不動産投資/アパート経営のご相談はFPグリュックへ!

なぜ芸能人は賃貸経営をするのか? 〜彼らが“現状の先”に見ているもの〜

芸能人が続々と不動産投資に参入するワケ

不動産投資に興味を持っている方であれば、いろんな芸能人が賃貸経営をしていることをご存知でしょう。

 

投資本を出しているキャイ〜ンの天野ひろゆきや、不動産投資セミナーなどにも登場するTIMのレッド吉田などはよく知られているところですが、古くは笑点の座布団運びで有名な山田隆夫が、「どうして座布団運びだけで生活できるのか?」というある種失礼極まりない質問(笑)に対して、「賃貸経営をしているから」とインタビューの中で答えています。

 

彼らはなぜ芸能界での仕事をしながら、不動産投資を始めたのでしょうか?

 

芸能人は賃貸経営と相性が良いという何か特別な理由でもあるのでしょうか?

 

自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、その理由を考察します。


成功例にみる「芸能人の不動産投資」の特色

冒頭で名前を挙げたように不動産投資を行なっている芸能人は多くいますが、その中でも特徴的なのがお笑い芸人のコウメ太夫です。彼は豊島区の椎名町にアパートを持っていて、メディアでも度々そのことについて語っています。

 

コウメ太夫と言えば、自他共に認める「一発屋」のお笑い芸人。インパクトのある見た目で一世を風靡したものの、最近ではすっかりテレビで見かけなくなりました。

 

面白いのは、売れていた当時から彼が自分自身のことを「一発屋」として認識していたことです。

 

自らの芸風を冷静に分析し、いつまでも売れっ子の状態が続くはずがないと初めから考えていたそうです。そのために稼いだお金をうまく活用しなくては、いずれ食うに困る状況になると思ったことが、彼が不動産投資に興味を持ったきっかけです。

 

インタビューによると彼は2009年に椎名町にある5000万円の物件を購入したとのことですが、ここで注目したいのがその購入方法。

 

アパートローンの“レバレッジ効果”が大いに持ち上げられる不動産投資の世界において、彼は物件価格の6割にあたる3000万円の自己資金を出して椎名町のアパートを購入したと述べています。

 

彼自身が「不動産投資のことはよく知らなかった」と言っていますから、そもそも“レバレッジ効果”のことを知らなかったのかもしれません。しかしながら、結果的にはこの選択は彼にとって正解だったと言えるでしょう。


不動産投資には2つのコースがある!

不動産投資には、大きく2つのコースがあります。

 

一つが、もともと持っている不動産を「お金に生み出す仕組み」に変える“資産運用コース”

 

そのままでは何も生み出さない土地に、アパートを建てて家賃収入を得るようなケースがその代表格です。

 

もう一つが、レバレッジ効果をつかって行う“資産形成コース”

 

「アパートローン」という“他人のお金”を、「家賃収入」という“他人のお金”で返済していくことで、「不動産」という“自分の資産”を手に入れるパターンです。

 

世の中のサラリーマン大家と呼ばれる人たちは、ほとんどが後者で不動産投資をスタートします。コウメ太夫の場合も、彼はもともと土地を持っていたわけではないので、不動産投資の常識で言えば“資産形成コース”で始めるのが普通だったのかもしれません。

 

ところが彼は、始めから3000万円という自己資金を投入することによって、自分の不動産投資を一気に“資産運用コース”まで引き上げました。このことが、彼の賃貸経営を自分が望む形に近づけた原因であることは間違いありません。

 

なぜなら、“資産形成コース”はその名の通り「資産を形成する」のが目的だからです。

 

「一発屋」のお笑い芸人である彼には、すぐ先のこともどうなるかわかりません。のんびりと時間をかけて資産を形成しているだけのスケジュール的余裕はなかったのです。

 

芸能界での仕事が減っても賃貸経営がそれを助けてくれるような仕組みにするためには、始めから“資産運用コース”で賃貸経営をする必要があったと言えます。


もし“資産形成コース”で始めていたら?

もしコウメ大夫が“資産形成コース”で不動産投資を始めていたら、おそらく悲劇的な結果になっていたでしょう。

 

彼自身の読み通り、お笑い芸人としての旬はあっという間に終わってしまいましたから、わずかばかりの家賃収入を生活費として食いつぶすことになり、結局は賃貸経営も行き詰まり、なおかつ生活も立ち行かなくなっていた可能性が高いはずです。

 

このように、そもそも本業の方で生活できるほどのお金が入ってこないのであれば、不動産投資の“資産形成コース”は成り立ちません

 

彼が3000万円という土地に相当する自己資金を投入したことで、もともと土地を持っている人たちと同じフィールドで賃貸経営ができたこと。

 

それがコウメ太夫の成功のポイントだと思います。


浮き沈みが激しい商売は他にもある

芸能界というと非常に特殊な世界のような印象を受けますが、浮き沈みが激しいという意味では他にも該当する業種は多くあります。

 

特に「爆発的な高収入が期待できるが、長く続けることはできない」という共通点を持った仕事は少なからずあるでしょう。

 

例えばプロスポーツ選手には体力的な問題がつきものです。どんなスポーツであれ一生現役でいることはできません。

 

よくテレビ番組などで昔のスター選手が今の生活に苦しんでいる姿が取り上げられますが、そんな人たちも高収入だった現役時代に“資産運用コース”で不動産投資を始めていれば、きっとその後の人生は変わったはずです。

 

また、当たりはずれが大きい作家やマンガ家などの著作業の人も同じことが言えるかもしれません。あるいは、私が昔いた映像業界のスタッフのように特殊な技術職の人も該当するでしょう。

 

今、子ども達に大人気の職業であるYoutuberだって、きっとその仲間と言えるはずです。


「今は大丈夫だけど…」と感じているのなら

私の経験上、そうした職業で現時点で高収入を得ている人ほど実は「このままで大丈夫かな」という不安を抱えていらっしゃることが多いと思います。

 

そんな方にとっては、「不動産投資」は一つの解決策になり得るかもしれません。

 

今現在土地などの不動産を持っていなくても、手元の資金を投入することによっていきなり“資産運用コース”から賃貸経営を始めることができるからです。これは一般的なサラリーマンには到底できない方法であり、うまく行えば人生において大きなアドバンテージとなります。

 

もちろん、すべての人にとって「不動産投資」が答えになるわけではありません。ご年齢や家族構成によっても考え方は変わってきますし、その人の経済的な状況でも選択肢は異なってきます。

 

まずは、自分にとって「不動産投資」が本当の意味での解決策となるのか

 

そして、解決策になるのであれば、どんなアプローチ方法が良いのか

 

もしあなたが同じような心配を抱えているのであれば、これを機にぜひ一度考えてみてください。


(2018/04/11 文責:佐野純一)

関連テーマのページ


〜マネー設計が開く、幸運のトビラ〜

「ファイナンシャルプランナーって何をする人なんだろう?」
「興味はあるけど何を相談したらいいか分からない…」
「どんなことができるのか、まずはちょっと話を聞いてみたい」

 

そんなあなたのために“初回無料相談”を実施中です。

 

 

実際にコンサルティングをご利用いただいた
お客様の声をご紹介しています。

 

 

 

よく読まれている人気記事



関連ページ

あっという間に「資産」が増える? 〜業者の謳い文句に騙されるな〜
不動産投資の煽り文句としてよく使われる「あっという間に資産が増える!」という言葉。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、資産の本当の正体に迫ります。
「利回り」の数字に騙されるな! 〜魅力的な数字の裏に潜む罠〜
運用を行う時に「利回り」は大きな要素ですが、不動産投資における利回りにはいくつかの種類があります。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、不動産投資の利回りを解説します。
サブリースのデメリットとは? 〜業者の都合で大家が損をするワケ〜
「安心」が謳い文句のサブリースも冷静に考えれば大きな落とし穴が。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、サブリースのデメリットを解説します。
新築ワンルームマンションはなぜ失敗するのか 〜不動産投資デメリット総まとめ〜
新築ワンルームマンション投資で失敗する人は後を絶ちません。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、新築ワンルームマンション投資の5つのデメリットを徹底解説します。
「金持ち父さん」は不動産投資本ではない 〜著名本から垣間見える真実とは?〜
「金持ち父さん」は本当に不動産投資を勧めているのでしょうか。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、不動産投資家としてあの著名本の内容を解説します。
不動産投資は「自分年金」になるのか? 〜ハッピーリタイア目指すためには〜
“老後不安”が叫ばれる中、賃貸経営によって「自分年金」を生み出そうとする動きが盛んです。不動産投資は本当にハッピーリタイアのための最適な手段なのでしょうか? 自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、不動産投資やアパート経営のホントのところをお教えします。
「インカムゲイン」と「キャピタルゲイン」 〜目的に合わせた使い分け方法〜
インカムゲインとキャピタルゲイン。不動産投資には2つの利益が存在します。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、その違いと考え方を解説します。
不動産には4つの価格がある 〜あなたが知りたい値段はどれ?〜
価格付けが難しいとされる不動産。一般的に4つの価格があると言われています。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、不動産の値段の決まり方を解説します。
収益物件の価格はどう決まる? 〜契約前に知っておきたい物件価格の求め方〜
不動産投資が失敗する原因の一つが売却損です。収益物件の値段とはどうやって決められるのでしょうか。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、主上物件の価格付けを解説します。
良い収益物件の見分け方とは? 〜出口戦略から逆算する物件選び〜
賃貸経営を目指すものであれば、誰でも良い収益物件に巡り合いたいもの。しかし、「良い物件」とは誰にとっても同じではありません。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、“あなたにとって良い物件”とは何かを解説します。
実録!投資用マンション勧誘電話 〜敵を欺くにはまず味方から?〜
悪評高い新築ワンルームマンションの勧誘電話。無謀にもファイナンシャルプランナーに挑戦してきた担当者がいました。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、その実態を報告します。
「個人事業主」と「不動産投資」の相性は? 〜将来の不安解消のために〜
個人事業主と不動産投資は本当に相性が悪いのでしょうか? 自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、個人事業主が行うべき不動産投資を解説します。
レバレッジ効果は諸刃の剣 〜フルローン信者が突き進む破滅への道〜
レバレッジ効果は不動産投資の重要な要素ですが、過信すると大きな失敗につながることもあります。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、そうならないための対策を解説します。
賃貸経営で「セミリタイア」は可能か 〜サラリーマン大家が取るべき2つの方法〜
サラリーマン大家であれば誰でも家賃収入で「セミリタイア」を夢見ることでしょう。果たして本当にそんなことが可能なのか? 自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、現実的な数字を使って解説します。
その空室対策、間違えていませんか? 〜賃貸経営改善のためにできること〜
「空室」は賃貸経営の最大の敵! 本当に効果的な空室対策とはどのように考えればいいのでしょうか。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、空室対策のポイントを解説します。
“お宝物件”は本当に存在するのか? 〜不動産投資の前に知っておくべきこと〜
「お宝物件」と聞くと胸躍る方もいるでしょう。しかし、そんな夢のようなお宝物件は本当に存在するのでしょうか? そして、あるとしたらどこにあるのでしょうか? 自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、お宝物件の正体を解説します。
家賃収入の“最大公約数”とは 〜家賃は「相場」で決まらない?〜
賃貸経営の中で一番難しいものの一つである家賃設定。高い家賃で貸したいのはもちろんですが、高い家賃が必ずしも正しいとは限らないというのをご存知でしょうか? “お金の相談のプロ”である「現役大家FP」が、正しい家賃設定を分かりやすく解説します。
不動産投資の上手な始め方 〜9割の人がスタートで失敗するワケ〜
世間からの注目が高い不動産投資。賃貸経営に興味を覚える人多い一方で、あまり成功したという話は聞きません。それもそのはず、実は不動産投資は9割の人がスタートで失敗すると言われています。“お金の相談のプロ”である「現役大家FP」が、その理由を解説します。
アパートの売り方ご存知ですか? 〜収益物件を上手に売るためのコツ〜
「不動産を売るなら今!」と、収益物件売却を検討している方も多いはず。しかし、収益物件には収益物件なりの“売り方のコツ”があるのをご存知でしょうか? “お金の相談のプロ”である「現役大家FP」が、あなたの物件の売り方を解説します。
「不動産投資」と「賃貸経営」の違いは? 〜二つの言葉にみる大家業の本質〜
「不動産投資」と「賃貸経営」。混同されて使われることの多いこの二つの言葉は、実は似て非なるもの。「お金の相談のプロ」である現役大家FPが、この二つの言葉を比較しながら“大家業の本質”に迫ります。
「かぼちゃの馬車」の魔法が解けたワケ 〜“高利回り”に潜む罠とは?〜
「かぼちゃの馬車」のブランド名で急成長したシェアハウスの運営会社が事実上活動停止となり、オーナーが悲鳴を上げています。不動産投資家の夢を乗せて走るはずの「かぼちゃの馬車」の魔法はなぜ解けてしまったのか。「現役大家FP」がその理由を解説します。

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP プロフィール/ご挨拶 料金体系について 面談場所について ご相談事例 お客様の声