不動産投資/アパート経営のご相談はFPグリュックへ!

アパート経営をやめたい人が急増中? 〜「正しい大家のやめ方」お教えします〜

大家が「賃貸経営をやめたい」と思う時とは?

「アパート経営をやめたい…。」

 

これから不動産投資を行おうとしている人から見れば、こんなセリフは不思議に思えるかもしれません。あるいは、実際に不動産投資を検討していなくても、家賃収入を得ることができる“大家”に憧れている人は世の中にたくさんいるはずです。

 

しかしながら、その反面「大家をやめたい人」の数も実は少なくありません。現実問題として、そうした「大家業のリタイア」についてのご相談も私のところに多く寄せられています。

 

世間的には人も羨む職業であるはずの「大家業」。なぜその仕事をやめたがる人がいるのでしょうか?

 

自ら賃貸経営を行う大家であり、「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)でもある“現役大家FP”が、その原因と「正しい大家のやめ方」を解説します。


賃貸経営をやめたい人は二つのタイプに分かれる

私の経験上、「賃貸経営をやめたい」という人のタイプは、大きく以下の二つに分かれます。

 

@自分で不動産投資を始めたもののうまくいっていない人
A親から相続等で収益物件を引き継いだ人

 

@の場合は、平たく言えば「不動産投資に失敗した」ということになるでしょう。

 

利回りの低い新築ワンルームマンションを買ってしまったり、賃貸需要のない土地に建設会社に言われるまま立派なアパートを建ててしまったりと、その原因は様々です。

 

これが一時的な不調であれば問題ありませんが、「やめたい」と思うようになるまで追い込まれるということであれば、状況は差し迫っています。証券運用でいうところの「損切り(=マイナスの拡大をどこで食い止めるか)」を判断しなければならない段階まできていると言えます。

 

理想を言えば、不動産投資に限らずどんな運用方法であれ、始めから自分なりの「損切り」の基準は持っておくべきでしょう。「いくら損をしたらやめるか」という判断目安を自分の中で予め決めておくことが大切です。

 

これはなにも損をした時のことだけではなく、反対に儲けた時にも同じことが言えます。長期間に渡り上手に資産運用を行なっている人は、大抵この「損切り」と「利益確定」の確固とした基準を持っています。

 

しかしながら、不動産投資の「損切り」には少しクセがあります。本人が「損切り」をしたくても、状況がそれを許さないことがあるからです。


不動産投資の「損切り」が簡単でないワケ

不動産投資にはアパートローンが付き物です。中には全く借り入れをせずに賃貸経営を行なっている人もいますが、これはごく少数派。ほとんどの人はアパートローンとうまく付き合いながら家賃収入を得ているのが現状です。

 

「損切り」を決意して物件を売りに出したとしても、物件の売却価格がローンの残債を下回ってしまったらどうなるでしょう。当然、その不足分は自分が持っている貯金から捻出しなければなりません

 

それでも手持ち資金から不足分を出せればまだ良い方で、不足分が大きいため(あるいは手持ち資金が少ないため)に差額を用意できないケースも多く見受けられます。

 

こうなると現実的な問題として、物件を売却しての「損切り」は実行不可能となってしまいます。

 

その結果、やむ得ず物件を所有したまま、毎月少しずつマイナスを垂れ流すような例は枚挙に暇ありません。

 

「仕方ない」と諦めている人も多いのですが、ファイナンシャルプランナー(FP)としてはそれが“最善の策”かどうかには大いに疑問が残るところです。毎月の鈍痛がたとえ耐えられるものだとしても、それが長年積み重なることによって一時的な激痛のダメージを超えてしまう可能性があるからです。

 

自分の口座にお金がなくても、一時的に資金を用意する術がまったくないわけではありません。

 

例えば、親族からお金を借りたり、勤務先に融資制度があればそれを利用することもできます。貯蓄型の生命保険に入っていれば、解約して返戻金を受け取ることも可能でしょう。

 

どれも痛みを伴う方法ではありますが、「賃貸経営をやめたい」と思っているということは現状でも既にかなり痛みが増しているということです。

 

鈍痛を我慢して症状をやみくもに悪化させるのであれば、時には思い切った対策を講じることも必要ではないでしょうか。


よく分からず相続したアパート、さてどうする?

さて、「アパート経営をやめたい」という声の中で意外と多いのが、Aの「収益物件を引き継いだ」パターンです。

 

単純に「アパートを引き継いだ」と聞くと他の人からは羨ましがられそうですが、アパートは皆さんがイメージするようなものばかりとは限りません。

 

中には、空室だらけで収益性のまったく見込めないものや、老朽化が進んで修繕費が家賃収入を上回ってしまうアパートも存在します。そうした収益物件を引き継いでもプラスには働きません。これはもう「負の遺産」としか呼びようのないものです。

 

「負の遺産」であるアパートは、ほとんどの場合が毎月のキャッシュフローがマイナスです。

 

まだアパートローンが残っていたり老朽化して修繕費がかかる一方で、空室が多く出て行くお金以上の家賃を稼げない物件も数多く存在します。維持管理にはお金だけでなくそれなりの手間もかかりますから、そんな状態では受け継いだ側が「もうやめたい…」と思うのも無理はないかもしれません。

 

この問題に対する解決策は大まかに2種類です。すなわちアパートを「再生する」か「売却する」かです。


まずは再生可能か検討しよう!

お客様からのご相談を受けるコンサルタントの身としては、まずは「再生できるか」の検討をご提案するようにしています。安易に売却する方向に走ってしまったら、仲介手数料目的の不動産業者となにも変わらなくなってしまうからです。

 

ただし、こうした「負の遺産」の再生にはそれなりの覚悟が必要です。

 

まずは入居率を上げて家賃収入を増やすことを考えますが、そのためには修繕や追加設備など費用がかかります。特にこれまで適切な管理を行ってきていない場合は修繕費が高額になることもあり、費用対効果の面で慎重な対応を心がけるべきでしょう。

 

賃貸経営を「運用」と考えるのであれば、こうした修繕はいわば「追加投資」です。追加投資によって運用としての効率が上がらなければ意味がありません

 

逆に十分な効果が見込まれるのであれば、一時的な支出を過度に恐れることはないと考えられます。追加投資以上に利回りが高くなって収益物件としての資産価値が上がれば良いわけです。その場合は、何も慌てて売却をする必要はありません。

 

そうは言っても、よく事情もわからずアパートを継いだだけで大家としてのノウハウも持ち合わせていない場合、物件の「再生」は高い壁です。よく検討した上で、やはり「売却」という選択肢をとることもあるでしょう。


売るのなら「戦略」がポイント

売却の場合は、「売るための戦略」が非常に重要です。

 

お客様のお話を聞くと、よく「こんなボロボロのアパート高く売れないよ」といった意見を耳にします。

 

確かに手放す物件にはなにかしらの問題がある場合が多いでしょう。逆に考えれば、なにも問題がなければ敢えて手放す必要もないわけですから。

 

このような場合は、売る相手を具体的に絞ることで良い結果が得られるケースがあります。万人向けではなくても、一定のマーケットに響くような商品として物件を捉えるのです。

 

例えば、とにかく利回りの良い物件を購入して、短期間で資金を回収したいと考えている人がいるとします。

 

それであれば売り手側としては、短期的にでも利回りを上げてやればその物件が高く売れる可能性があります。先ほどの再生のための追加投資とは意味合いが違いますので、修繕をするにもあまり費用をかけずに、まずは表面利回りを上げる工夫をするべきでしょう。

 

あるいは節税狙いで収益物件を買おうとしている人がいれば、売却価格のうち建物価格を上げることで全体の値段を下げずにすむかもしれません。総額が同じでも、そのうちの建物価格の割合が高ければ高いほど、経費として計上できる減価償却費が多くなるからです。

 

このように相手のニーズを絞り込んで戦略を練ることで、古い物件でも意外な高値で売れることがあるのです。


自分にとっての「正しいやめ方」を考えよう

「アパート経営をやめたい…」

 

もしあなたがそう思っているのであれば、まずは自分の所有している物件の特性をよく知ることがとても大事です。特に相続で受け継いだアパートなどは、現在の所有者が驚くほど自分の物件のことをご存知ない場合が多いものです。

 

自分の物件をよく知ることができれば、「再生」してアパート経営を継続させるか、それとも「売却」して精算するかの判断もしやすくなります。賃貸経営をやめるだけなら簡単ですが、やめるのであれば「正しいやめ方」というものがあるはずです。

 

自分で始めた人であればその失敗が最小限に食い止められるように、相続した物件であればせっかくの遺産をなるべく有効に活かせる形で、自分なりの賃貸経営の着地点を探してみるのが良いのではないでしょうか。


(2018/05/23 文責:佐野純一)

関連テーマのページ


〜マネー設計が開く、幸運のトビラ〜

「ファイナンシャルプランナーって何をする人なんだろう?」
「興味はあるけど何を相談したらいいか分からない…」
「どんなことができるのか、まずはちょっと話を聞いてみたい」

 

そんなあなたのために“初回無料相談”を実施中です。

 

 

実際にコンサルティングをご利用いただいた
お客様の声をご紹介しています。

 

 

 

よく読まれている人気記事



関連ページ

あっという間に「資産」が増える? 〜業者の謳い文句に騙されるな〜
不動産投資の煽り文句としてよく使われる「あっという間に“資産”が増える!」という言葉。これは“資産”という言葉を使ったある種のトリックです。自ら賃貸経営を行う「現役大家ファイナンシャルプランナー(FP)」が、資産の本当の正体に迫ります。
「利回り」の数字に騙されるな! 〜魅力的な数字の裏に潜む罠〜
運用において「利回り」は大きな要素ですが、不動産投資における利回りにはいくつかの種類があります。その違いと理解していないと「思ったより儲からないな…」という事態になりかねません。自ら賃貸経営を行う「現役大家ファイナンシャルプランナー(FP)」が、不動産投資の利回りを解説します。
サブリースのデメリットとは? 〜業者の都合で大家が損をするワケ〜
「安心」が謳い文句のサブリースに騙されて失敗する人が後を絶ちません。冷静に考えれば、その構造自体に大きな落とし穴があるのがわかるはず。自ら賃貸経営を行う「現役大家ファイナンシャルプランナー(FP)」が、サブリースのデメリットを解説します。
新築ワンルームマンションはなぜ失敗するのか 〜不動産投資デメリット総まとめ〜
新築ワンルームマンション投資で失敗する人は後を絶ちません。不動産投資で失敗する典型的な例とも言えるこの商品。自ら賃貸経営を行う「現役大家ファイナンシャルプランナー(FP)」が、新築ワンルームマンション投資の5つのデメリットを徹底解説します。
「金持ち父さん」は不動産投資本ではない 〜著名本から垣間見える真実とは?〜
「金持ち父さん」を読んで不動産投資を志したという人に出会うことがあります。しかし、あの本は本当に不動産投資を勧めているのでしょうか。自ら賃貸経営を行う「現役大家ファイナンシャルプランナー(FP)」が、不動産投資家としてあの著名本の内容を解説します。
不動産投資は「自分年金」になるのか? 〜ハッピーリタイア目指すためには〜
“老後不安”が叫ばれる中、賃貸経営によって「自分年金」を生み出そうとする動きが盛んです。不動産投資は本当にハッピーリタイアのための最適な手段なのでしょうか? 自ら賃貸経営を行う「現役大家ファイナンシャルプランナー(FP)」が、不動産投資やアパート経営のホントのところをお教えします。
「インカムゲイン」と「キャピタルゲイン」 〜目的に合わせた使い分け方法〜
「インカムゲイン」と「キャピタルゲイン」。不動産投資には2種類の利益が存在します。どちらをより重視するかであなたの不動産投資の方法は変わってきます。自ら賃貸経営を行う「現役大家ファイナンシャルプランナー(FP)」が、その違いと考え方を解説します。
土地には4つの価格がある? 〜「一物四価」が示す不動産価格の決め方〜
一般的に「価格付けが難しい」とされる不動産。特に土地には「4つの価格」があると言われています。その違いとはなにか? 自ら賃貸経営を行う「現役大家ファイナンシャルプランナー(FP)」が、不動産の値段の決まり方を解説します。
収益物件の価格はどう決まる? 〜契約前に知っておきたい物件価格の求め方〜
不動産投資が失敗する大きな原因の一つが「売却損(キャピタルロス)」です。収益物件の値段とはどうやって決められるのでしょうか。それを知れば、不要な「売却損」を防ぐことができます。自ら賃貸経営を行う「現役大家ファイナンシャルプランナー(FP)」が、収益物件の価格付けを解説します。
良い収益物件の見分け方とは? 〜出口戦略から逆算する物件選び〜
賃貸経営を目指すものであれば、誰でも良い収益物件に巡り合いたいもの。しかし、「良い物件」とは誰にとっても同じではありません。自ら賃貸経営を行う「現役大家ファイナンシャルプランナー(FP)」が、“あなたにとって良い物件”とは何かを解説します。
実録!投資用マンション勧誘電話 〜敵を欺くにはまず味方から?〜
悪評高い新築ワンルームマンションの勧誘電話。無謀にも「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)に挑戦してきた担当者がいました。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、その実態を報告します。
「個人事業主」と「不動産投資」の相性は? 〜将来の不安解消のために〜
不動産投資はサラリーマンのもの。そんな声がよく聞かれます。それでは本当に「個人事業主」と「不動産投資」は相性が悪いのでしょうか? 自ら賃貸経営を行う「現役大家ファイナンシャルプランナー(FP)」が、個人事業主が行うべき不動産投資を解説します。
レバレッジ効果は諸刃の剣 〜フルローン信者が突き進む破滅への道〜
「レバレッジ効果」は不動産投資の重要な要素。うまく使いこなせれば大きな武器になりますが、逆に過信すると“巨大な敵”となって大家に襲い掛かってくることも。自ら賃貸経営を行う「現役大家ファイナンシャルプランナー(FP)」が、そうならないための対策を解説します。
賃貸経営で「セミリタイア」は可能か 〜サラリーマン大家が取るべき2つの方法〜
サラリーマン大家であれば誰でも家賃収入で「セミリタイア」を夢見ることでしょう。そういった成功談はよく耳にするけれど、果たして本当にそんなことが可能なのでしょうか? 自ら賃貸経営を行う「現役大家ファイナンシャルプランナー(FP)」が、現実的な数字を使って解説します。
その空室対策、間違えていませんか? 〜賃貸経営改善のためにできること〜
「空室」は賃貸経営の最大の敵! これは全ての大家にとっての真理といえるでしょう。本当に効果的な「空室対策」とはどのように考えればいいのでしょうか。自ら賃貸経営を行う「現役大家ファイナンシャルプランナー(FP)」が、空室対策のポイントを解説します。
“お宝物件”は本当に存在するのか? 〜不動産投資の前に知っておくべきこと〜
「お宝物件」と聞くと胸躍る方もいるでしょう。しかし、そんな夢のようなお宝物件は本当に存在するのでしょうか? そして、あるとしたらどこにあるのでしょうか? 自ら賃貸経営を行う「現役大家ファイナンシャルプランナー(FP)」が、お宝物件の正体を解説します。
家賃収入の“最大公約数”とは 〜家賃は「相場」で決まらない?〜
賃貸経営の中で一番難しいものの一つである「家賃設定」。高い家賃で貸したいのはもちろんですが、高い家賃が必ずしも正しいとは限らないというのをご存知でしょうか? 「“お金の相談”の専門家」である「現役大家ファイナンシャルプランナー(FP)」が、正しい家賃設定を分かりやすく解説します。
不動産投資の上手な始め方 〜9割の人がスタートで失敗するワケ〜
世間からの注目が高い不動産投資。賃貸経営に興味を覚える人多い一方で、あまり成功したという話は聞きません。それもそのはず、実は不動産投資は9割の人がスタートで失敗すると言われています。「“お金の相談”の専門家」である「現役大家ファイナンシャルプランナー(FP)」が、その理由を解説します。
アパートの売り方ご存知ですか? 〜収益物件を上手に売るためのコツ〜
「不動産を売るなら今!」と、収益物件売却を検討している方も多いはず。しかし、収益物件には収益物件なりの“売り方のコツ”があるのをご存知でしょうか? 「“お金の相談”の専門家」である「現役大家ファイナンシャルプランナー(FP)」が、あなたの物件の売り方を解説します。
「不動産投資」と「賃貸経営」の違いは? 〜二つの言葉にみる大家業の本質〜
「不動産投資」と「賃貸経営」。混同されて使われることの多いこの二つの言葉は、実は似て非なるもの。“お金の相談”の専門家」である「現役大家ファイナンシャルプランナー(FP)」が、この二つの言葉を比較しながら“大家業の本質”に迫ります。
「かぼちゃの馬車」の魔法が解けたワケ 〜“高利回り”に潜む罠とは?〜
「かぼちゃの馬車」のブランド名で急成長したシェアハウスの運営会社が事実上活動停止となり、オーナーが悲鳴を上げています。不動産投資家の夢を乗せて走るはずの「かぼちゃの馬車」の魔法はなぜ解けてしまったのか。自ら賃貸経営を営む「現役大家ファイナンシャルプランナー(FP)」がその理由を解説します。
なぜ芸能人は賃貸経営をするのか? 〜彼らが“現状の先”に見ているもの〜
不動産投資をしている芸能人がメディアに登場することがあります。華やかな世界にいる彼らが、なぜ「賃貸経営」というある意味地味な商売に興味を持ったのでしょうか? 自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、その理由を解説します。
アパートローンの基本を知ろう 〜不動産投資を“絵に描いた餅”にしないために〜
不動産投資につきものの「アパートローン」。その仕組みを知ることは賃貸経営成功への近道です。多くの人が気にするのが「金利」ですが、実はもっと大事なことがあります。自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、「アパートローンの基本」を解説します。

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP プロフィール/ご挨拶 料金体系について 面談場所について ご相談事例 お客様の声