不動産投資/アパート経営のご相談はFPグリュックへ!

iDeCo(イデコ)が注目されるワケ 〜401kは損をしない資産運用?〜

iDeCo(イデコ)って知っていますか?

「iDeCo(イデコ)」という言葉をご存知でしょうか?

 

最近、新聞や雑誌などのメディアでも取り上げられることが多いので、耳にしたことのある方も多いでしょう。ファイナンシャルプランナーとしては、これからの資産形成を考える上でぜひ知っておいていただきたいキーワードでもあります。

 

iDeCo(イデコ)は正式名を「個人型確定拠出年金」と言います。あるいは「個人型401k」という呼び名で聞いたことがあるかもしれません。

 

はい、ここで読むのをやめようと思った方、もう少しだけお付き合いください(笑)。

 

「個人型確定拠出年金」などと漢字が9個連なっただけでも、「難しそう」と拒否反応を起こす方は少なくありません。ましてや日頃あまりなじみのない資産運用のお話であればなおさらです。

 

でもちょっと待ってください。

 

今、iDeCo(イデコ)が各方面で話題になっているのにはそれだけの理由があります

 

実はiDeCo(イデコ)にはこれまでなかった画期的なシステムが組み込まれており、だからこそ特にこれまで運用に縁がなかった方こそ知っておいていただきたい制度と言えます。

 

「でも資産運用をことなんてよく分からないよ」という方、どうぞご安心を。

 

お金のプロであるだけでなく、お金の相談のプロであるファイナンシャルプランナーが誰にでも分かるようにiDeCo(イデコ)を易しく紐解いていきます。

 

これを読めばあなたも誰かにiDeCo(イデコ)のことを教えたくなるはずです。


名前から読み解くiDeCo(イデコ)

iDeCo(イデコ)の正式名が「個人型確定拠出年金」であることは既にご説明しました。まずはこの漢字9文字を分解するところから始めましょう。

 

「個人型確定拠出年金」は、その意味からという下のように4つの単語に分けられます。

 

「個人型」+「確定」+「拠出」+「年金」

 

iDeCo(イデコ)を一言で表すのであれば、最後の単語が示すように「年金制度の一種」ですが、この形は日本では2001年に始まった比較的新しい年金制度です。

 

それまでの年金制度とは一線を画す新しいシステムですが、なにが新しいかと言えば、その答えは3つ目の単語の「拠出」にあります。

 

従来の年金制度は「確定給付年金」と呼ばれます。「確定」も「年金」も同じですので、両者の違いは真ん中単語が「給付」か「拠出」かの一点だけです。

 

つまり、従来の「確定給付年金」は「給付(受け取る)」金額が確定されている年金制度であったのに対し、「確定拠出年金」は「拠出(納める)」金額が確定している年金制度ということになります。

 

もっともこのネーミングは苦肉の作のようなもので、従来型の年金制度も当然納める金額(拠出)は決まっていたわけですから、もっと分かりやすく言えば、「以前は老後にもらえる年金額が決まっていたけど、新しい制度ではそれが決まっていない」ということになります。

 

この「もらえる金額が決まっていない」ということは何も悪い意味ではありません。従来より減ることもあれば逆に増えることもあるわけですから。

 

肝心なのは増えるにせよ減るにせよ、新しい「確定拠出年金」はその責任を個人である我々が負うという点にあります。

 

学校教育ではお金について一切触れず、国民の大半が運用なんてやったことがないというこの日本で、大事な年金の運用をいきなり「自己責任」とするのはなんとも乱暴な話ですが、そうせざるを得ない社会的背景が存在します。

 

ご存知の通り、我が国の年金は様々な問題を抱えている制度。少子化に加え、長く続くデフレの影響で運用面でのプラスが予想を下回り、国や企業がその負担を背負う形となっています。

 

意地悪な言い方をすれば、その負担を個人に転嫁したのが「確定拠出年金」とも言えそうですが、そこまでしないと日本の社会保障の屋台骨そのものが揺らぎかねない状況まできているのもまた確かです。

 

資産運用に馴染みのない個人にとっては確定拠出年金は「招かれざる客」かもしれませんが、社会保険料の負担を減らしたい企業としては歓迎すべき制度です。その結果、個人の戸惑いの声をよそに、企業主導で確定拠出年金の導入数は急激に伸びてきているのが現状です。

 

確定拠出年金にはこうした企業主導で行われる「企業型」の他に、個人で行う「個人型」もあります。

 

以前はこの「個人型」も理解が難しいのに加え、加入できる対象者が限られていたため普及が進みませんでした。

 

そこで今年(2017年)から対象者を大幅に増やしほとんどの人が対象者になったのを機に、より国民に慣れ親しんでもらおうと「個人型確定拠出年金」に新しい愛称が与えられました。

 

それが、「iDeCo(イデコ)」です。


iDeCo(イデコ)のメリットとデメリット

それではiDeCo(イデコ)のメリットとデメリットを見ていきましょう。まずはメリットからです。

 

iDeCo(イデコ)のメリット

iDeCo(イデコ)のメリットとは、ズバリ「税制面での優遇」です。

 

運用益が非課税であったり、受け取る時の所得税も負担が少なくなるように配慮されているのももちろんですが、なんといっても大きいのが「掛け金が全額所得控除になる」という点です。

 

誤解されやすいのですが、この「所得控除」とはお金そのものが返ってくるわけではありません。例えばiDeCo(イデコ)の掛け金を毎月2万円、年間で24万円納めたとしても24万円がそのまま返ってくるわけではないのです。

 

控除とは「差し引かれる」という意味ですが、この場合何から24万円が差し引かれるかと言えば、税金の計算元になる「所得」からとなります。

 

所得税と住民税は個人の「所得」に一定の税率をかけて計算するわけですから、所得が減れば当然税金も減ってくる。そんな仕組みになっています。

 

但し、実際にいくら得になるかを計算するのは少々厄介です。ご存知の通り、所得税は超過累進税率となっていて所得に応じて税率が上がっていくからです。

 

非常に大まかなイメージで言えば、一般的な給料をもらっている人の場合、掛け金の30%程度が戻ってくるようなイメージを持てば良いでしょう

 

年間24万円の掛け金であれば、8万円程度の節税が見込まれることになります。一年で見れば8万円ですが、それを30年間続ければ総額240万円の節税になりますから、これは大きなメリットです。

 

iDeCo(イデコ)のデメリット

一方で、iDeCo(イデコ)には大きく分けて二つのデメリットがあります。

 

まずは、「一度納めた掛け金は原則として60歳になるまで引き出せない」ことです。

 

一度決めた毎月の掛け金を後で減額したり払込自体をやめたりすることはできますが、一度納めた掛け金を途中で引き出すことはできません。40歳の場合は、向こう20年間もお金を引き出せないわけですから、これは資産の流動性を大きく損なうことになります

 

そうなるとその他の資産とのバランスが重要となります。おトクに気を取られるあまり資産の流動性がなくなってしまい、その結果家計が回らなくなるのは住宅ローンや貯蓄型の生命保険にも見られる現象です。

 

もう一つは「運用の責任は自分にある」という点です。

 

前述の通り、増える可能性もあるわけですから、これは必ずしも悪いこととは言えません。

 

ただiDeCo(イデコ)の場合、選べる運用商品の数が少ないこと、運用に各種の手数料がかかることからある程度自分で方針を決めないと、思ったほどの運用成果が得られない可能性が十分あります

 

この「自分で方針を決める」というのがこれまで運用に縁がなかった人にとってはなかなかの難問で、この点がDeCo(イデコ)にとっつきにくい印象を与えている点は否定できません。

うまい話にゃウラがある?

さて、ファイナンシャルプランナーとしての私の口癖は「全ての選択肢にはメリットとデメリットがある」ですが、この両者は表裏一体の関係です。

 

iDeCo(イデコ)のメリット・デメリットも同じことが言えるわけで、見方を変えればこれはメリット・デメリットからiDeCo(イデコ)の本質が透けて見えてくるということでもあります。

 

ここまでの説明を読んで、あなたは不思議に思わなかったでしょうか?

 

「なぜ国は大幅な税収減を覚悟してまで国民にiDeCo(イデコ)をやらせたいのか」

 

我々にとって税制上の優遇が受けられるということは、国にとってはそのまま税収減を意味します。

 

ただでさえ苦しい国の台所事情。国民のためを思って税金を安くしてくれるような甘い話はありません。必ずなんらかの理由があるはずです。

 

その理由を考えることが、iDeCo(イデコ)の本質を知り、あなたにとってのiDeCo(イデコ)の正しい使い方を教えてくれるポイントになります。

 

国が税収減をしてまで国民にさせたいこと。それを知るためのカギは上に挙げた二つのデメリットです。


60歳まで引出せないのには理由がある

一つ目のデメリットは、「一度納めた掛け金は原則として60歳になるまで引き出せない」。このルールはなぜできたのでしょうか?

 

60歳まで引き出せないということは、60歳まで強制的に貯蓄をさせるということでもあります。そう、このルールの狙いは「強制的に老後資金を形成させる」ことにあります。

 

かつては当たり前のようにあった企業の退職金制度。労働者の手が届かない積み立ては、まさに強制的な老後資金の形成に他なりません。まだ財源が確保できていた年金制度と合わせ、多くの人は特別に自分で準備しなくても勝手に老後資金が蓄えられている状況でした。

 

現在は違います。退職金制度がない企業も多く、年金制度はつぎはぎだらけ。「下流老人」という言葉を持ち出すまでもなく、老後経済的に破綻する人は今後増えてくることが予想されています。

 

経済的に破綻する人が増えれば、それはそのまま生活保護の利用の拡大につながります。ただでさえ苦しい社会保障制度のお財布。国としてもこれ以上負担を増やしたくないのは山々でしょう。

 

そこでiDeCo(イデコ)の掛け金をあえて60歳までロックすることで、強制的に老後資金を積み立てさせることにしたのです。

 

老後資金に対する意識は人それぞれですが、同じ1000万円でも受け取る年齢によって感じ方は変わってくるはずです。

 

40歳で1000万円があれば住宅ローンや教育資金に使ってしまってもおかしくありませんが、それが60歳となれば目の前に迫った老後に少なからず意識が向くのは想像に難くありません。

 

つまり、国としては「将来的に負担となる社会保障料>iDeCo(イデコ)における税収減」と試算したわけです。

 

それが掛け金が60歳まで引き出せない理由です。


「運用への恐怖心」を取り除くためには

もう一つの「運用の責任は自分にある」というデメリットには、国の「運用にもっと個人資産を投入させたい」という思いが透けてみえます。

 

日本の個人資産は現預金が占める割合が非常に高く、2016年末の調査では金融資産の約52%に上ります。同時期のアメリカの平均が約14%ですから、これがいかに高い数字かだ分かります。

 

これは国民に金融教育を全く行ってこなかったツケでもあるのですが、デフレ脱却を目指す現在の日本経済にとっては大きな足枷となっています。お金が銀行口座やタンスに眠っているだけでは経済は活性化しないからです。

 

そこで、ここ数年で国は人々の金融資産を運用させようと対策を講じています。運用益が非課税になるNISA(ニーサ)がその代表的な例ですが、こちらも証券会社にNISA口座を開設したものの、実際には運用を行なっていない人が多数いるのが現状です。

 

運用に対する抵抗感の根底にあるのは、損をすることが「絶対悪」であるという概念です。これは「運用への恐怖心」と言ってもいいかもしれません。

 

増える可能性を一切排除してまでも減る危険性をなくすというのは、多くの日本人の基本的なスタンスだと言えるでしょう。

 

そんな人たちを運用の舞台に引っ張り出すためにはどうすればいいか?

 

答えは簡単です。「損」の基準を下げてあげれば良いのです。つまり、絶対とまでいかなくても「よほどのことがない限り損しないな」と思わせてあげれば良いのです。

 

メリットのところでご説明したように、iDeCo(イデコ)の掛け金には大きな所得控除がつきます。年間24万円の掛け金であれば8万円が節税できるようなイメージです。

 

ということは、24万円の掛け金で購入した金融商品は実際には16万円しか払っていないことになり、もし大きく値が下がっとしても16万円までであれば実質上の損はないという計算になるのです。

 

証券の価値が2/3まで落ちるという事態は「絶対にない」とは言えませんが、「よほどのことがないと起きない」と言えるでしょう。

 

どうですか? それなら試してみてもいいと思いませんか?(笑)

 

こう書くと、もしかしたら現金至上主義の人が喜ぶかもしれません。iDeCo(イデコ)の金融商品として預金を選べば、16万円で24万円の貯金ができると考えることもできるからです。

 

この点が一部で「iDeCo(イデコ)は絶対に損をしない運用」という伝えられ方をしているようですが、ファイナンシャルプランナーとしてはiDeCo(イデコ)の掛け金を預金で運用するのは賛成できません

 

くどいようですが、iDeCo(イデコ)の掛け金は60歳まで引き出せないというデメリットがあります。

 

元本保証というだけで預金を選んでしまうと長い間のインフレリスクに耐えられず、結果として節税分を考慮しても実質目減りする可能性は否定できません。

 

金融商品としての預金のメリットは、何と言ってもその「流動性」です。iDeCo(イデコ)のシステムの中で流動性を損なった預金は、ある意味なんの取り柄もない金融資産になってしまいます。

 

むしろiDeCo(イデコ)を使えば「長期間に渡って継続的な積み立て」というドルコスト平均法が実践でき、自動的に時間的分散を図ることができます

 

運用初心者こそ、この利点を大いに活用するべきではないでしょうか。


iDeCo(イデコ)が普及しない本当のワケ

いかがだったでしょうか。iDeCo(イデコ)をファイナンシャルプランナーの立場から解説してみました。

 

端的に言えば、iDeCo(イデコ)は老後資金形成を目的とし、運用に消極的な国民に「節税した分は損になりませんから、資産運用をやってみましょうよ」と国が仕掛けたシステムです。

 

ですから、我々としてはそうした国の思惑をうまく使って、自分の資産形成できるのあれば積極的に取り組むべきです。

 

個人的にはiDeCo(イデコ)はもっと評価されていいし、普及していい仕組みだと考えています。ただ残念ながら現状では「よく分からない」というイメージが先行し、一般に浸透するにはまだまだ時間がかかりそうです。

 

その原因はいくつか考えられますが、大きな要素の一つに「iDeCo(イデコ)にビジネス的な側面が少ない」という点が挙げられます。平たく言えば「iDeCo(イデコ)を他人に勧めても儲かる人が少ない」ということです。

 

歴史が示すように、なにか新しいものが社会に広まる時は、必ずその新しい何かで大儲けする人がいます。

 

しかし公的な仕組みであるiDeCo(イデコ)には、そうした大儲けできるような構造を作ることができません。

 

それでは、保険販売員はiDeCo(イデコ)の話をせず共通点のある変額保険しか勧めないでしょうし、証券会社もより効率的に手数料を稼げる富裕層に対する金融商品販売に注力するのは、ある意味当然のことかもしれません。

 

そうした販売者の理屈で自分の資産形成があらぬ方向に持っていかれないように、自分で調べ自分で考えることがあなたのライフプランにとって重要なのです。


(2017/06/14 文責:佐野純一)

関連テーマのページ


〜マネー設計が開く、幸運のトビラ〜

「ファイナンシャルプランナーって何をする人なんだろう?」
「興味はあるけど何を相談したらいいか分からない…」
「どんなことができるのか、まずはちょっと話を聞いてみたい」

 

そんなあなたのために“初回無料相談”を実施中です。

 

 

実際にコンサルティングをご利用いただいた
お客様の声をご紹介しています。

 

 

 

よく読まれている人気記事



関連ページ

「リスク」の本当の意味を知ろう 〜失敗しない運用の基礎知識〜
運用の世界において「リスク」とは“危険”という意味ではありません。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、運用の基礎となるリスクの考え方を解説します。
「単利」と「複利」 どちらがお得? 〜違いが解れば答が見えてくる〜
運用資金が同じでも「単利」か「複利」かによって将来に大きな違いが生まれます。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、両者の違いと不動産投資における考え方を解説します。
「アセットアロケーション」こそ運用の肝 〜商品検討の前に考えるべきこと〜
資産運用の成否を握るアセットアロケーション。専門家と名乗る人々は、実はアセットアロケーションは苦手としています。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、運用の肝を開設します。
「トレードオフ」ってどんな意味? 〜リスクとリターンから運用商品を考える〜
意外と誤解を招きやすいトレードオフという言葉。リスクとリターンの関係から運用商品を整理してみましょう。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が分かりやすく解説します。
「株式」「債券」「投資信託」の違いとは? 〜証券運用のための基礎知識〜
株式・債券・投資信託の違いをご存知ですか。リスク分散のためにも押さえておきたいそれぞれの特性。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が解説します。
普通預金の安全神話が崩壊? 〜現預金信仰に待受ける悲劇とは〜
運用に抵抗感がある人ほど、貯金の本当の怖さを知りません。貯金は本当に安全なのか? 自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が目から鱗の考え方を解説します。
話題の「REIT(リート)」ってなんだ? 〜不動産投資と似て非なるもの〜
REIT(リート)とはどんなものでしょうか。不動産投資と混同されやすいREIT。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、その特徴や弱点を解説します。
真の「リスク分散」を考える 〜四重の分散でリスクを回避しよう〜
リスク分散は資産運用の基本。しかし、本当の意味でのリスク分散は意外と難しいものです。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、フィナンシャルプランナーから見たリスク分散を解説します。
「ドルコスト平均法」の効果とは? 〜時間的分散を実現する最強の方法〜
ドルコスト平均法をご存知でしょうか。誰でも簡単に時間的分散が行えるこの方法。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、その特徴と活用法を解説します。。
全ての人に等しく与えられた「資産」とは? 〜成功の秘訣は身近なところにある〜
「資産運用はお金持ちがやること」と思い込んでいる人は少なくありません。そんな人に限って、自分が持っている大事な「資産」を無駄遣いしています。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、全ての人に与えられた「資産」の正体を解説します。
年代別にみる資産運用のカタチ 〜あなたにあったお金の増やし方とは〜
資産運用と聞くと「自分には関係ない」とか「私には無理!」という反応をする方がいます。しかしながら、それは大きな勘違いです。“お金の相談のプロ”である「現役大家FP」が、あなたにもできる「資産運用」を解説します。
資産運用はギャンブルじゃない! 〜“投資”を“投機”にしないために〜
資産運用をギャンブルのように考えている人がいます。資産運用はあくまで“投資”であり、決して“投機”ではありません。「お金の相談のプロ」である現役大家FPが、これまで投資経験のない方が陥りやすい「資産運用の罠」を解説します。

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP プロフィール/ご挨拶 料金体系について 面談場所について ご相談事例 お客様の声