不動産投資/アパート経営のご相談はFPグリュックへ!

アパートローンの基本を知ろう 〜不動産投資を“絵に描いた餅”にしないために〜

「アパートローン」は不動産投資成否のポイント!

不動産投資にとって「アパートローン」はなくてはならない存在です。

 

投資としての賃貸経営の効率を上げるために有効な「レバレッジ効果」も、アパートローンをうまく活用できてこそ得られるもの。その意味では、「アパートローンを味方にできるかどうか」が不動産投資の成否を分けるポイントとも言えます。

 

ところが、実際に不動産投資を検討している人の中でも、アパートローンのことをよくご存知ない方が意外と多いものです。

 

中には長い期間をかけてせっかく良い物件に巡り会えたのに、アパートローンが借りられなくて賃貸経営が“絵に描いた餅”に終わってしまった例もあります。

 

そこで今回は、自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、不動産投資を始める前に知っておくべき「アパートローンの基本」を解説します。


ローンは“三つの要素”で決まる

まずはローンの構造から理解しましょう。

 

アパートローンに限らず、すべてのローンは以下の“三つの要素”で成り立っています。

 

・借入金額
・借入金利
・借入期間

 

言い方を変えれば、「どのくらいの金額」「どのくらいの金利」「どのくらいの期間」借りるかがわかれば、ローンの形は自ずと決まってくるということになります。

 

実際にアパートローンを借りる時には、それぞれの要素をどう考えれば良いのか。一つずつ見ていくことにしましょう。


まずは「いくら借りるか」

まず最初は「借入金額」です。

 

アパートローンにおいて「借入金額」は、購入する物件の価格、そして物件価格のうちどのくらいの自己資金を出すかによって変わってきます。

 

自分の家を買う時の住宅ローンであれば、「いくら借りられるか」を決めるのは主に自分の収入です。毎月のローン返済額が自分の収入の一定割合内に収まれば、希望の金額を借りることができます。

 

アパートローンの場合も本人の収入や勤務先(一般的に「属性」と呼ばれます)は審査対象になりますが、それと同じように重要視されるのが購入しようとしている物件の“質”です。

 

特に物件の規模が大きいケースでは、その物件が「今後長期的に安定した家賃収入が得られるかどうか」が融資審査の上で大切なポイントとなります。借入額が大きくなると、いくら収入の高いサラリーマンであっても、賃貸経営がうまくいかなかった時に自分の給与からローンの不足分をカバーするのが難しくなるからです。

 

また、自宅などの他の資産を金融機関に対し共同担保として提供することで、借入金額の枠を広げることも可能です。ただし、「担保に提供する」ということは「その資産の流動性を大きく損なうこと」になりますので、慎重な対応が必要となります。


次は「金利はどのくらいか」

次が「借入金利」です。

 

「金利が何%か」は不動産投資家の間でも関心の高い事柄で、情報サイトでも「どこどこの金融機関の金利が安い」などという書き込みを見かけることがあります。

 

確かに、借りる人や対処物件が同じでも銀行によって金利の考え方は変わってきます。変動金利が得意なところや、逆にある程度の期間での固定金利で強みを発揮する銀行もあります。

 

ただし、この金利も借りる人の“属性”と担保となる物件の“質”で変わってくるのは「借入額」と同じです。そこには「金利=保証料」という金融機関の基本的なスタンスが垣間見えます。

 

例えば、5,000万円の現金を持つ人がアパートを購入するために5,000万円を借りるようなケースでは、どこの金融機関でも金利は低く設定されます。万が一賃貸経営がうまくいかなくても、アパートローンを取りっぱぐれる可能性が低いからです。さらに言えば、銀行にとって危険性が低い融資では金融機関同士の競合が発生しやすく、そのことがより借入金利を低下させることもあります。

 

反対に、金融機関が「この融資は危ないな…」と考えている時は、アパートローンの金利は高くなります。貸付を行う銀行も限られてきますので、金利引き下げ交渉も難航することが予想されます。

 

「保証料」という意味では、生命保険の保険料とも相通じるところがあるかもしれません。死亡保障などの保険料が、被保険者の年齢とともに高くなっていくのは皆さんもご存知の通りです。

 

いずれにしろ、借入金利が賃貸経営の収支計画に及ぼす影響は少なくありません。既に触れたように、金融機関によって金利に対するスタンスは異なりますので、いくつかの銀行を比較検討する必要があるでしょう。


最後に「いつまで借りるか」

最後は「借入期間」です。

 

前述の「借入金額」や「借入金利」に比べると皆さんの関心が薄い「借入期間」ですが、実は不動産投資の収支計画に一番大きく影響を与えるのがこの「借入期間」です

 

当たり前の話ですが、アパートローンを組む時には借入期間を長くすればするほど毎月の返済額は少なくなります。

 

例えば、5,000万円を金利2%で借りた場合、返済期間が20年では毎月25万円程度の返済になりますが、返済期間が30年になれば返済額も18万円程度まで減らすことができます。

 

5,000万円の物件の表面利回りが6%だとすれば毎月の家賃収入は25万円ですから、賃貸経営を行う上でどちらのローンがより安全かは誰の目にも明らかです。

 

賃貸経営とは、「家賃収入」という安定的な収益を長期間に渡って稼ぎ出すことができる点に、その最大の強みがあります。ローン返済を長期間に渡って少しずつ行うということは、そのストロングポイントを有効に生かす効果的な方法と言えるでしょう。

 

自宅の住宅ローンの場合は、ほとんどの人が「なるべく早く返したい」と考えているものです。

 

その気持ちはよくわかりますし、決して間違った考え方ではありませんが、不動産投資における「アパートローン」も同じように捉えてしまうのは少々危険です。借入期間を短く設定することで不動産投資特有の「レバレッジ効果」が薄れてしまう可能性があるからです。


アパートローンの「借入期間」はこうやって計算する

それでは、アパートローンの借入期間はどのように決定されるのでしょうか。

 

住宅ローンが借りる人の年齢で期間が決まるのはよく知られているところですが、アパートローンの場合は借りる人ではなく、対象となる“建物の年齢”で決まってきます。“建物の年齢”とはつまり、その建物の「耐用年数」のことです。

 

「耐用年数」とは税法上の考え方で、簡単に言えば「その建物は何年間使用できるのか」を決めた数字のことです。減価償却費を計算する元となる数字ですが、アパートローンでもこのルールが適用されます。

 

耐用年数は建物の構造によって異なり、アパートでは以下の三種類に大別されます。

 

木造…22年
鉄骨造…27年
RC(鉄筋コンクリート)造…47年

 

基本的には、それぞれの構造に準じた耐用年数がアパートローンの上限となります。

 

もちろん、新築であれば木造でも30年のアパートローンを組めることもありますし、RC造でも現実的に35年程度までののローンが一般的です。

 

ただ、「アパートローンの長さはその建物の耐用年数によって決められる」ということは覚えておくべきでしょう。

 

特にこのことが問題になってくるのは、中古物件を購入する時です。

 

新築物件であれば上記の耐用年数が基準となりますが、中古の場合は既に建てられてから年月が経過していますので、原則的に「耐用年数?築年数」が借入期間のスタート地点となります。これは、例えば築10年の木造アパートであれば、「22年?10年」で12年がローンの上限ということを意味しています。

 

どんなに利回りの良い物件であっても、12年間でアパートローンを返していくのは簡単なことではありません。こうしたケースでは、借入金額を減らす(=自己資金を増やす)等の対策が必要となってくるでしょう。

 

ただし、「借入期間」も借りる人の“属性”と担保となる物件の“質”で伸ばすことは可能です。こうした金融機関との「借入期間をいかに伸ばすか」という交渉は、今後の収支計画を占う上で非常に重要な点となってきます。


アパートローン次第で「探すべき物件」も変わってくる

「アパートローンを借りることができるのか」と不安に感じている不動産投資家は多くいますが、「どんな条件で借りられるか」まで踏み込んで考えている人はあまり多くありません。

 

しかしながら、アパートローンの組み方は賃貸経営の命運を握る大事なポイントです。

 

当然「どんな物件を探せば良いのか」、言い方を変えれば「あなたにとって最良の物件はどんなものか」にも関わってくる問題ですので、具体的な物件探しと並行してアパートローンの知識を蓄えていくことが肝心です。

 

その点を怠ってしまうと、せっかく苦労して検討してきた不動産投資がただの“絵に描いた餅”となってしまいます。そうならないためにもアパートローンの基本的な考え方はしっかりと理解しておくようにしましょう。


(2018/07/11 文責:佐野純一)

関連テーマのページ


〜マネー設計が開く、幸運のトビラ〜

「ファイナンシャルプランナーって何をする人なんだろう?」
「興味はあるけど何を相談したらいいか分からない…」
「どんなことができるのか、まずはちょっと話を聞いてみたい」

 

そんなあなたのために“初回無料相談”を実施中です。

 

 

実際にコンサルティングをご利用いただいたお客様の声をご紹介しています。

 

よく読まれている人気記事



関連ページ

あっという間に「資産」が増える? 〜業者の謳い文句に騙されるな〜
不動産投資の煽り文句としてよく使われる「あっという間に“資産”が増える!」という言葉。これは“資産”という言葉を使ったある種のトリックです。自ら賃貸経営を行う「現役大家ファイナンシャルプランナー(FP)」が、資産の本当の正体に迫ります。
「利回り」の数字に騙されるな! 〜魅力的な数字の裏に潜む罠〜
運用において「利回り」は大きな要素ですが、不動産投資における利回りにはいくつかの種類があります。その違いと理解していないと「思ったより儲からないな…」という事態になりかねません。自ら賃貸経営を行う「現役大家ファイナンシャルプランナー(FP)」が、不動産投資の利回りを解説します。
サブリースのデメリットとは? 〜業者の都合で大家が損をするワケ〜
「安心」が謳い文句のサブリースに騙されて失敗する人が後を絶ちません。冷静に考えれば、その構造自体に大きな落とし穴があるのがわかるはず。自ら賃貸経営を行う「現役大家ファイナンシャルプランナー(FP)」が、サブリースのデメリットを解説します。
新築ワンルームマンションはなぜ失敗するのか 〜不動産投資デメリット総まとめ〜
新築ワンルームマンション投資で失敗する人は後を絶ちません。不動産投資で失敗する典型的な例とも言えるこの商品。自ら賃貸経営を行う「現役大家ファイナンシャルプランナー(FP)」が、新築ワンルームマンション投資の5つのデメリットを徹底解説します。
「金持ち父さん」は不動産投資本ではない 〜著名本から垣間見える真実とは?〜
「金持ち父さん」を読んで不動産投資を志したという人に出会うことがあります。しかし、あの本は本当に不動産投資を勧めているのでしょうか。自ら賃貸経営を行う「現役大家ファイナンシャルプランナー(FP)」が、不動産投資家としてあの著名本の内容を解説します。
不動産投資は「自分年金」になるのか? 〜ハッピーリタイア目指すためには〜
“老後不安”が叫ばれる中、賃貸経営によって「自分年金」を生み出そうとする動きが盛んです。不動産投資は本当にハッピーリタイアのための最適な手段なのでしょうか? 自ら賃貸経営を行う「現役大家ファイナンシャルプランナー(FP)」が、不動産投資やアパート経営のホントのところをお教えします。
「インカムゲイン」と「キャピタルゲイン」 〜目的に合わせた使い分け方法〜
「インカムゲイン」と「キャピタルゲイン」。不動産投資には2種類の利益が存在します。どちらをより重視するかであなたの不動産投資の方法は変わってきます。自ら賃貸経営を行う「現役大家ファイナンシャルプランナー(FP)」が、その違いと考え方を解説します。
土地には4つの価格がある? 〜「一物四価」が示す不動産価格の決め方〜
一般的に「価格付けが難しい」とされる不動産。特に土地には「4つの価格」があると言われています。その違いとはなにか? 自ら賃貸経営を行う「現役大家ファイナンシャルプランナー(FP)」が、不動産の値段の決まり方を解説します。
収益物件の価格はどう決まる? 〜契約前に知っておきたい物件価格の求め方〜
不動産投資が失敗する大きな原因の一つが「売却損(キャピタルロス)」です。収益物件の値段とはどうやって決められるのでしょうか。それを知れば、不要な「売却損」を防ぐことができます。自ら賃貸経営を行う「現役大家ファイナンシャルプランナー(FP)」が、収益物件の価格付けを解説します。
良い収益物件の見分け方とは? 〜出口戦略から逆算する物件選び〜
賃貸経営を目指すものであれば、誰でも良い収益物件に巡り合いたいもの。しかし、「良い物件」とは誰にとっても同じではありません。自ら賃貸経営を行う「現役大家ファイナンシャルプランナー(FP)」が、“あなたにとって良い物件”とは何かを解説します。
実録!投資用マンション勧誘電話 〜敵を欺くにはまず味方から?〜
悪評高い新築ワンルームマンションの勧誘電話。無謀にも「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)に挑戦してきた担当者がいました。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、その実態を報告します。
「個人事業主」と「不動産投資」の相性は? 〜将来の不安を解消するために〜
不動産投資はサラリーマンのもの。そんな声がよく聞かれます。それでは本当に「個人事業主」と「不動産投資」は相性が悪いのでしょうか? 自ら賃貸経営を行う「現役大家ファイナンシャルプランナー(FP)」が、個人事業主が行うべき不動産投資を解説します。
レバレッジ効果は諸刃の剣 〜フルローン信者が突き進む破滅への道〜
「レバレッジ効果」は不動産投資の重要な要素。うまく使いこなせれば大きな武器になりますが、逆に過信すると“巨大な敵”となって大家に襲い掛かってくることも。自ら賃貸経営を行う「現役大家ファイナンシャルプランナー(FP)」が、そうならないための対策を解説します。
賃貸経営で「セミリタイア」は可能か 〜サラリーマン大家が取るべき2つの方法〜
サラリーマン大家であれば誰でも家賃収入で「セミリタイア」を夢見ることでしょう。そういった成功談はよく耳にするけれど、果たして本当にそんなことが可能なのでしょうか? 自ら賃貸経営を行う「現役大家ファイナンシャルプランナー(FP)」が、現実的な数字を使って解説します。
その空室対策、間違えていませんか? 〜賃貸経営改善のためにできること〜
「空室」は賃貸経営の最大の敵! これは全ての大家にとっての真理といえるでしょう。本当に効果的な「空室対策」とはどのように考えればいいのでしょうか。自ら賃貸経営を行う「現役大家ファイナンシャルプランナー(FP)」が、空室対策のポイントを解説します。
“お宝物件”は本当に存在するのか? 〜不動産投資の前に知っておくべきこと〜
「お宝物件」と聞くと胸躍る方もいるでしょう。しかし、そんな夢のようなお宝物件は本当に存在するのでしょうか? そして、あるとしたらどこにあるのでしょうか? 自ら賃貸経営を行う「現役大家ファイナンシャルプランナー(FP)」が、お宝物件の正体を解説します。
空室率50%の物件が満室になった話 〜家賃収入の“最大公約数”とは〜
大家業を行う上で一番難しいものの一つである「家賃設定」。高い家賃で貸したいのはもちろんですが、高い家賃が必ずしも正しいとは限らないというのをご存知でしょうか? 自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)」が、空室問題を解決するための“正しい家賃設定”を解説します。
不動産投資の上手な始め方 〜9割の人がスタートで失敗するワケ〜
世間からの注目が高い不動産投資。賃貸経営に興味を覚える人多い一方で、あまり成功したという話は聞きません。それもそのはず、実は不動産投資は9割の人がスタートで失敗すると言われています。「“お金の相談”の専門家」である「現役大家ファイナンシャルプランナー(FP)」が、その理由を解説します。
アパートの売り方ご存知ですか? 〜収益物件を上手に売るためのコツ〜
「不動産を売るなら今!」と、収益物件売却を検討している方も多いはず。しかし、収益物件には収益物件なりの“売り方のコツ”があるのをご存知でしょうか? 「“お金の相談”の専門家」である「現役大家ファイナンシャルプランナー(FP)」が、あなたの物件の売り方を解説します。
「不動産投資」と「賃貸経営」の違いは? 〜二つの言葉にみる大家業の本質〜
「不動産投資」と「賃貸経営」。混同されて使われることの多いこの二つの言葉は、実は似て非なるもの。“お金の相談”の専門家」である「現役大家ファイナンシャルプランナー(FP)」が、この二つの言葉を比較しながら“大家業の本質”に迫ります。
「かぼちゃの馬車」の魔法が解けたワケ 〜“高利回り”に潜む罠とは?〜
「かぼちゃの馬車」のブランド名で急成長したシェアハウスの運営会社が事実上活動停止となり、オーナーが悲鳴を上げています。不動産投資家の夢を乗せて走るはずの「かぼちゃの馬車」の魔法はなぜ解けてしまったのか。自ら賃貸経営を営む「現役大家ファイナンシャルプランナー(FP)」がその理由を解説します。
なぜ芸能人は賃貸経営をするのか? 〜彼らが“現状の先”に見ているもの〜
不動産投資をしている芸能人がメディアに登場することがあります。華やかな世界にいる彼らが、なぜ「賃貸経営」というある意味地味な商売に興味を持ったのでしょうか? 自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、その理由を解説します。
アパート経営をやめたい人が急増中? 〜「正しい大家のやめ方」お教えします〜
「アパート経営をやめたい」。“不動産投資ブーム”と言われる一方で、実はそう考えている人も少なくありません。人も羨む大家業に何が起こったのか? 自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が解説します。
その土地の価値を決めるのは「道」 〜格安アパートにはワケがある〜
収益物件を探していると稀に不自然に安いアパートに出くわすことがあります。もちろんこうしたアパートは「お宝物件」ではなく、むしろ「ワケあり物件」と考えるべきです。収益物件に安い売値をつけるそのワケとは何か? 自ら賃貸経営を行う 「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が解説します。
「入居率99%」の広告はホントなのか? 〜不動産業者の“呆れた言い分”とは〜
「入居率99%!」 あなたもこうした不動産業者の広告を目にしたことがあるはずです。言うまでもなく、この広告は大きなウソ。そんな物件が簡単に手に入るのであれば誰も不動産投資に失敗したりしません(苦笑)。 自ら賃貸経営を行う 「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、この広告のカラクリを解説します。
異なる間取りが混在するアパートの注意点 〜賃貸経営で最も多いトラブルとは?〜
アパートを建設するときに異なる間取りが混在するプランになることがあります。容積率を消化するための、いわば“苦肉の策”ですが、これが思わぬトラブルを巻き起こすことも。 自ら賃貸経営を行う 「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、賃貸経営にまつわるトラブルを解説します。

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP プロフィール/ご挨拶 料金体系について 面談場所について ご相談事例 お客様の声