありますし(「サラリーマンを辞めたいんです」と言ったら、絶対に貸してくれません-笑)、借りる側としても相当の覚悟がいる金額です。

 

このリスクを背負ってアパート経営に乗り出す決断をできる方が、果たしてどのくらいいらっしゃるでしょう。

賃貸経営でリタイアは夢のまた夢?

どうでしょうか? 5000万円の元手で大家としてリタイアできそうでしょうか?

 

最初に触れたように、上の計算例では固定資産税や管理費などの賃貸経営に必要な経費は考慮していません。また、賢明な方であればお気づきのように、空室リスクや家賃下落リスク、金利上昇リスクなどもまったく計算には反映させていないのです。

 

そうです、例え5000万円あったとしても、そしてその全額を不動産投資に突っ込んだとしても、賃貸経営でリタイアはできません

 

残念ながら、これが不動産投資本や不動産業者が口にしない真実なのです。

 

では、リタイアではなくセミリタイアではどうか?

 

これは「セミリタイア」という言葉の定義次第でしょうが、少なくとも上記の例を見る限り「リタイア」というイメージからは程遠い感は否めません。特にサラリーマンの場合は収入や働き方を自分でコントロールするのは難しいですから、結局はこれまでと同じように働き続けることになってしまいそうです。

 

それでは、サラリーマン大家にセミリタイアは“不可能”なのでしょうか?

 

ちょっと待ってください。そう結論づけるのは少々早計です。

 

サラリーマン大家もやり方によってはセミリタイアに近づくことはできます


セミリタイアのためにやるべき2つのこと

まず誰でも考えつくのが、高利回りのいわゆる“お宝物件”を手にいれることでしょう。利回りが2倍3倍になれば、5000万円の元手でも今の給与水準まで家賃収入をあげることはできます。

 

但し、“お宝”はあくまで“お宝”。

 

その辺に無造作に転がっているわけではありませんし、あったからと言って首尾よくあなたのものになるわけでもありません。不動産投資指南本に書いてあるような再現性の低い成功者の自慢話を追いかけたところで、状況は決して良くはならないでしょう。

 

セミリタイアを目指すサラリーマン大家にとって、現実的にとるべき方策は次の2つです。

 

@時間を味方につける

まずは焦らずに時間をたっぷりかけてください。

 

不動産投資とは、「家賃収入」という“他人のお金”で「アパートローン」という“他人のお金”を返していことで、「不動産」という“自分の資産”を形成していく特殊な運用です。

 

当然この“他人のお金”を利用する時間が長ければ長いほど、自分の資金を使わずに運用効果を上げることができます。性急に結果を求めるのではなく、遠い未来のゴールを設定して計画的に進めることが何よりも肝心です。

 

A追加投資を惜しまない

賃貸経営を始めてからも追加で自己資金を投入することでセミリタイア達成のタイミングを近づけることができます

 

状況によっては自己資金の中から繰上返済を行うのも良いでしょう。別の物件を購入することでスケールメリットを追求してもいいはずです。

 

セミリタイアを目指すのであれば、間違っても家賃収入で得た利益を他のことに使っている場合ではありません。こちらも始めからきちんとゴールが設定できていれば、大家として自分のすべきことがはっきりと分かるはずです。

不動産投資は「不労所得」ではない!

「サラリーマン大家が不動産投資でセミリタイアできるのか?」

 

その答えは「Yes」でもあり「No」でもあります。

 

控えめな表現をすれば、これは「しかるべき方法でしかるべき時間をかけてほんの少しの幸運に恵まれれば不可能ではない」と言えるかもしれません。

 

私が相談者にまず申し上げることですが、賃貸経営は決して「不労所得」ではありません。十分な検討を重ねて慎重なスタートを切ることはもちろん、その後も何十年という長いスパンでたゆまぬ経営努力が必要になります。

 

もし、あなたが不動産投資を「不労所得」だと考えているのであれば、悪いことは言いません、今すぐやめたほうが良いでしょう

 

そうした甘い考えは他人からすぐに見抜かれまます。特に収益物件を売ることだけしか考えていないような不動産業者は、その手の「カモ」に敏感です。ウマイ話に乗った結果、セミリタイアどころか、これまで努力をして貯めてきた資産を失うような事態にもなりかねません。

 

不動産投資はれっきとした“運用”であり、賃貸経営は立派な“事業”です。そうした覚悟で自己研鑽を怠らないサラリーマン大家だけが、セミリタイアの境地に近づけるのだということを忘れないようにしていただきたいと思います。


(2017/03/22 文責:佐野純一)

関連テーマのページ


〜マネー設計が開く、幸運のトビラ〜

「ファイナンシャルプランナーって何をする人なんだろう?」
「興味はあるけど何を相談したらいいか分からない…」
「どんなことができるのか、まずはちょっと話を聞いてみたい」

 

そんなあなたのために“初回無料相談”を実施中です。

 

 

実際にコンサルティングをご利用いただいた
お客様の声をご紹介しています。

 

 

 

よく読まれている人気記事



関連ページ

あっという間に「資産」が増える? 〜業者の謳い文句に騙されるな〜
不動産投資の煽り文句としてよく使われる「あっという間に“資産”が増える!」という言葉。これは“資産”という言葉を使ったある種のトリックです。自ら賃貸経営を行う「現役大家ファイナンシャルプランナー(FP)」が、資産の本当の正体に迫ります。
「利回り」の数字に騙されるな! 〜魅力的な数字の裏に潜む罠〜
運用において「利回り」は大きな要素ですが、不動産投資における利回りにはいくつかの種類があります。その違いと理解していないと「思ったより儲からないな…」という事態になりかねません。自ら賃貸経営を行う「現役大家ファイナンシャルプランナー(FP)」が、不動産投資の利回りを解説します。
サブリースのデメリットとは? 〜業者の都合で大家が損をするワケ〜
「安心」が謳い文句のサブリースに騙されて失敗する人が後を絶ちません。冷静に考えれば、その構造自体に大きな落とし穴があるのがわかるはず。自ら賃貸経営を行う「現役大家ファイナンシャルプランナー(FP)」が、サブリースのデメリットを解説します。
新築ワンルームマンションはなぜ失敗するのか 〜不動産投資デメリット総まとめ〜
新築ワンルームマンション投資で失敗する人は後を絶ちません。不動産投資で失敗する典型的な例とも言えるこの商品。自ら賃貸経営を行う「現役大家ファイナンシャルプランナー(FP)」が、新築ワンルームマンション投資の5つのデメリットを徹底解説します。
「金持ち父さん」は不動産投資本ではない 〜著名本から垣間見える真実とは?〜
「金持ち父さん」を読んで不動産投資を志したという人に出会うことがあります。しかし、あの本は本当に不動産投資を勧めているのでしょうか。自ら賃貸経営を行う「現役大家ファイナンシャルプランナー(FP)」が、不動産投資家としてあの著名本の内容を解説します。
不動産投資は「自分年金」になるのか? 〜ハッピーリタイア目指すためには〜
“老後不安”が叫ばれる中、賃貸経営によって「自分年金」を生み出そうとする動きが盛んです。不動産投資は本当にハッピーリタイアのための最適な手段なのでしょうか? 自ら賃貸経営を行う「現役大家ファイナンシャルプランナー(FP)」が、不動産投資やアパート経営のホントのところをお教えします。
「インカムゲイン」と「キャピタルゲイン」 〜目的に合わせた使い分け方法〜
「インカムゲイン」と「キャピタルゲイン」。不動産投資には2種類の利益が存在します。どちらをより重視するかであなたの不動産投資の方法は変わってきます。自ら賃貸経営を行う「現役大家ファイナンシャルプランナー(FP)」が、その違いと考え方を解説します。
不動産には4つの価格がある 〜あなたが知りたい値段はどれ?〜
一般的に「価格付けが難しい」とされる不動産。そんな不動産には「4つの価格」があると言われています。その違いとはなにか? 自ら賃貸経営を行う「現役大家ファイナンシャルプランナー(FP)」が、不動産の値段の決まり方を解説します。
収益物件の価格はどう決まる? 〜契約前に知っておきたい物件価格の求め方〜
不動産投資が失敗する大きな原因の一つが「売却損(キャピタルロス)」です。収益物件の値段とはどうやって決められるのでしょうか。それを知れば、不要な「売却損」を防ぐことができます。自ら賃貸経営を行う「現役大家ファイナンシャルプランナー(FP)」が、収益物件の価格付けを解説します。
良い収益物件の見分け方とは? 〜出口戦略から逆算する物件選び〜
賃貸経営を目指すものであれば、誰でも良い収益物件に巡り合いたいもの。しかし、「良い物件」とは誰にとっても同じではありません。自ら賃貸経営を行う「現役大家ファイナンシャルプランナー(FP)」が、“あなたにとって良い物件”とは何かを解説します。
実録!投資用マンション勧誘電話 〜敵を欺くにはまず味方から?〜
悪評高い新築ワンルームマンションの勧誘電話。無謀にも「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)に挑戦してきた担当者がいました。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、その実態を報告します。
「個人事業主」と「不動産投資」の相性は? 〜将来の不安解消のために〜
不動産投資はサラリーマンのもの。そんな声がよく聞かれます。それでは本当に「個人事業主」と「不動産投資」は相性が悪いのでしょうか? 自ら賃貸経営を行う「現役大家ファイナンシャルプランナー(FP)」が、個人事業主が行うべき不動産投資を解説します。
レバレッジ効果は諸刃の剣 〜フルローン信者が突き進む破滅への道〜
「レバレッジ効果」は不動産投資の重要な要素。うまく使いこなせれば大きな武器になりますが、逆に過信すると“巨大な敵”となって大家に襲い掛かってくることも。自ら賃貸経営を行う「現役大家ファイナンシャルプランナー(FP)」が、そうならないための対策を解説します。
その空室対策、間違えていませんか? 〜賃貸経営改善のためにできること〜
「空室」は賃貸経営の最大の敵! これは全ての大家にとっての真理といえるでしょう。本当に効果的な「空室対策」とはどのように考えればいいのでしょうか。自ら賃貸経営を行う「現役大家ファイナンシャルプランナー(FP)」が、空室対策のポイントを解説します。
“お宝物件”は本当に存在するのか? 〜不動産投資の前に知っておくべきこと〜
「お宝物件」と聞くと胸躍る方もいるでしょう。しかし、そんな夢のようなお宝物件は本当に存在するのでしょうか? そして、あるとしたらどこにあるのでしょうか? 自ら賃貸経営を行う「現役大家ファイナンシャルプランナー(FP)」が、お宝物件の正体を解説します。
家賃収入の“最大公約数”とは 〜家賃は「相場」で決まらない?〜
賃貸経営の中で一番難しいものの一つである「家賃設定」。高い家賃で貸したいのはもちろんですが、高い家賃が必ずしも正しいとは限らないというのをご存知でしょうか? 「“お金の相談”の専門家」である「現役大家ファイナンシャルプランナー(FP)」が、正しい家賃設定を分かりやすく解説します。
不動産投資の上手な始め方 〜9割の人がスタートで失敗するワケ〜
世間からの注目が高い不動産投資。賃貸経営に興味を覚える人多い一方で、あまり成功したという話は聞きません。それもそのはず、実は不動産投資は9割の人がスタートで失敗すると言われています。「“お金の相談”の専門家」である「現役大家ファイナンシャルプランナー(FP)」が、その理由を解説します。
アパートの売り方ご存知ですか? 〜収益物件を上手に売るためのコツ〜
「不動産を売るなら今!」と、収益物件売却を検討している方も多いはず。しかし、収益物件には収益物件なりの“売り方のコツ”があるのをご存知でしょうか? 「“お金の相談”の専門家」である「現役大家ファイナンシャルプランナー(FP)」が、あなたの物件の売り方を解説します。
「不動産投資」と「賃貸経営」の違いは? 〜二つの言葉にみる大家業の本質〜
「不動産投資」と「賃貸経営」。混同されて使われることの多いこの二つの言葉は、実は似て非なるもの。“お金の相談”の専門家」である「現役大家ファイナンシャルプランナー(FP)」が、この二つの言葉を比較しながら“大家業の本質”に迫ります。
「かぼちゃの馬車」の魔法が解けたワケ 〜“高利回り”に潜む罠とは?〜
「かぼちゃの馬車」のブランド名で急成長したシェアハウスの運営会社が事実上活動停止となり、オーナーが悲鳴を上げています。不動産投資家の夢を乗せて走るはずの「かぼちゃの馬車」の魔法はなぜ解けてしまったのか。自ら賃貸経営を営む「現役大家ファイナンシャルプランナー(FP)」がその理由を解説します。
なぜ芸能人は賃貸経営をするのか? 〜彼らが“現状の先”に見ているもの〜
不動産投資をしている芸能人がメディアに登場することがあります。華やかな世界にいる彼らが、なぜ「賃貸経営」というある意味地味な商売に興味を持ったのでしょうか? 自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、その理由を解説します。
アパート経営をやめたい人が急増中? 〜「正しい大家のやめ方」お教えします〜
「アパート経営をやめたい」。“不動産投資ブーム”と言われる一方で、実はそう考えている人も少なくありません。人も羨む大家業に何が起こったのか? 自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が解説します。

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP プロフィール/ご挨拶 料金体系について 面談場所について ご相談事例 お客様の声