不動産投資/アパート経営のご相談はFPグリュックへ!

全ての人に等しく与えられた「資産」とは? 〜成功の秘訣は身近なところにある〜

どんな人も必ず持っている「資産」とは?

「お金が貯まったら相談にいきますね!」

 

私がファイナンシャルプランナーという職業を名乗ると、時々こうした反応をする方がいらっしゃいます。きっとこの方は以下の2つの固定観念に縛られているのでしょう。

 

@「FPは資産運用の相談をする人」
A「資産運用はお金が余っている人がするもの」

 

その結果、「自分はファイナンシャルプランナーに関係ない」と自ら問題解決への扉を閉めてしまうのです。

 

特に私は「現役大家FP」として不動産投資のご相談を受けることが多いですから余計にそう思われるのかも知れませんが、実はコレ、二つとも大きな間違いです。

 

前者の“FPの役割”については他のコラムに説明を譲りますが。後者の「資産運用=お金持ちしかできない」という思い込みは日本社会全体に深く根付いた誤解です。お金のことに全く触れない学校教育の弊害と言ってもよいでしょう。

 

そして、そういう風に思い込んでいる人に限って、せっかく自分に与えられた「資産」を無駄にしていることが多いのです。

 

「えっ? 私は資産なんて持っていないよ!」とおっしゃる方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、FPの私から言わせてもらえれば、そう考える人にも、いえ世界中の全ての人には、実はある「資産」が平等に与えられているのです。

 

その資産とは一体なんなのか?

 

いくつかの例を見ながら私と一緒に考えてみてください。


@“上手に”貯金をする方法

まずは皆さんにとって、一番身近な運用である「貯金」のお話から始めましょう。

 

貯金に関しては「なかなかお金がたまらない」「思うように貯金ができない」という声をよく耳にします。

 

なんとなくやっているだけではなかなか上手くいかないのが貯金の特徴(笑)。しっかり貯めることができるひとは、その人なりの目標を決めていることが多いのです。

 

では、ここで質問です。

 

例えばあなたが「60歳までに1000万円」貯めようとしたら、毎月いくら貯めれば良いでしょうか?

 

もちろん、その答えはあなたの年齢によって変わってくるでしょう。

 

あなたが現在25歳だったとすれば、60歳までには35年間ありますから毎月貯めるべきお金は「1000万円÷35年÷12か月」で23,810円となります。

 

反対に、もしあなたが現在55歳であればあと5年間しかありませんから、「1000万円÷5年÷12か月」で毎月166,667円ものお金を貯めなければなりません。毎月の負担がここまで大きいと、貯金を始める前からもう心が折れてしまいそうです(笑)。

 

当然のことながら、目標額に到達するためには早く貯金を始めた方が毎月の負担額は少なく、家計のコントロールも容易なものとなるのです。

 

 

A“上手に”金利を利用する方法

今度は、上の貯金の考え方に「金利」という要素をプラスしてみましょう。

 

ご存知の通り、金利には「単利」と「複利」があります。利息がついた時にそれを使ってしまうのが「単利」、利息を使わずに元金とまとめてさらに運用に回すのが「複利」となります。

 

両者を比べた場合、複利のほうが結果として大きく増えるのは想像しやすいと思いますが、注目していただきたいのは複利の場合は長い時間をかければかけるほどその効果が増大していく点です。始めはわずかの違いでも、のちのち両者の差は大きく広がっていくのです。

 

その複利効果を先ほどの「60歳までに1000万円貯める」に当てはめると下図のようになります(年利1%で計算)。

 

単純に貯金するよりも、さらに開始年齢による毎月貯蓄額の差が広がったのがお分かりになるはずです。

 

マイナス金利のご時世ですので「年利1%」という控えめな数字で計算しましたが、この複利運用の金利がもっとあがれば毎月の貯蓄額(積立額)がさらに減ることは言うまでもありません。

 

仮に35年間3%で複利運用できたとすれば毎月の負担額はなんと13,783円、元金合計は約579万円となります。これが35年間かけて1000万円となるわけですから、複利効果によっていかにお金が大きくなるかが分かるでしょう。

 

 

B“上手に”時間的分散をする方法

資産運用の話をする時に「ドルコスト平均法」をさけて通ることはできません。

 

「ドルコスト平均法」とは、「同一の証券を一定の間隔で一定の金額を買い続ける」方法のことを言います。

 

ここでは詳細な説明は省きますが、対象証券が高い時も安い時も同じ金額を買い続けることにとって、資産運用の安定化に大きな効果があります。

 

この方法の凄いところは、特に専門的な知識がなくても誰でも機械的に「時間的な分散」ができるという点です。

 

誰もが証券を「安い時に買って高い時に売りたい」ものですが、その見極めは非常に難しく、ことを性急に進めようとすると大損する可能性もあります。

 

たっぷり時間を使ってドルコスト平均法を実践していけば、大儲けすることはできなくても大損することもなくなります。

 

「長期間にわたってやればやるほど安定性が増す」という資産運用の特性を最も分かりやすく具現化する方法と言ってもいいかもしれません。

 

 

C“上手に”生活費を管理する方法

さて、資産運用から少し離れて、今度はファイナンシャルプランナー的にライフプランの問題を考えてみましょう。

 

もしあなたが自分のライフプランを作ったとして、老後の蓄えが十分でなく70歳の時点で貯金がマイナス1000万円になってしまったら、どんな対処方法があるでしょうか?

 

この場合、収入を増やすのも選択肢の一つですが、サラリーマンの場合はなかなか収入を自分でコントロールすることはできません。どうしても自分でコントロールできる支出に目を向けなくてはいけない場合が生まれてきます。

 

それでは、毎月いくらの支出を削減していけばいいのか? これは家計の見直しをスタートする年齢によって大きく変わってきます。

 

同じような構造を先ほども見ましたね。そうです、上記に挙げた貯金の例と逆の考え方をすれば良いのです。

 

この場合も、もちろん早く始めたほうが毎月の削減額を抑えることができます。反対にピンチがもうそこに迫ってからでは、毎月の削減額が大きすぎて現実的にライフプラン改善が難しくなってきてしまうのです。

 

また、支出の削減だけでなく、今手元にあるお金やこれから入ってくるお金を運用することで改善の難易度を下げることができます。その時に複利効果を有効に活用したほうが良いのは言うまでもありません。

 

 

D“上手に”不動産投資で資産形成する方法

最後は私の得意分野である不動産投資のお話です。

 

不動産投資には様々な形がありますが、「アパートローンを借りてそれを家賃収入で返していく」方法が一般的です。

 

これは言い換えれば、アパートローンという「他人のお金」を家賃収入という「他人のお金」で返していくことでもあります。

 

そうすることによって自分のお金を使わずに不動産という自分の資産を形成していく。言わばこれが不動産投資の「特徴」であり、「本質」です。

 

そう考えた時、この「他人のお金」を使える時間が長ければ長いほどその効果が大きいのは想像に難くありません。

 

借りるお金であるアパートローンもそうですが、より重要なのは入ってくるお金である家賃収入です。

 

例えば、収益物件を100%ローンで購入したとして、金利やその他の経費を引いた利益が年間5%だとすれば、その物件を10年間所有すれば50%、20年間所有していれば100%の利益を稼ぎ出してくれる計算になります。

 

これは20年きちんと賃貸経営をできれば、自分のお金を使わなくてその物件が自分の資産となることを意味しています。

 

もちろん、実際にはそれほど簡単なお話ではありませんが、家賃収入という「他人のお金」を利用すること、そしてその「利用する時間の長さ」がいかに大事かということはイメージできると思います。

 

私が口癖のように言う「不動産投資は点でなく線で考える」というのはまさにこのことで、この考え方が理解できるかどうかで不動産投資の成否が決まると言っても過言ではありません。

あなたの「資産」を無駄遣いしないために!

さあ、もうお分かりになりましたね。

 

あなたが、そして他のすべての人が平等に与えられた資産とは、即ち「時間」のことです。

 

上の5つの例を見ていただければお分かりになるように、時間は運用や経済的な課題の解決にとても重要な役割を果たすあなたの「資産」なのです。

 

「Time is money(時は金なり)」とはよく言ったものです(もっともここでの意味とは少々異なるかもしれませんが?笑)。時間は人生の上で金銭に匹敵する「資産」と言えるでしょう。

 

しかしながら、その一方で時間は「この世で最も無駄遣いされている資産」でもあります。会社員の方であれば、社員の時間を会社の資産と考えられない経営陣によって、この大事な資産が浪費された経験を少なからずお持ちのはずです。

 

運用の世界でも同じような事例は数多く見られます。

 

「運用は難しい」「運用はちゃんと考えてから」と問題を先送りしてしまい、結局何も決まらないまま時間だけが無為に過ぎていくケースを私は何度も目の当たりにしてきました。

 

資産運用を、いえ、人生に関するお金のことを真剣に考えるのであれば、まずは今自分が持っている「時間」という資産を有効に使うことを考える必要があるでしょう。


(2017/05/10 文責:佐野純一)

関連テーマのページ


〜マネー設計が開く、幸運のトビラ〜

「ファイナンシャルプランナーって何をする人なんだろう?」
「興味はあるけど何を相談したらいいか分からない…」
「どんなことができるのか、まずはちょっと話を聞いてみたい」

 

そんなあなたのために“初回無料相談”を実施中です。

 

 

実際にコンサルティングをご利用いただいた
お客様の声をご紹介しています。

 

 

 

よく読まれている人気記事



関連ページ

「リスク」の本当の意味を知ろう 〜失敗しない運用の基礎知識〜
運用の世界において「リスク」とは“危険”という意味ではありません。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、運用の基礎となるリスクの考え方を解説します。
「単利」と「複利」 どちらがお得? 〜違いが解れば答が見えてくる〜
運用資金が同じでも「単利」か「複利」かによって将来に大きな違いが生まれます。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、両者の違いと不動産投資における考え方を解説します。
「アセットアロケーション」こそ運用の肝 〜商品検討の前に考えるべきこと〜
資産運用の成否を握るアセットアロケーション。専門家と名乗る人々は、実はアセットアロケーションは苦手としています。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、運用の肝を開設します。
「トレードオフ」ってどんな意味? 〜リスクとリターンから運用商品を考える〜
意外と誤解を招きやすいトレードオフという言葉。リスクとリターンの関係から運用商品を整理してみましょう。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が分かりやすく解説します。
「株式」「債券」「投資信託」の違いとは? 〜証券運用のための基礎知識〜
株式・債券・投資信託の違いをご存知ですか。リスク分散のためにも押さえておきたいそれぞれの特性。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が解説します。
普通預金の安全神話が崩壊? 〜現預金信仰に待受ける悲劇とは〜
運用に抵抗感がある人ほど、貯金の本当の怖さを知りません。貯金は本当に安全なのか? 自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が目から鱗の考え方を解説します。
話題の「REIT(リート)」ってなんだ? 〜不動産投資と似て非なるもの〜
REIT(リート)とはどんなものでしょうか。不動産投資と混同されやすいREIT。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、その特徴や弱点を解説します。
真の「リスク分散」を考える 〜四重の分散でリスクを回避しよう〜
リスク分散は資産運用の基本。しかし、本当の意味でのリスク分散は意外と難しいものです。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、フィナンシャルプランナーから見たリスク分散を解説します。
「ドルコスト平均法」の効果とは? 〜時間的分散を実現する最強の方法〜
ドルコスト平均法をご存知でしょうか。誰でも簡単に時間的分散が行えるこの方法。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、その特徴と活用法を解説します。。
iDeCo(イデコ)が注目されるワケ 〜401kは損をしない資産運用?〜
「iDeCo(イデコ)」という言葉を聞いたことがあるでしょうか? 新しい年金の形であるこの制度は、なぜ今注目を浴びているでしょうか。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、話題の「iDeCo(イデコ)」を分かりやすく解説します。
年代別にみる資産運用のカタチ 〜あなたにあったお金の増やし方とは〜
資産運用と聞くと「自分には関係ない」とか「私には無理!」という反応をする方がいます。しかしながら、それは大きな勘違いです。“お金の相談のプロ”である「現役大家FP」が、あなたにもできる「資産運用」を解説します。
資産運用はギャンブルじゃない! 〜“投資”を“投機”にしないために〜
資産運用をギャンブルのように考えている人がいます。資産運用はあくまで“投資”であり、決して“投機”ではありません。「お金の相談のプロ」である現役大家FPが、これまで投資経験のない方が陥りやすい「資産運用の罠」を解説します。

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP プロフィール/ご挨拶 料金体系について 面談場所について ご相談事例 お客様の声