不動産投資/アパート経営のご相談はFPグリュックへ!

「人生の三大資金」とは? 〜ライフプランで考える人生の予算の使い方〜

「人生の三大資金」をご存知ですか?

「人生の三大資金」という言葉をご存知でしょうか?

 

日々の生活にお金が必要なのはもちろんですが、その中でも「ライフプラン」という長いスパンで考えた時に、とりわけ大きな資金が必要となるものが三つあると言われています。それが「人生の三大資金」であり、その人のライフプランに大きな影響を与える要素となります。

 

このことは逆の考え方をすれば、この「三大資金」をどう捉えるかによって、その人のライフプランの形が決まってくるとも言えるでしょう。

 

その意味では“ライフプランの中核”とも考えられる「人生の三大資金」。

 

今回は「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、ライフプランのキャッシュフロー表を通して、この三大資金を解説していきたいと思います。


「人生の三大資金」とはこの3つ!

人生の「三大資金」とは次の3つを指します。

 

・住宅資金
・教育資金 
・老後資金

 

どれも人生において大きなお金がかかる要素ですが、それぞれをどう考えるかについて「正解」はありません。考え方は人それぞれで、逆に言えば、決まった答はなくてもその人にとっての「正解」はあると言えます。

 

キャッシュフロー表の話をする前に、まずはそれぞれにどんな捉え方があるのか考えてみましょう。

 

「住宅資金」を考える

ファイナンシャルプランナーが受けるご相談の中で、最も多いものの一つが「自分にあった住宅予算はいくらでしょうか?」というものです。中には新築マンションのギャラリーで太鼓判を押されたものの、心配になってご相談にくる方もいらっしゃいます。

 

確かにマンションの営業マンが押す太鼓判は、あくまで「今の年収で住宅ローンが組めますよ」という意味です。決して「今後長きにわたって無理なくローンを返していけますよ」という意味ではありません。

 

マンションの営業マンではなく、ファイナンシャルプランナー(FP)の視点で考えれば、住宅予算はそれ単体で考えるのではなく「ライフプラン」の一部として他の要素も考慮しながら検討する必要があるのです。

 

また、購入価格だけでなく住宅に対するアプローチ方法も視野を広く保つことが大切です。

 

例えば、マンションがいいのか、一戸建てがいいのか。新築がいいのか、中古がいいのか。あるいは、そもそも買ったほうがいいのか、賃貸のままがいいのかという選択もあるでしょう。

 

これらの選択肢にはもちろんその人の価値観が反映されますが、ランニングコストの面でもメリットとデメリットがあります。

 

「自分にあった住宅はどういったものなのか」を考えることは、ライフプランに大きな影響を与える要素です。

 

「教育資金」を考える

若いご夫婦からライフプランのご相談を受けると、まだ生まれていないお子様の教育コースのお話になることがあります。

 

そんな時は「まだ決まってないよ〜」というお声をいただくことが多いのですが、これはごもっともなご感想です(笑)。

 

しかしながら、お子様の教育コースがライフプランに大きな影響を与えるのも、これまた事実です。極端な例で言えば、もしお子様をお医者さんにしたいのであれば、かなり早い段階で資金計画を練らなくてはなりません。

 

お子様自身の意思もありますので、なにも生まれる前から教育コースを決定する必要はありませんが、方向性だけでもご夫婦で話し合っておくというのはとても重要です

 

また、最近増えているのが「奨学金」に関するご相談です。

 

現在働いている方でご自身の奨学金の返済を行なっている方はかなり多いのですが、その奨学金がライフプランに暗い影を落とすこともあります。実際にあった例では、奨学金返済のために希望の金融機関で住宅ローンを組めなかったこともありました。

 

もちろん教育資金を考える時に奨学金は選択肢の一つとなってくるわけですが、自分ではなくお子様のライフプランへ影響することでもありますので、慎重な対応が必要です。

 

「老後資金」を考える

最近話題のキーワードである「下流老人」。

 

マスコミでもよく目にするこの言葉は、「一億総中流社会」を生きてきたはずの今の高齢者が、気がついたら生活が苦しい「下流」になっていたことを表すものですが、老後問題自体はなにも最近になって始まったわけではありません。

 

当たり前の話ですが、昔から定年退職はあり、その後は給料をもらえない「老後」が存在していたのですから、基本的な構造は現在と変わりありません。

 

ただし、高齢者を取り巻く状況は大きく異なります

 

以前であれば、国民の多くは終身雇用を前提とした企業で働き、定年退職する時にはまとまった退職金を手にしていました。さらに老齢年金の給付額も今より多かったために貯金の減りも緩やかで、仕事を辞めた後も退職金を切り崩していけばなんとかなったご家庭も少なくなかったのです。

 

つまり、自分の意思で何か特別な準備をしていなくても大半の方が無事に老後生活を送れた、そんな時代が過去には確かに存在したのです。

 

しかし現在は違います。退職金制度そのものがない企業も珍しくありません。

 

あまり意識されている方は少ないのですが、退職金がある企業の年収500万円と退職金がない企業の年収500万円は同じではありません。

 

退職金とは、ある意味「給与の後払い」制度です。仮に40年勤めて2000万円の退職金を受け取ったとするならば、その人は毎年50万円(2000万円÷40年)の給与を会社に預けていたのとイコールです。

 

その点を踏まえずに、現在の年収だけを考えてライフプランをたててしまうと、老後に痛烈なしっぺ返しを食らうことになります。

 

さらに老齢年金は今後明るい材料がありません。国の財政状況を考えれば、給付金額・給付開始時期共にこれからより厳しくなっていくと考えるのが妥当でしょう。

 

昔のように「だいたいの人がなんとかなった」時代は過ぎ去り、現在は既に「老後は自助努力でなんとかする」時代に突入しているのです。

最も多いライフプランの形とは?

三大資金の概要が掴めたところで、この三つの要素をキャッシュフロー上で考えてみましょう。

 

 

 

上の図は現代のご家庭で起こりうる典型的なケースの一つと言えます。

 

退職するまではなんとか家計が回ったものの、退職後に急激にキャッシュフローが悪化しているのがよく分かります。

 

三大資金の観点で見てみると
「住宅ローンはなんとか払い終わった…。子供もなんとか大学を卒業した…。でも、気がついたから自分たちの老後資金が残ってなかった…
というパターンです。

 

実はライフプランのご相談を受ける中で、非常に多いのがこのパターンです。

 

特に最近では晩婚化が進んでいますから、40才から「住宅」「教育」「老後」の全ての資金を同時に用意しなければならないというケースも珍しくありません

 

そうなると、とりあえず目の前に迫る住宅資金と教育資金で精一杯になってしまい、なんとかそれをクリアしたものの、そのシワ寄せが自分たちの老後にきた…という結果になってしまうのです。

ライフプランは「三大資金」を並び立たせるもの

こうして改めて考えてみると、人生において長期的な展望がいかに大事かが分かります。

 

人生にかかるお金はそれぞれが独立しているわけではなく、お互いに密接に影響し合っているからです。

 

もちろん、未来は変わるものです。ライフプランを作ったからと言って、その通りに物事が進むとは限りません。

 

しかし、こうしてキャッシュフロー表を作ることで「将来を予測をして、それに備えることの大切さ」をライフプランが教えてくれると言って良いはずです。

 

言い方を変えれば、ライフプランの成功点は「住宅・教育・老後の三大資金を並び立たせること」にあるのかもしれません。

 

当然ですが、そのやり方は人それぞれ。ライフプランであなたの人生の資金計画を練ることで、自分にあった方法が見えてくるはずです。


(2016/06/08 文責:佐野純一)

関連テーマのページ


〜マネー設計が開く、幸運のトビラ〜

「ファイナンシャルプランナーって何をする人なんだろう?」
「興味はあるけど何を相談したらいいか分からない…」
「どんなことができるのか、まずはちょっと話を聞いてみたい」

 

そんなあなたのために“初回無料相談”を実施中です。

 

 

実際にコンサルティングをご利用いただいたお客様の声をご紹介しています。

 

よく読まれている人気記事



関連ページ

「FP無料相談」の知られざるカラクリ 〜中立公正なFPなんて存在しない?〜
巷には「ファイナンシャルプランナー(FP)無料相談」が溢れています。しかし、その裏には相談者の意図を無視した本当の狙いが隠されています。 自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、無料相談のカラクリを解説します。
ライフプランは「幸福へのカギ」! 〜その劇的ビフォーアフターとは?〜
「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)にとって、「ライフプラン」はコンサルティングの基本となる概念。「ライフプラン」になにができるのか? なぜ「ライフプラン」があなたを悩みから解放してくれるのか? ファイナンシャルプランナー(FP)だからこそできる解決方法を徹底解説します!
FPはお金持ちのために存在する? 〜“お金の相談”をする時に本当に必要なもの〜
ファイナンシャルプランナー(FP)は「お金持ち相手の商売」だと誤解されています。しかし、お金は全ての人に関係のあるもの。“お金の相談”は一部の人だけのものではありません。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、“お金の相談”に本当に必要なものをお教えします。
「無料セミナー」こそコストのムダ 〜無料(タダ)の裏側をご紹介します!〜
世の中には様々な形の「無料セミナー」が溢れています。しかし、無料セミナーに参加することであなたは何かを得るどころかとても大事なものを失っています。自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、無料セミナーの裏側を解説します。
“お得”が好きな人ほど要注意! 〜「正解」×「正解」=「不正解」?〜
世の中に「お得なこと」が嫌いな人はあまりいません。しかし、「お得」もやりすぎると時には逆効果になることも。「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、ライフプランにおける「お得」を解説します。
「フリーランス」に「ライフプラン」は必要ない? 〜個人事業主こそ人生設計を〜
「個人事業主にライフプランは必要ない」という声がありますが、果たして本当にそうでしょうか。自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、「フリーランスだからこそライフプランが重要な理由」を解説します。
本当に相談すべきFPの条件とは? 〜専門家という名のFPもどきに御用心〜
「いざ相談」となると、誰に相談しようか悩む方も多いはずです。それにはファイナンシャルプランナー(FP)という仕事の認知度の低さも関係してるのかもしれません。自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、モノ売りではない「本当に相談すべきFPの姿」を解説します。
誰でも上手に貯金ができる方法 〜あなただけの貯金計画書を作ろう〜
しなくちゃいけないのは分かっているけど、なかなかできないのが「貯金」です。貯金をするためにはどうすればいいのか? 自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、誰でも上手に貯金ができる方法を解説します。
改めて考える「贅沢」の意味 〜ライフプランに影響を与えるその考え方〜
「そんなに贅沢しているつもりはないんですが…」 ライフプランで思わぬ結果が出るとこうおっしゃる方がいます。ではその“贅沢”の基準とはなんでしょうか? 自ら賃貸経営を営む「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、ライフプランに大きな影響を与える“贅沢”の考え方を解説します。
FPはやっぱり“お金持ち”? 〜誤解から考える「相談すべきFP」の見分け方〜
「“お金のプロ”であるファイナンシャルプランナー(FP)はきっとお金持ちに違いない!」 そんな思い込みに囚われている人がいます。しかしながら、「お金儲け」が得意な人間がコンサルタントに向いているとは限りません。自ら賃貸経営を営む「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)“が、あなたが本当に“相談すべきFP”の見分け方を解説します。
FPが考える“格差社会”の正体 〜本当の問題は「貧富の差」ではない〜
今の日本は「格差社会」だという声を良く聞きます。格差とは主に「貧富の差」を指す言葉ですが、「“お金の相談”の専門家」であるファイナンシャルプランナー(FP)から見ると、違う意味の「格差」が浮かび上がってきます。自ら賃貸経営を営む「現役大家FP」がその理由を解説します。
「あればあるだけお金を使う人」の末路 〜貯金ができない人のライフプランとは?〜
「貯金ができない…」。世の中にそう悩んでいる人はたくさんいます。多くの場合が「あればあるだけお金を使ってします人」で、実は自分自身も不安を感じながらそこから抜け出せない状態が続いています。「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、問題解決のための「はじめの一歩」を解説します。

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP プロフィール/ご挨拶 料金体系について 面談場所について ご相談事例 お客様の声