不動産投資/アパート経営のご相談はFPグリュックへ!

年代別にみる資産運用のカタチ 〜あなたにあったお金の増やし方とは〜

自分には「資産運用」は関係ない?

ファイナンシャルプランナー(FP)としてお金のご相談を受けていると、特に若い方からこんな質問を受けることがあります。

 

「資産運用に興味はありますが、いつ始めればいいんですか?」

 

たくさんの人が関心を持つ「資産運用」。ただ、資産運用は「敷居が高い」とか「自分には無理だ」という思い込み(そう、これは思い込みです)から、なかなか始めることができない人が多いのも事実です。

 

こんな質問を受けた時、私はこのようにお答えすることにしています。

 

「原則として、資産運用を始めるのは早ければ早いほどがいいですよ」

 

その理由は簡単です。全ての人が等しく持っている“時間”を味方につけることで、資産運用の成功率がぐっと上がるからです。

 

その一方で、資産運用を始めるにあたって「遅すぎる」ということはありません。60歳からでもできる資産運用はあるはずです。

 

しかしながら、20代の方と60代の方では同じ資産運用の方法で良いはずがありません。先ほど述べた“時間”という要素が両者で大きく異なるわけですから、これはある意味当然のことでしょう。

 

そこで今回は「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、年代別に「その人にあった資産運用」を解説します。資産運用は自分が人生のどのステージにいるかによって柔軟にスタンスを変化させていくことが重要です。


「資産運用」と「資産形成」に違いとは?

最初に「資産運用」という言葉の意味をしっかり理解しましょう。

 

「資産運用」と似て非なる言葉に「資産形成」があります。あなたはこの二つの言葉の違いがお分かりになるでしょうか?

 

簡単に言えば、「資産運用」とは“元々ある資産をもっと大きくすること”を意味します。「お金に働いてもらう」という言い方をしたりしますが、お金がお金を生み出すと考えれば良いでしょう。

 

ということは、これは元々ある程度資産を持っている人向けの言葉で、このことが冒頭に申し上げた「資産運用は自分に無理」という思い込みにつながってくるわけです。

 

一方の「資産形成」は“ゼロからスタートしてコツコツと貯めていく”ようなイメージです。

 

「貯める」というと貯金だけを思い浮かべる方も多いかも知れませんが、なにも貯金だけが資産を形成する手段ではありません。むしろ、その他の金融商品を活用することでより効率的に「貯める」ことが可能となります。

 

広い意味では「資産運用」とは「資産形成」を含むものであり、一般的に「資産運用」と言った時には両者の明確な区別はされない場合がほとんどです。

 

今現在資産のない人だって、「資産形成」をすることはできます。そう考えれば「資産運用」が「敷居が高い」わけでもなければ「自分には無理」でもないことが誰にだってわかるはずです。


20代の資産運用

さて、「資産運用」と「資産形成」の意味がわかったところで年代別の方法を見ていきましょう。

 

まずは20代です。

 

誰もが社会人として一歩を踏み出す20代。働き始めたばかりですから、この時点で「運用」するほど資産を持っている人は稀でしょう。自ずとこの時期は「資産形成」を目指していくことになります。

 

まだ収入も少ない段階ですから、毎月運用に回せるお金もそう多くはないかもしれません。少額でもいいのでコツコツと続けることがなによりも大事です。

 

少額でコツコツやるのであれば、「積立」という形が相性が良いでしょう。

 

NISA枠を活用した投資信託の積立でもいいですし、貯蓄型保険や個人年金でも構いません。最近使い勝手が上がってきたiDeCoで節税効果をうまく活用する選択肢もあります。

 

不動産投資であれば、あまり大きなレバレッジをかけずにワンルームでいくか、あるいは将来の安定性を考えて「ここは資金の貯め時」と割り切る考え方もアリです。

 

これから先の時間を有効に使える20代であれば、複利効果も積極的に狙っていきたいところです。利息が利息を呼ぶ複利効果は長い時間をかければかけるほどその効果を発揮するからです。

 

一方で気をつけたいのが「流動性」です。

 

あまりお得にこだわって毎月の積立額を無理してしまうと、後で手持ち金がなくなってヒドい目に会います。ライフプランという長い観点でこれからアナタを待ち受ける支出にも目を向ける必要があります。

 

その意味では、流動性を確保できる貯金も立派な「資産形成」の選択肢となるはずです。


30代の資産運用

自分のことだけにお金を使ってきた20代と違い、結婚して家庭を持つ人も多い30代は何かとお金がかかる時期です。

 

「結婚費用や出産費用で、これまで貯めてきたお金が一回リセットされてしまった…」などというお話もよく耳にします。

 

同時に「家計としてお金が溜まりにくい」というのもこの時期の特徴です。

 

例えば、これまで夫婦二人でフルタイムで働いていた家庭であれば、それなりの貯蓄も可能だったでしょう。しかし、出産に伴い奥様が産休育休をとると状況は変わってきます。

 

単純に家族が増える分支出も増えますが、働き手が減った分は収入が減ることが予想されます。家計のコントロールが難しくなる、あるいはこれまで隠れていた経済的な問題が表面化してくるのもこの時期です。

 

そうなると気持ちばかり焦ってしまいがちですが、何も無理をする必要はありません。

 

住宅資金や教育資金が具体的に数字として見えてくるタイミングですから、ライフプランの精度を上げるチャンスでもあります。あせらずにこれから先「何にいくら使うのか」をしっかり見極めた上で「資産形成」を続けていくことが大切です。

 

また、広い意味では、自宅を購入することも「不動産」という資産を形成していくことと言えるでしょう。住宅を買うことが全ての人にとっての正解とは限りませんが、これもこの年代の資産運用の一つの形です。


40代の資産運用

さあ、子供も大きくなってくる40代。「住宅資金」と「教育資金」で手一杯になりがちですが、そろそろ「老後資金」の影もちらついてくる時期です。

 

継続的にお金が出ていくこの時期は20代30代から続けてきた資産形成をベースに、まずは家計のキャッシュフローが回ることを最優先した方が良いでしょう。遠い未来のことばかり気にして、目の前のやりくりがうまくいかないようでは本末転倒です。

 

逆に言えば、ここまでの資産形成であまりに流動性を損なう選択をしていた場合、苦しくなってくるのもこの時期です。資産形成の方法を見直す必要があるタイミングと言えるかもしれません。

 

一方で、若い頃からの資産形成が実を結び、ある程度まとまった資産を持つことができた人もいるはずです。そういった方は、いよいよ「資産形成」から卒業して「資産運用」へと踏み出すべきでしょう。

 

「資産運用」となれば、選択するべき金融商品も「資産形成」とは変わってきます。

 

リスク分散の点から投資信託に頼らざるを得なかったものが、ある程度の資産があれば株式で自分なりのポートフォリオを作ることも可能です。不動産投資であれば、貯まった資金を元手に区分所有ではなく一棟アパートという選択肢も視野に入ってくるでしょう。

 

気をつけなければならないのが、あなたに許された“時間”が徐々に少なくなっていることです。

 

資産形成から資産運用に切り替えるのであれば、自分が到達するべき「資産運用の目標」をきちんと設定し、しっかりとそこにたどり着ける方法を選択する必要があります


50代の資産運用

さあ、そろそろゴールが近づいてきました。

 

このゴールとはもちろん「人生のゴール」を指しているわけではありません(笑)。「収入を得られる期間が残り少ない」という意味のゴールです。

 

基本的には40代の方針を継続していくことになりますが、「ゴールが見えてきた」という意味では運用方針に変更を加えても良いでしょう。

 

例えば、これまでリターンを狙ってリスクの高い商品を保有していたとしても、そろそろその割合を減らしたり安定性の高いものにシフトしていくのも一案です。この時期に大きな損失を出してしまうと、リカバリーするだけの時間が残されていない可能性があるからです。

 

また、このタイミングで資産形成から資産運用に切り替えるのであれば、長く流動性を損なうものは避けた方が無難です。

 

極端な例をあげれば、ここから30年ローンを組んで収益物件を購入したとしても、残りの人生を考えた時にその運用の成果を十分に享受することができないかもしれません。


60代の資産運用

ほとんどの人が老後にはいってくる60代。ここまできたら資産運用に無理は絶対に禁物です。「セーフティファースト」でいきましょう。

 

発想の転換も必要です。前述のように、「資産運用」とは“元々ある資産をもっと大きくすること”ですが、仕事をリタイアしている方も多いこの年代で、これまでの「増やす」という考え方に固執してはいけません。

 

老後資金として資産が減っていくことは現代社会では自然なことですから、むしろ「いかに資産の減るスピードを抑えるか」に主眼を置くべきでしょう。資産が減ることばかりに気をとられて、老後生活が味気ないものになってしまうのは本末転倒です。

 

運用によって「資産を増やす」のではなく「減らないようにする」。このように発想に切り替えられば、自ずとセーフティファーストの選択肢が見えてくるはずです。

 

くれぐれもうまい口車に乗って「退職金で一発当ててやろう!」などとは考えないでください(笑)。


ライフプランであなたにあった「資産運用」を!

いかがだったでしょうか。

 

「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)の視点から、年代別に資産運用に対するスタンスを考えてみました。

 

当たり前のことですが、その年齢によって資産運用の“考え方”も“方法論”も変わってきます。さらに言えば、同じ年代でもその人の状況によって選択肢は当然変わってくるはずです。

 

世の中に資産運用の指南書は星の数ほどあり、どの本も声高に「自分のやり方が一番!」と謳っています。しかし、この世の同じ人間が二人いないのと同じように、ライフプランも人それぞれ。同じものは二つ存在しません。そう考えれば他人のマネをしてるだけでは資産運用がうまくいかないことは誰にでもわかるはずです。

 

昔から「資産運用は余剰資金で」と言われます。

 

そのこと自体に異を唱えるつもりはありませんが、ただ「自分の余剰資金がいくらなのか」をきちんと認識できている人はなかなかいません。その結果、自分の手に負えない運用結果を招いてしまう人も珍しくないのです。

 

その意味でも、ライフプランを作って自分の余剰資金を確認し、さらには残された“時間”と相談しながら自分にあった運用方法を探すことはとても重要です。

 

繰り返しになりますが、資産運用を始めるにあたって「遅すぎる」ということはありません。「資産運用は自分には関係ない」と決めつけず、あなたも自分なりの投資方法を探してみましょう。

 

(2017/09/27 文責:佐野純一)


関連テーマのページ


〜マネー設計が開く、幸運のトビラ〜

「ファイナンシャルプランナーって何をする人なんだろう?」
「興味はあるけど何を相談したらいいか分からない…」
「どんなことができるのか、まずはちょっと話を聞いてみたい」

 

そんなあなたのために“初回無料相談”を実施中です。

 

 

実際にコンサルティングをご利用いただいたお客様の声をご紹介しています。

 

よく読まれている人気記事



関連ページ

「リスク」の本当の意味を知ろう 〜失敗しない運用の基礎知識〜
運用の世界において「リスク」とは“危険”という意味ではありません。その点を理解することが「失敗しない資産運用」の第一歩です。「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、運用の基礎となる「リスクの考え方」を解説します。
「単利」と「複利」 どちらがお得? 〜違いが解れば答が見えてくる〜
運用資金が同じでも、「単利運用」か「複利運用」かによって将来に大きな違いが生まれます。両者の違いを知ることが「自分にあった資産運用」を見つけることにつながります。自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、両者の違いと不動産投資における考え方を解説します。
「アセットアロケーション」こそ運用の肝 〜商品検討の前に考えるべきこと〜
資産運用の成否を握る「アセットアロケーション」。専門家と名乗る人々は、実はアセットアロケーションを苦手としています。「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、モノを売らないコンサルタントの視点から運用の肝を解説します。
「トレードオフ」ってどんな意味? 〜リスクとリターンから運用商品を考える〜
意外と誤解を招きやすい「トレードオフ」という言葉。リスクとリターンの関係から、「トレードオフ」という言葉を通して様々な運用商品を整理してみましょう。自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が分かりやすく解説します。
「株式」「債券」「投資信託」の違いとは? 〜証券運用のための基礎知識〜
「株式」「債券」「投資信託」の違いをご存知でしょうか。安定した資産運用のためにはリスク分散が不可欠。それぞれの特性を知ることは効率的な分散につながります。「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が解説します。
普通預金の安全神話が崩壊? 〜現預金信仰に待受ける悲劇とは〜
運用に抵抗感がある人ほど、実は「貯金の本当の怖さ」を知りません。一般的に「安全資産」と呼ばれる貯金は本当に安全なのでしょうか? 自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が目から鱗の現預金信仰の実体を解説します。
話題の「REIT(リート)」ってなんだ? 〜不動産投資と似て非なるもの〜
最近良く耳にする「REIT(リート)」とはどんなものでしょうか。不動産投資と混同されやすい「REIT(リート)」という商品。自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、その特徴や弱点を解説します。
真の「リスク分散」を考える 〜四重の分散でリスクを回避しよう〜
「リスク分散」は資産運用の基本。しかし、本当の意味での「リスク分散」は意外と難しく、その意味を理解している人も多くありません。自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、モノを売らないコンサルタントの立場から見た「リスク分散」を解説します。
「ドルコスト平均法」の効果とは? 〜時間的分散を実現する最強の方法〜
「ドルコスト平均法」という言葉をご存知でしょうか。誰でも簡単に“時間的分散”が行えるこの方法。資産運用をする上で知っておいて損はありません。自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、その特徴と活用法を解説します。。
全ての人に等しく与えられた「資産」とは? 〜成功の秘訣は身近なところにある〜
「資産運用はお金持ちがやること」と思い込んでいる人は少なくありません。そんな人に限って、自分が持っている大事な「資産」を無駄遣いしています。自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、全ての人に与えられた「資産」の正体を解説します。
iDeCo(イデコ)が注目されるワケ 〜401kは損をしない資産運用?〜
「iDeCo(イデコ)」という言葉を聞いたことがあるでしょうか? 新しい年金の形であるこの制度は、なぜ今注目を浴びているでしょうか。自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、話題の「iDeCo(イデコ)」を分かりやすく解説します。
資産運用はギャンブルじゃない! 〜“投資”を“投機”にしないために〜
資産運用をギャンブルのように考えている人がいます。資産運用はあくまで“投資”であり、決して“投機”ではありません。自ら賃貸経営を営む「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、これまで投資経験のない方が陥りやすい「資産運用の罠」を解説します。
遂に資産運用はAIの時代に? 〜“ロボアドバイザー”を使ってわかったこと〜
各分野での進出が著しいAI(人工知能)があなたの代わりに資産運用をしてくれる? 今話題の「ロボアドバイザー」は「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)の目にはどう見えるのか。実際に使ってみたFPがその問題点と今後の展望を解説します。
資産運用の前に知るべき「72の法則」 〜投資で騙されないための基礎知識〜
「72の法則」という言葉をご存知でしょうか。資産運用に於ける利回りのイメージを持ってもらうための簡単な計算式ですが、この法則を知るか知らないかではあなたの投資に大きな影響が出ます。「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、「うまい話」に騙されないための投資の基礎知識を解説します。
改めて考える「資産運用の三特性」 〜あなたに合った投資方法を見つけるために〜
資産運用における“三特性”をご存知でしょうか。投資の基本でありながら、意外と知られていないこの三つの特性。あなたが自分にピッタリの投資方法を見つけるための大きな手がかりとなる知識です。自ら賃貸経営を行う 「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、「資産運用の三特性」を解説します。

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP プロフィール/ご挨拶 料金体系について 面談場所について ご相談事例 お客様の声