不動産投資/アパート経営のご相談はFPグリュックへ!

“お宝物件”は本当に存在するのか? 〜不動産投資の前に知っておくべきこと〜

「お宝物件」なんてホントにあるの?

不動産投資において「お宝物件」と聞くと、あなたはどんなことを連想するでしょうか?

 

ある意味では、全ての不動産投資家にとって「お宝部件」は憧れの存在と言ってもいいかもしれません。書店に行けば「私はこうしてお宝物件を手にいれた」といった内容の武勇伝が書かれた本が何冊も並んでいます。

 

「お宝物件」と聞くとそれだけで胸踊る人も多いでしょう。魅力的なその言葉にとりつかれてしまう方も少なくありません。実際に不動産業者からは「お宝物件を紹介してください!」とご相談に来るお客様の話を聞くことがあります。

 

一方で、「お宝物件なんてホントにあるの?」という声も多く聞かれます。中にはもっと冷静に「お宝物件なんて、不動産業者のただの宣伝文句だよ」と疑っている方もいらっしゃるでしょう。

 

果たしてお宝物件は存在「する」? それとも「しない」?

 

「現役大家FP」と一緒にその疑問について考えてみましょう。


「お宝物件」が生まれるためには

まず「お宝物件」の意味を改めて確認しておきましょう。

 

お宝物件とは、一言で言えば「利回りの高い物件」です。

 

何%以上利回りがあれば「お宝物件」なのかの明確な線引きはありませんが、例えば市場に出回っている物件の標準的な利回りが6〜7%だとした場合、その倍の12〜14%の利回りがあれば、それは立派な「お宝物件」と呼べることになります。

 

つまり、その物件がお宝かどうかのポイントは「家賃収入にたいして売却価格がいくらで設定されているか」という点に集約されるのです。

 

さらに言えば、家賃収入自体は相場が決まっていて売主がコントロールできる幅は少ないですから、「売却価格をいくらで設定するか」でその物件がお宝物件になるかどうかが決まるということになります。

 

それでは、収益物件の価格はどうやって決められるのか。あなたが売主になったつもりで考えてみてください。

 

自分の所有する収益物件を売りに出そうと思った時、その売却価格については様々な判断基準があると思います。

 

例えば、買った金額より高く売りたいと思う人もいるでしょうし、もっと控えめにアパートローンの残高がなくなればいいと思う人もいるかもしれません。先祖から引き継いだ物件であれば、形にしにくいその不動産に対する想いなどというものもあるでしょう。

 

これらも重要な要素であることは確かですが、収益物件の価格を決める際になんといっても基準となるのが「収益還元法」とよばれる方法です。


「収益還元法」とはなにか?

「収益還元法」とはその名の通り、その物件が“稼ぐことができる金額”から物件自体の価格を導き出そうという考え方です。

 

主に収益物件に用いられますが、自宅用のマンションにも応用されることがあります。新築マンションのギャラリーに行って「賃貸にだせばこのぐらいの家賃がとれますよー」などという営業トークを聞いたことのある方もいらっしゃると思いますが、これなどは収益還元法に基づいた考え方になります。

 

具体的な数字で「収益還元法」を考えてみましょう。

 

例えば、あなたが所有している“年間家賃収入300万円”のアパートを売りに出すときは、どんな金額をつけるでしょうか。

 

周りを見渡してみて、実際に売買が成立している収益物件の利回りが6%程度だとすれば、まずはそこが基準となります。それよりも利回りが低いと競争力が落ちてしまいますが、だからと言って無闇に高い利回りを設定したのでは望むような金額で売却することができません。

 

「家賃収入300万円」で「利回り6%」の物件にするためには、「300万円÷6%」で割り戻して売却価格を決めてあげれば良いことになります。つまり年間家賃収入300万円のこの物件に5000万円の価格をつければ、無事に「利回り6%」の売り物件が出来上がるという訳です。

 

もちろん、実際にはその土地のポテンシャルや建物の構造・築年数でも売却価格を変わってくるでしょう。

 

「うちは土地の評価額が高いからもっと利回りが低くても売れるだろう」とか、逆に「もう建物が古いからもう少し利回りを上げておかないと買い手がつかないだろう」という具合です。また売主の姿勢が「時間がかかってもいいからじっくり構えよう」なのか、「相続税を払わないといけないからとにかく早く売らなくちゃ」なのかでも、当然価格設定は変わってきます。

 

最終的には全ての要素を踏まえて総合的にその物件の売値が決まる訳ですが、収益物件の場合は「利回り」がその出発点となっている点はしっかりと認識する必要があります


「お宝物件」を収益還元法で考えると…

さて、話を「お宝物件」に戻しましょう。

 

上の例に出した年間家賃収入300万円の物件がお宝物件になるには、利回りが12〜14%を確保しなければなりません。同じように計算すると、2150万円程度から高くても2500万円程度でこの物件は売りに出される計算になります。

 

計算上はこうなりますが、ここでよく考えていただきたいのがその“理由”です。

 

競合物件が利回り6%で取引されている状況で、売主のあなたがわざわざこんな安い売値をつける理由が果たしてあるでしょうか?

 

よほど特別な事情がない限り、売主としては「できるだけ高く売りたい」と思うのが当然です。そう考えれば、自分の利益を放棄してまでお宝物件を世に送り出す理由など、売主には一つもないはずです。

 

もうお分かりですね。

 

収益物件の売却価格がどう決められるかの構造が理解できれば、世の中に「お宝物件」なぞ存在しないのは自明の理です。物件の価格にはそれぞれきちんとした理由があり、売主と買主の双方が「適正」と判断する金額で取引が行われる。経済の原則で言えば、これほど当たり前のことはないでしょう。

「お宝物件」とは“結果として”利回りが良くなったもの

「でも、不動産投資本にはお宝物件が登場するじゃないか」とおっしゃる方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかしながら、本に登場するようなお宝物件(と呼ばれているもの)は結局のところ“後付け”でしかありません。

 

結果として「お宝物件」になったと言ってもいいでしょう

 

例えば「空室が多かった物件を募集を工夫して満室にした」とか「建物に付加価値をつけることで賃料を上げることに成功した」など、何かしらの対策を講じた結果、購入時よりも家賃収入が上がるようなケースがあります。

 

この“上がった後の家賃収入”を購入時の価格で割ることで、本に書いてあるようなお宝物件が誕生するのです。“物件購入時の家賃収入”で計算しているわけではない点には注意しなくてはいけません。

 

身も蓋もない言い方かもしれませんが、全ては“結果論”。それがお宝物件の正体です

 

似たような構造のものに「お宝保険」と呼ばれるものがあります。

 

これはまだ金利が高かった時代に契約したことで、ずっと高い利回りが確保できている貯蓄型保険を指す言葉ですが、この「お宝保険」も契約時からお宝だったわけではありません。

 

マイナス金利の現状から見るとお宝と呼ばれるような高利回りも、当時としては極めて「普通」の金利設定に過ぎなかったのです。その時の感覚では「貯金するよりはいいかぁ」という感覚で契約する人も少なくなかったはずです。

 

結果としてその後に金利が下がったのでその保険は「お宝」になりましたが、逆に市場金利が上がっていたのならお宝どころか「クズ保険」と呼ばれていてもおかしくありません。これも“結果論”としてお宝が誕生した一例です。


失敗談は闇に葬り去られる!

考えてみれば当然の話です。

 

実際に「お宝」と呼ばれるような昔の財宝や遺物も、始めからその辺の目に見えるところに転がっている訳ではありません。ある時は地中深く掘り起こしたり、ある時は海に沈んだ船を引き上げたりすることでようやく見つかるものです。

 

そう、お宝を自分の手中に収めるためには必ず何かしらの「発掘作業」が必要となってくるのです。

 

この発掘作業は決してタダではありません。どんな形であれ、金銭的・労力的・時間的コストの負担は覚悟しなければならないでしょう。

 

これらの負担は“不確定要素”という意味のリスクです。発掘作業をしたとしてもそこに必ずお宝が眠っているとは限らず、発掘にかかったコストが無駄になる可能性も充分にある(と言うより、むしろその可能性の方が高い)のですから。

 

それでも不動産投資に限らず我々の世界では様々な局面でこうした発掘作業は行われています。そうした人たちは「リスクを背負わなければ永遠にお宝を手にすることができない」ことを知っているのです。

 

厄介なのは、こうした発掘作業のうち世の中で語られるのは「成功例」のみという点です。

 

成功している事例もあればその裏に失敗事例もある訳ですし、「成功例が声高に語られる」という事実から考えれば、失敗例の方が圧倒的に数が多いのは想像に難くありません(ダイエットと同じですね?笑)。

 

ほんの一握りの成功例は、語られずに闇に葬り去られた無数の失敗例の上に成り立っていると言っても過言ではないでしょう

 

端的な言い方をすれば、不動産投資本に書いてあるようなお宝物件は“結果論”の自慢話に過ぎません。

 

結果論ですから当然再現性も低く、同じところを掘っても(同じやり方をしても)またお宝を手に入れられるかどうかは保証の限りではないのです。

 

そんな他人の自慢話に耳を傾けるよりも「なぜこの物件はこの価格で売られているか」をしっかり考察することの方が重要です。売値と買値の理由が分からないようでは、不動産投資での失敗は目に見えています。

 

ありもしないお宝物件に執着するのは単なる時間の無駄使いです。その時間を建設的なノウハウの蓄積に使った方がよほど不動産投資成功への近道となるでしょう。


(2017/05/24 文責:佐野純一)

関連テーマのページ


〜マネー設計が開く、幸運のトビラ〜

「ファイナンシャルプランナーって何をする人なんだろう?」
「興味はあるけど何を相談したらいいか分からない…」
「どんなことができるのか、まずはちょっと話を聞いてみたい」

 

そんなあなたのために“初回無料相談”を実施中です。

 

 

実際にコンサルティングをご利用いただいた
お客様の声をご紹介しています。

 

 

 

よく読まれている人気記事



関連ページ

あっという間に「資産」が増える? 〜業者の謳い文句に騙されるな〜
不動産投資の煽り文句としてよく使われる「あっという間に資産が増える!」という言葉。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、資産の本当の正体に迫ります。
「利回り」の数字に騙されるな! 〜魅力的な数字の裏に潜む罠〜
運用を行う時に「利回り」は大きな要素ですが、不動産投資における利回りにはいくつかの種類があります。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、不動産投資の利回りを解説します。
サブリースのデメリットとは? 〜業者の都合で大家が損をするワケ〜
「安心」が謳い文句のサブリースも冷静に考えれば大きな落とし穴が。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、サブリースのデメリットを解説します。
新築ワンルームマンションはなぜ失敗するのか 〜不動産投資デメリット総まとめ〜
新築ワンルームマンション投資で失敗する人は後を絶ちません。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、新築ワンルームマンション投資の5つのデメリットを徹底解説します。
「金持ち父さん」は不動産投資本ではない 〜著名本から垣間見える真実とは?〜
「金持ち父さん」は本当に不動産投資を勧めているのでしょうか。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、不動産投資家としてあの著名本の内容を解説します。
不動産投資は「自分年金」になるのか? 〜ハッピーリタイア目指すためには〜
不動産投資は本当にハッピーリタイアのための最適な手段なのでしょうか? 自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、不動産投資やアパート経営のホントのところをお教えします。
「インカムゲイン」と「キャピタルゲイン」 〜目的に合わせた使い分け方法〜
インカムゲインとキャピタルゲイン。不動産投資には2つの利益が存在します。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、その違いと考え方を解説します。
不動産には4つの価格がある 〜あなたが知りたい値段はどれ?〜
価格付けが難しいとされる不動産。一般的に4つの価格があると言われています。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、不動産の値段の決まり方を解説します。
収益物件の価格はどう決まる? 〜契約前に知っておきたい物件価格の求め方〜
不動産投資が失敗する原因の一つが売却損です。収益物件の値段とはどうやって決められるのでしょうか。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、主上物件の価格付けを解説します。
良い収益物件の見分け方とは? 〜出口戦略から逆算する物件選び〜
誰でも良い収益物件に巡り合いたいもの。しかし、良い物件とは誰にとっても同じではありません。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、あなたにとって良い物件とは何かを解説します。
実録!投資用マンション勧誘電話 〜敵を欺くにはまず味方から?〜
悪評高い新築ワンルームマンションの勧誘電話。無謀にもファイナンシャルプランナーに挑戦してきた担当者がいました。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、その実態を報告します。
「個人事業主」と「不動産投資」の相性は? 〜将来の不安解消のために〜
個人事業主と不動産投資は本当に相性が悪いのでしょうか? 自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、個人事業主が行うべき不動産投資を解説します。
レバレッジ効果は諸刃の剣 〜フルローン信者が突き進む破滅への道〜
レバレッジ効果は不動産投資の重要な要素ですが、過信すると大きな失敗につながることもあります。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、そうならないための対策を解説します。
賃貸経営で「セミリタイア」は可能か 〜サラリーマン大家が取るべき2つの方法〜
サラリーマン大家であれば誰でも家賃収入で「セミリタイア」を夢見ることでしょう。果たして本当にそんなことが可能なのか? 自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、現実的な数字を使って解説します。
その空室対策、間違えていませんか? 〜賃貸経営改善のためにできること〜
「空室」は賃貸経営の最大の敵! 本当に効果的な空室対策とはどのように考えればいいのでしょうか。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、空室対策のポイントを解説します。
家賃収入の“最大公約数”とは 〜家賃は「相場」で決まらない?〜
賃貸経営の中で一番難しいものの一つである家賃設定。高い家賃で貸したいのはもちろんですが、高い家賃が必ずしも正しいとは限らないというのをご存知でしょうか? “お金の相談のプロ”である「現役大家FP」が、正しい家賃設定を分かりやすく解説します。
不動産投資の上手な始め方 〜9割の人がスタートで失敗するワケ〜
世間からの注目が高い不動産投資。賃貸経営に興味を覚える人多い一方で、あまり成功したという話は聞きません。それもそのはず、実は不動産投資は9割の人がスタートで失敗すると言われています。“お金の相談のプロ”である「現役大家FP」が、その理由を解説します。
アパートの売り方ご存知ですか? 〜収益物件を上手に売るためのコツ〜
「不動産を売るなら今!」と、収益物件売却を検討している方も多いはず。しかし、収益物件には収益物件なりの“売り方のコツ”があるのをご存知でしょうか? “お金の相談のプロ”である「現役大家FP」が、あなたの物件の売り方を解説します。
「不動産投資」と「賃貸経営」の違いは? 〜二つの言葉にみる大家業の本質〜
「不動産投資」と「賃貸経営」。混同されて使われることの多いこの二つの言葉は、実は似て非なるもの。「お金の相談のプロ」である現役大家FPが、この二つの言葉を比較しながら“大家業の本質”に迫ります。
「かぼちゃの馬車」の魔法が解けたワケ 〜“高利回り”に潜む罠とは?〜
「かぼちゃの馬車」のブランド名で急成長したシェアハウスの運営会社が事実上活動停止となり、オーナーが悲鳴を上げています。不動産投資家の夢を乗せて走るはずの「かぼちゃの馬車」の魔法はなぜ解けてしまったのか。「現役大家FP」がその理由を解説します。

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP プロフィール/ご挨拶 料金体系について 面談場所について ご相談事例 お客様の声