不動産投資/アパート経営のご相談はFPグリュックへ!

「単利」と「複利」 どちらがお得? 〜違いが解れば答が見えてくる〜

「利回り」には二種類ある

資産運用を考える時、どうしても気になるのが「利回り」です。

 

「いくら儲かるのか」「どのくらいお金が増えるのか」、投資を始める前にその目標を決めておくことはとても重要なことで、その目標達成のためには「利回り」が重要なポイントの一つとなります。

 

ただ、この「利回り」にも2つの種類あるのをご存知でしょうか。

 

その2種類とは「単利」と「複利」。この両者の違いを知っておかないと「利回り」に関してとんだ思い違いをすることがあります

 

今回は、「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、「単利」と「複利」それぞれの意味とその活用の仕方を解説します。


「単利」とはなにか?

まず「単利」とはなんでしょうか。

 

簡単に言えば、単利とは「利息分を運用に回さない」やり方のことです。

 

例えば、年利5%で100万円を運用したとします。利息が5%ですから、一年後にこの100万円は105万円になっている計算となります。

 

このお金は継続して運用するつもりですので、とりあえず利息分5万円を引出し、また100万円を運用に回します。すると一年後にはまた105万円になっていますので、同じように利息の5万円を引出して100万円をまた運用に回します。

 

この繰り返しが「単利運用」です。利息分を再投資しないで、常に元手の金額を運用する方法と考えれば良いでしょう。

 

「複利」とはなにか?

一方の「複利」とは、「利息分を引き出さずに元のお金と合わせて運用する」ことです。

 

先ほどと同じく、年利5%で100万円を運用したとします。一年後の105万円になりますが、この利息を引き出さずにそのまま運用します。

 

次の年は105万円が元手となっていて、その金額に年利の5%がかかりますので、一年後には1,102,500円。その金額をそのまま次の年にまわせば、今度は1,157,625円となります。

 

これが「複利運用」です。単利運用と違い、利息分を合算して“新しい元手”で運用する方法と考えてください。

 

期間が長いほど両者の差は開いてくる

上記の例で考えると、「単利運用」は元手の100万円が3年後には115万円になる計算となります。それに対し、「複利運用」では3年後に115万円と7,625円。

 

「同じ元手」で「同じ利回り」なのに、複利運用の方が7,625円多くなるという結果になりました。利息分も運用に回すことによって利息の5%がかかる元手が増えたため、運用効率が良くなったのです。

 

「なんだ、たったの7,625円か」と思うなかれ。

 

両者の違いを短い期間で比べてはいけません。「複利運用」は長い年月が経つほど、その真価を発揮するからです。先ほどと同じ例で、今度は30年後を見てみましょう。

 

「単利運用」の場合は元手100万円と30年分の利息5万円×30=150万円の合計ですから、250万円。

 

それに対し、「複利運用」は100万円の元手がなんと432万円にまで成長しています。はじめはほんのわずかな差であっても、長い時間をかけてその差自体が成長し、単利運用との差をどんどん広げていくのです。

 

よく「複利運用」は“雪だるま方式”と呼ばれたりします。。初めは小さい雪の玉も転がしていくうちに大きな雪玉になっていく様子を思い浮かべれば、「複利運用」のイメージがつかみやすいかもしれません。

 

意外と多い単利の金融商品

こうして考えると、「ただ元手が増えること」だけを目的にするのであれば、投資は「複利運用」で行ったほうが良いことがわかります。

 

ところが、世の中で販売されている金融商品に目を向けると、意外と「単利運用型の商品」に人気が集まることも少なくありません。

 

「単利運用型の商品」とは、具体的には「定期的に一定の分配金がでる投資信託」だったり、「定期的に一定額引き出せる貯蓄型保険」のことを指します。これらの商品は、お小遣い感覚で現金を受け取れるせいか、日本では根強い人気を誇っています。

 

確かに定期的に現金が受け取れるということは嬉しいかもしれません。しかしながら、その嬉しさと引き換えに運用に回す元手が少なくなっているのも事実。運用効率を下げてまで一時金を手にする意味があるかどうかはきちんと考えたいところです。

 

その運用の目的をよく考えて、定期的に利息分を引き出す必要性がないのであれば、「複利運用」していくことも重要と言えるでしょう。


不動産投資は「単利」?「複利」?

さて、それでは不動産投資は「単利」と「複利」のどちらでしょうか?

 

もうおわかりですね、不動産投資は「単利運用」です。

 

「家賃」という名の利息を毎月引出してしまっている以上、不動産投資では「複利運用」の効果は望めません

 

極端な話、同じ利率で複利運用できる金融商品があれば、利回りではその商品に敵わないと言って良いでしょう(もちろん、レバレッジ効果等の他の要素考えなければ…の話ですが)。

 

ただし、不動産投資を「複利に近い形で運用することは、実は難しい話ではありません

 

そのためには一体どうすれば良いのでしょうか? ここでもう一度考えていただきたいのです。

 

「その家賃(=利息)、本当に引き出す必要がありますか?」

 

受け取った家賃からローンや諸経費を払った後に手元に残るお金を、なんとなく使ってしまったり、目的もなくただ貯めているだけでは、不動産投資は「単利運用」のままです。手元に残ったお金を何かしらの形で再投資して、「複利効果」を生み出すことはできないでしょうか。

 

例えば、手元に残ったお金をこまめにアパートローンの繰上返済にあててみたらどうでしょう。あるいは、次の収益物件を購入するための資金にしても良いかもしれません

 

手元に残ったお金は不動産投資の「利息」のようなもの、そうやって利息を「再投資」することによって、不動産投資でも「複利運用」に近い効果が生みだすことができます

 

地道にこうした作業を続けていれば、アパートローンが終わる頃には「手元のお金を使い続けてきた人」、つまり「不動産投資を単利運用してきた人」とは天地ほどの開きが生まれているはずです。


自分で運用スタイルを決めよう!

少し見方を変えてみれば、不動産投資は「“単利”か“複利”かを自分で決めることができる金融商品」と言うこともできるはずです。

 

既に十分な資産を持ち、「資産運用コース」で不動産投資やアパート経営をするのであれば、単利運用でも目的を達成することはできるでしょう。

 

逆に、これから資産を増やしていきたい「資産形成コース」ならば、単利運用では自分が思い描くゴールへの道のりが遠ざかってしまうかも知れません。この場合は「複利効果」によって運用効率を上げていくべきです。

 

不動産投資なら、後で「複利」から「単利」に変更したり、逆に「単利」から「複利」に戻したりするのも自由自在です。あるいは、自分なりの「単利」と「複利」のバランスで全体を運用していくことも可能です。

 

自分が“なんのために”不動産投資するのか?

 

自分にとっての“不動産投資のゴール”はどこなのか?

 

資産運用をするのであれば目的意識をしっかりと持ち、自分にあった「あなたの運用スタイル」を決めることが大切です。


(2015/12/09 文責:佐野純一)

関連テーマのページ


〜マネー設計が開く、幸運のトビラ〜

「ファイナンシャルプランナーって何をする人なんだろう?」
「興味はあるけど何を相談したらいいか分からない…」
「どんなことができるのか、まずはちょっと話を聞いてみたい」

 

そんなあなたのために“初回無料相談”を実施中です。

 

 

実際にコンサルティングをご利用いただいたお客様の声をご紹介しています。

 

よく読まれている人気記事



関連ページ

「リスク」の本当の意味を知ろう 〜失敗しない運用の基礎知識〜
運用の世界において「リスク」とは“危険”という意味ではありません。その点を理解することが「失敗しない資産運用」の第一歩です。「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、運用の基礎となる「リスクの考え方」を解説します。
「アセットアロケーション」こそ運用の肝 〜商品検討の前に考えるべきこと〜
資産運用の成否を握る「アセットアロケーション」。専門家と名乗る人々は、実はアセットアロケーションを苦手としています。「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、モノを売らないコンサルタントの視点から運用の肝を解説します。
「トレードオフ」ってどんな意味? 〜リスクとリターンから運用商品を考える〜
意外と誤解を招きやすい「トレードオフ」という言葉。リスクとリターンの関係から、「トレードオフ」という言葉を通して様々な運用商品を整理してみましょう。自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が分かりやすく解説します。
「株式」「債券」「投資信託」の違いとは? 〜証券運用のための基礎知識〜
「株式」「債券」「投資信託」の違いをご存知でしょうか。安定した資産運用のためにはリスク分散が不可欠。それぞれの特性を知ることは効率的な分散につながります。「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が解説します。
普通預金の安全神話が崩壊? 〜現預金信仰に待受ける悲劇とは〜
運用に抵抗感がある人ほど、実は「貯金の本当の怖さ」を知りません。一般的に「安全資産」と呼ばれる貯金は本当に安全なのでしょうか? 自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が目から鱗の現預金信仰の実体を解説します。
話題の「REIT(リート)」ってなんだ? 〜不動産投資と似て非なるもの〜
最近良く耳にする「REIT(リート)」とはどんなものでしょうか。不動産投資と混同されやすい「REIT(リート)」という商品。自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、その特徴や弱点を解説します。
真の「リスク分散」を考える 〜四重の分散でリスクを回避しよう〜
「リスク分散」は資産運用の基本。しかし、本当の意味での「リスク分散」は意外と難しく、その意味を理解している人も多くありません。自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、モノを売らないコンサルタントの立場から見た「リスク分散」を解説します。
「ドルコスト平均法」の効果とは? 〜時間的分散を実現する最強の方法〜
「ドルコスト平均法」という言葉をご存知でしょうか。誰でも簡単に“時間的分散”が行えるこの方法。資産運用をする上で知っておいて損はありません。自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、その特徴と活用法を解説します。。
全ての人に等しく与えられた「資産」とは? 〜成功の秘訣は身近なところにある〜
「資産運用はお金持ちがやること」と思い込んでいる人は少なくありません。そんな人に限って、自分が持っている大事な「資産」を無駄遣いしています。自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、全ての人に与えられた「資産」の正体を解説します。
iDeCo(イデコ)が注目されるワケ 〜401kは損をしない資産運用?〜
「iDeCo(イデコ)」という言葉を聞いたことがあるでしょうか? 新しい年金の形であるこの制度は、なぜ今注目を浴びているでしょうか。自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、話題の「iDeCo(イデコ)」を分かりやすく解説します。
年代別にみる資産運用のカタチ 〜あなたにあったお金の増やし方とは〜
資産運用と聞くと「自分には関係ない」とか「私には無理!」という反応をする方がいます。しかしながら、それは大きな勘違い。あなたにはあなたの資産運用があるはずです。「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、あなたにもできる「資産運用」を解説します。
資産運用はギャンブルじゃない! 〜“投資”を“投機”にしないために〜
資産運用をギャンブルのように考えている人がいます。資産運用はあくまで“投資”であり、決して“投機”ではありません。自ら賃貸経営を営む「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、これまで投資経験のない方が陥りやすい「資産運用の罠」を解説します。
遂に資産運用はAIの時代に? 〜“ロボアドバイザー”を使ってわかったこと〜
各分野での進出が著しいAI(人工知能)があなたの代わりに資産運用をしてくれる? 今話題の「ロボアドバイザー」は「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)の目にはどう見えるのか。実際に使ってみたFPがその問題点と今後の展望を解説します。
資産運用の前に知るべき「72の法則」 〜投資で騙されないための基礎知識〜
「72の法則」という言葉をご存知でしょうか。資産運用に於ける利回りのイメージを持ってもらうための簡単な計算式ですが、この法則を知るか知らないかではあなたの投資に大きな影響が出ます。「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、「うまい話」に騙されないための投資の基礎知識を解説します。
改めて考える「資産運用の三特性」 〜あなたに合った投資方法を見つけるために〜
資産運用における“三特性”をご存知でしょうか。投資の基本でありながら、意外と知られていないこの三つの特性。あなたが自分にピッタリの投資方法を見つけるための大きな手がかりとなる知識です。自ら賃貸経営を行う 「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、「資産運用の三特性」を解説します。

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP プロフィール/ご挨拶 料金体系について 面談場所について ご相談事例 お客様の声