不動産投資/アパート経営のご相談はFPグリュックへ!

改めて考える「贅沢」の意味 〜ライフプランに影響を与えるその考え方〜

改めて「“贅沢”とはなにか」を考える

「あなたにとって“贅沢”とはなんですか?」

 

こんな質問をされたら、あなたならどう答えるでしょうか?

 

ファイナンシャルプランナーとしてライフプランのご相談を受ける時、しばしばこの問題に遭遇します。

 

遭遇する時は残念ながらあまり楽しいお話ではない場合の方が多く、例えばライフプランを検証した結果キャッシュフローがマイナスになった場合に、多くのご相談者の方がこう口にするのです。

 

「特に贅沢しているつもりもないんですが…」

 

ご本人としては想像を下回る厳しいライフプランを突きつけられた時に咄嗟に出てしまう言葉なのかもしれません。自分が思いもよらなかった結果が出てしまったら、そう言いたくなる気持ちもよく分かります。

 

実はこの“贅沢 ”という考え方が、今後のライフプランを改善していく過程に大きな影響を与えます

 

いつも私が面談の時に言っていることですが、初めから完璧なライフプランが出来上がる人などいません。大切なのは始めに作ったライフプランに一喜一憂することではなく、検証したライフプランを「どう良くしていくか」なのです

 

今回はその鍵となる“贅沢”という言葉の意味を、「お金の相談のプロ」ファイナンシャルプランナーと一緒に考えてみましょう。


“贅沢”は“普通”の裏返し?

人はどんな時に「贅沢したなー!」と感じるのでしょうか。

 

いくつか考え方はあると思いますが、一般的なのは“いつも”や“普通”と違うお金の使い方をした時でしょう。

 

しかし、この“いつも”や“普通”は人のよって当然のように違います。

 

例えば、いつも500円のランチを食べている人がたまに1000円のランチを食べたらその人にとっては“贅沢”ですが、普段から1000円のランチを食べている人にとってはそれは“普通”になってしまうわけです。

 

ということは、その人の“普通”がどうやって形成されているのかで、その人の“贅沢”も変わってくると言えるでしょう。

 

“贅沢”を読み解くためには、まずは「普通とはなにか」を考えてみる必要がありそうです

 

その人にとっての“普通”のお金の使い方はどうやって決められるのか。

 

これまでいろいろな方のご相談を受けてきた経験の中から、以下の3つのパターンに大別できるように思います。

@自分が育ってきた環境と比べる

まずは、自分の育ってきた家庭環境がその人の“普通”となるケースです。

 

自分の家庭で普通に行われていたことが実はかなり特殊だったと、大人になってから気付くような話はよく聞きますが、そのくらい育ってきた環境はその人の“普通”に大きな影響を与えます。

 

FPとしてご相談を受ける時、ご夫婦でお金の使い方の意見が合わないような案件も多くありますが、そうした場合もこの「育ってきた環境の差」にその原因があることもあります。

 

これはどちらが良い悪いというお話ではありませんが、気をつけたいのが「自分たちの親世代とは社会環境が全く異なっている」という事実です。

 

経済成長率は言うに及ばす、企業雇用や年金制度のあり方もまったく違います。

 

ほとんどの変化は残念ながら悪いほうに変わっていますから、あまり自分たちの親世代を基準にすると後で「こんなはずじゃなかった…」ということになってしまうかもしれません。


A同世代・同業種と比べる

もう一つ多いのが、同世代と比べて“普通”を推し量るやり方です。

 

同じような年齢であれば家族構成も似たようなものになることも多いですし、同じ会社や同業種であれば給与水準にも大きな差はないでしょう。

 

そんな人同士がお互いを比べ合って「あそこと同じような暮らしだから“贅沢”ではない」と思っているような例は珍しくありません。

 

ただし、とかく日本はお金のことを秘密にする文化がありますから、外側から見えているものが真実とは限りません。

 

同じような年齢や家族構成でも共働きか否かでキャッシュフローは全然変わってきてしまいますし、実家からの援助の有無も家計に大きな影響を与えます。特に住宅予算などは、親からの援助で予算が大きく変わってしまう典型的な例です。

 

さらに最も重要なことが、「そうして比べ合っている人たちの中に正解がいるとは限らない」ということです。

 

同世代だけで比べていると、結局最後まで誰もゴールを知らないままでの比較となってしまいます。結果としてどちらも間違っていた…という可能性は十分にあるのです。

B自分の欲望と比べる

3番目は自分の欲望と戦いながら、“普通”を模索するパターンです。

 

こう書くと少し特殊な例に聞こえるかもしれませんが、要するに「欲しいものは色々あるけれど、それを我慢しているのだから自分は“贅沢”していない!」という考え方です。

 

人間が生活していればいろいろと欲しいものが出てくるでしょう。もっと美味しいものも食べたいし、海外旅行をしたいと思うこともあるはずです。

 

ただ、「確かな根拠はないけれど、そうした思いを全て欲望のままに実行してはさすがにマズいはず…」と感じて自分でブレーキをかける人が大多数です(中にはブレーキを持ち合わせていない人もいますが-苦笑)。

 

すると、そこに「欲望にブレーキをかけている自分のお金の使い方は“普通”なんだ」という、ある種逆説的な発想が生まれるわけです。

 

理屈で考えるとおかしく感じますが、現実にはこうした基準で考えている人は少なくありません。もしかしたら、あなたの周りにもこんな人がいるのではないでしょうか?


正解はライフプランの中に!

では、ファイナンシャルプランナーが“普通”を考えるとどうなるのでしょうか。

 

やはりFPですから、人生のお金の収支をシミュレーションした「ライフプラン」がその判断基準になってくると思います。

 

ライフプランの詳しい説明はここでは省きますが、端的に言えばFPとしては「ライフプランが成立していれば“普通”」と考えるべきだと思っています。

 

ライフプランが成立していれば、その家庭はお金をしっかりコントロールして収入にふさわしい支出をしていることになります。つまり、この場合の“普通”とは「人生において得られる収入に見合ったお金の使い方をしている」という意味です。

 

逆にライフプランが成立していなければ、これは“贅沢”と言えるでしょう。

 

本人の考え方がどうであれ、老後に破綻してしまうようなライフプランでは、収入に見合った支出とは到底言えないからです。

 

もしかしたら、ライフプランで考える“普通”は上でご紹介した3パターンのどの“普通”とも開きがあるかもしれません。中にはライフプラン上の“普通”が想像以上に低い水準のため、それを受け入れられない人もいます。

 

ただ「お金の相談のプロ」であるファイナンシャルプランナーとしては、相談者の方に客観的な根拠を示す必要があります。

 

それは親世代や同年代を比較するのではなく、ましてや我慢しているかどうかの問題でもなく、人生における収支をシミュレーションするライフプランなのです。


問題は何が問題か分かれば半分解決したも同然

誰でもお金の問題と向き合うのは勇気がいるもの。

 

漠然とした不安を密かに抱えながらも解決策を考えられずにいるのは、仕事に忙殺されている日常ではある意味では当然なのかもしれません。

 

ですから、私はセミナー等で皆さんにこんな言葉を贈っています。

 

「問題は何が問題か分かれば半分解決したも同然」

 

不安を解消するために行き当たりばったりの小手先の対応をしても、根本的な解決とはなりません。

 

少し言葉は厳しいですが、それは「何もしないよりマシ…」と自分を偽って現実から逃げているだけなのです。

 

不安を抱えながら生きていくのは、決して楽しいことではありません。恐れずに「自分のお金」と真剣に向き合うことで、必ず解決策は見えてきます。

 

あなたもぜひ一度「自分のお金」について考えてみてください。


(2017/10/25 文責:佐野純一)

関連テーマのページ


〜マネー設計が開く、幸運のトビラ〜

「ファイナンシャルプランナーって何をする人なんだろう?」
「興味はあるけど何を相談したらいいか分からない…」
「どんなことができるのか、まずはちょっと話を聞いてみたい」

 

そんなあなたのために“初回無料相談”を実施中です。

 

 

実際にコンサルティングをご利用いただいた
お客様の声をご紹介しています。

 

 

 

よく読まれている人気記事



関連ページ

「FP無料相談」の知られざるカラクリ 〜中立公正なFPなんて存在しない?〜
巷には「FP無料相談」が溢れています。その裏に隠された本当狙いとは? 自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、無料相談のカラクリを解説します。
ライフプランは「幸福へのカギ」! 〜その劇的ビフォーアフターとは?〜
ライフプランはファイナンシャルプランナーの考え方の基本となる概念。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、FPだからこそできる解決方法を徹底紹介します!
FPはお金持ちのために存在する? 〜FPに相談する時に本当に必要なもの〜
ファイナンシャルプランナーはお金持ち相手の商売だと誤解されています。しかし、お金は全ての人に関係のあるもの。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、お金の相談に本当に必要なものをお教えします。
「人生の三大資金」とは? 〜ライフプランで考える人生の予算の使い方〜
人生の三大資金をご存知でしょうか? ライフプランを考える上でとても重要になるこの要素。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、お金の不安がないライフプランを建てるために必要なことをお教えします。
「無料セミナー」こそコストのムダ 〜無料(タダ)の裏側をご紹介します!〜
世の中には様々な形の無料セミナーが溢れています。しかし、無料セミナーに参加することであなたはとても大事なものを失っています。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、無料の裏側を解説します。
“お得”が好きな人ほど要注意! 〜「正解」×「正解」=「不正解」?〜
お得なことが嫌いな人はいません。しかし、お得もやりすぎると逆効果になることも。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、ライフプランにおけるお得を解説します。
「フリーランス」に「ライフプラン」は必要ない? 〜個人事業主こそ人生設計を〜
個人事業主にライフプランは必要ないという声がありますが本当でしょうか。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、フリーランスだからこそライフプランが重要な理由を解説します。
本当に相談すべきFPの条件とは? 〜専門家という名のFPもどきに御用心〜
「いざ相談」となると、どんなファイナンシャルプランナーに相談しようか悩む方も多いはずです。それにはFPという仕事の認知度の低さも関係してるのかもしれません。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、FPが考える本当に相談すべきFPの姿を解説します。
誰でも上手に貯金ができる方法 〜あなただけの貯金計画書を作ろう〜
しなくちゃいけないのは分かっているけど、なかなかできないのが「貯金」です。貯金をするためにはどんな考え方をすればいいのか? 自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、誰でも上手に貯金ができる方法を解説します。
FPはやっぱり“お金持ち”? 〜誤解から考える「相談すべきFP」の見分け方〜
「“お金のプロ”であるファイナンシャルプランナーはきっとお金持ちに違いない!」 そんな思い込みに囚われている人がいます。しかしながら、「お金儲け」が得意な人間がコンサルタントに向いているとは限りません。“お金の相談のプロ”である「現役大家FP」が、あなたが本当に“相談すべきFP”の見分け方を解説します。
FPが考える“格差社会”の正体 〜本当の問題は「貧富の差」ではない〜
今の日本は「格差社会」だという声を良く聞きます。格差とは主に「貧富の差」を指す言葉ですが、「“お金の相談”の専門家」であるファイナンシャルプランナー(FP)から見ると、違う意味の「格差」が浮かび上がってきます。「現役大家FP」がその理由を解説します。

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP プロフィール/ご挨拶 料金体系について 面談場所について ご相談事例 お客様の声