不動産投資/アパート経営のご相談はFPグリュックへ!

「2000万円問題」は大きなお世話? 〜喜んでいるのはセールスマンだけ〜

実は論点がズレている「2000万円問題」

「老後資金2000万円問題」

 

2019年6月、金融審議会が発表した「市場ワーキング・グループ報告書」の中で、「平均的な老後の生活には支給される年金の他に約2000万円が必要」という記載がありました。

 

この文言がすぐに日本中を巻き込む大騒動に発展し、政府の対応を批判するデモが行われたり、参議院選挙を控えた与党が火消しに躍起になる姿が連日報道されたりしたのは記憶に新しいところです。

 

ただ、世の中の騒ぎをよそに、我々ファイナンシャルプランナー(FP)のように日頃からお金の問題に触れている人間の間では、冷静な受け止め方をしている場合がほとんどでしょう。

 

我々にとっては全身が脱力してしまうほどに“今更感”のある話題だったからです。

 

さらに言えば、この「老後資金2000万円問題」、個人的にはかなり“大きなお世話”と感じています。全くもって“無意味な議論”と言っても決して過言ではありません。

 

「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)である私にとって、なぜこの議論はまるで意味をなさないものなのでしょうか。

 

今回のコラムでは、その理由と「老後資金2000万円問題」の“本当の罪”を解説します。


新しい情報がないのに驚くほうが不思議!

まずは日頃からお金の問題に接している人たちが、この問題を冷静に受け止めている理由から説明します。

 

それは「今回の報告書にはなにひとつとして新しい情報がない」からです。

 

例えば、今回の報告書で「これから支給される年金の額が減少する」という発表がされたのであれば私も驚きます。それは、これまで作ってきた全てのライフプランに変更が余儀なくされるほど大きな問題となるでしょう。

 

しかしながら、今回「2000万円不足する」という報告の元になっている各種の数字は以前から公表されていたもの。その数字を元に一般的なモデルケースの計算を行ったに過ぎません。作業自体は、ファイナンシャルプランナー(FP)が日常的に作成しているライフプランとなんら変わることがないのです。

 

そう、だから我々ファイナンシャルプランナー(FP)はずっと前から知っていたのです。

 

多くの家庭において老後資金が不足するというのが、なにも今に始まった問題ではないことを。もう何年も前から、そんなライフプランは数多く存在していました。

 

ですから今になって既存の数字を使って「老後資金が2000万円不足する」と言われても、その内容に驚くことはできません。

 

むしろ、あまりに当たり前のことを急に声高に叫ばれたこと、そしてそれを受けて大騒ぎする人が多いことの方にビックリします。


「2000万円」という数字に意味はない?

今回、騒動が大きくなった原因の一つに、不足する額として「2000万円」という具体的な数字が示されたことがあると思います。
それぞれの人が我が身に「2000万円」という数字を当てはめることによって、受ける衝撃の度合いが増したわけです。

 

最終的には「2000万円」という数字が一人歩きして騒動を大きくした感はありますが、
実はこの「2000万円」こそ、私がこの問題を“大きなお世話”と感じる最大の要因でもあります。

 

ここで改めて考えてみてください。今、自分自身を取り巻くお金のことを。

 

自分が働いて入ってくるお金も、反対に日々の生活で出て行くお金も、それぞれその人なりの事情があります。

 

この世に自分とまったく同じお金の流れをする人など存在はせず、その意味でお金の事情はまさに“人それぞれ”のはずです。

 

一例を挙げれば、老後に受給する年金の額もその人によってかなり差が出てきます。

 

ずっと自営業者として仕事をしてきた人であれば、加入してきたのは国民年金だけ。会社員として勤め上げた人(ずっと厚生年金に加入してきた人)に比べると、年間で受給できる年金額は半分から1/3程度になってしまいことが多いでしょう。

 

どうでしょうか。それでも「ずっと自営業者だった人」と「ずっと会社員だった人」は、両者とも老後資金の不足額は「2000万円」でしょうか。そんな計算にならないのは誰の目にも明らかなはずです。

 

老後資金に限らず、自分を取り巻くお金のことはそれぞれの自分の事情で計算すれば良いものです。

 

逆に言えば、他人の事情や全体の平均値でいくら考えても、それ自体にはなんの意味もありません

 

ですから、十把一絡げに「老後資金が2000万円足りない!」と決めつけるのは実に乱暴な議論ですし、そしてなによりも“大きなお世話”であるはずです。


「年金制度」の本当の役割を知ろう

この「老後資金2000万円問題」がいわゆる“炎上”してしまった背景には、国民の年金制度に対する誤解があるように思います。

 

いきり立っている人の中には「ちゃんと年金を払っているのに、その上で2000万円を用意しろって言うのか!」という論調が多いからです。

 

ここでハッキリさせておきたいのですが、年金とは決して「貯金」ではありません

 

「未来の自分に対する貯蓄」というイメージを持っている人が非常に多いのですが、これは年金制度を根本的に勘違いしています

 

日本の年金制度とは、一言で言えば「保険」です。しかも、誤解を恐れずに言えば、現在の日本において“最強の保険”と呼べるはずです。

 

一般的に「年金」というと老後にもらうお金のイメージが強いのですが、これは「老齢年金」といって年金制度のほんの一部に過ぎません。

 

年金制度は、一家の働き手が亡くなった時に遺族に支払われる「遺族年金」、障害を持った時に本人に支払われる「障害年金」、これに「老齢年金」が加わった3つの柱で構成されています。

 

つまり、老後にもらう老齢年金は大まかに言って年金制度が担う機能のわずか1/3に過ぎないのです。


年金は“最強の保険”?

突然ですが、ここで問題です。

 

もし年金が一部の人が思っているように「払ったお金が老後に返ってくる」という仕組みだとしたら、「遺族年金」や「障害年金」の原資はどこから捻出されるのでしょうか?

 

みんなから集めた資金の運用益から?

 

もちろん、そうして補填をしている部分もあるでしょう。

 

しかし、「遺族年金」や「障害年金」は「運用益が出なかったから払えません」で済むものではありません。社会保障の面から考えれば、むしろ運用損が出たとしても率先して配給するべきでしょう。

 

そう考えれば、老齢年金で自分が支払った金額が戻ってこなかったとしてもなんの不思議もありません。

 

逆に、民間の生命保険は保険料が掛け捨てになるのが当たり前なのに、年金という名の「保険」にそれが許されないという考えの方が不自然です。

 

しかも、老齢年金は生きている限りお金を受け取れる仕組みです。民間保険会社の年金保険(いわゆる「個人年金」)は支払われる期限があるものがほとんどですから、保険のしての両者の性能にはかなり開きがあります。

 

これに加えて、「死亡保障(遺族年金)」や「障害保障(障害年金)」がセットでついてくるわけですから、これはかなりお得な保険です。

 

私が年金制度を“最強の保険”と呼ぶのもあながち大げさではないということが、お分りいただけると思います。


「2000万円問題」の本当の罪

残念ながら、「老後資金2000万円問題」がここまで大きな騒ぎとなったのは、国民の年金制度に対する理解が浅いことがその一因です。

 

さらに掘り下げれば、日本ではお金に対する教育がほとんど行われないことが問題の根底にあるわけですが、教育制度の改革が一朝一夕では期待できない以上、個人個人がそれぞれ自分の金融リテラシーを高めていくしかありません

 

今、「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)として私が危惧しているのが、この「老後資金2000万円問題」をキッカケに各種金融商品の強引な売り込みが増えてしまうことです。

 

ご丁寧にも国が国民全体の不安を煽ってくれたわけですから、これは金融商品のセールスマンにとっては千載一遇のチャンス。実際に「老後資金は2000万円不足する!」をキーワードにした様々な金融商品の広告を目にするようになってきました。

 

この状況は、2015年に相続税が増税になった時を彷彿させます。その時にはアパート建設会社が増税を切り口に全国の地主に営業攻勢をかけ、その結果、賃貸として需要のないアパートがいたるところに完成しました

 

今回も老後資金に不安を感じた人がセールスマンの営業文句に乗っかってしまい、よく分からない運用に手を出した挙句、より事態を悪化させることが懸念されます

 

これこそが「老後資金2000万円問題」の“最大の罪”と言えるでしょう。

 

繰り返しになりますが、自分のお金は自分で考えるもの

 

「老後資金としていくら用意しておけば良いか」も結局は自分で決めれば良いことで、一緒くたに「2000万円足りない!」などと言われるのは“大きなお世話”以外の何物でもありません。

 

私の経験上、人の不安を煽って買わせるような金融商品ほどろくなものはないと断言できます。

 

世の中の様々な雑音に過剰に反応することなく、まずは自分のお金とじっくり向き合うことから始めてみましょう


(2019/08/21 文責:佐野純一)

よく読まれている人気ページ

著書のご案内

関連テーマの記事


〜マネー設計が開く、幸運のトビラ〜

「ファイナンシャルプランナー(FP)って何をする人なんだろう?」
「興味はあるけど何を相談したらいいか分からない…」
「お金の不安、誰に相談すればいいんだろう?」
「どんなことができるのか、まずはちょっと話を聞いてみたい」

 

そんなあなたのために“初回無料相談”を実施中です。

 

 

実際にコンサルティングをご利用いただいたお客様の声をご紹介しています。

 

アクセス数の多い記事




関連ページ

「FP無料相談」の知られざるカラクリ 〜中立公正なFPなんて存在しない?〜
巷には「ファイナンシャルプランナー(FP)無料相談」が溢れています。しかし、その裏には相談者の意図を無視した本当の狙いが隠されています。 自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、無料相談のカラクリを解説します。
ライフプランは「幸福へのカギ」! 〜その劇的ビフォーアフターとは?〜
「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)にとって、「ライフプラン」はコンサルティングの基本となる概念。「ライフプラン」になにができるのか? なぜ「ライフプラン」があなたを悩みから解放してくれるのか? ファイナンシャルプランナー(FP)だからこそできる解決方法を徹底解説します!
FPはお金持ちのために存在する? 〜“お金の相談”をする時に本当に必要なもの〜
ファイナンシャルプランナー(FP)は「お金持ち相手の商売」だと誤解されています。しかし、お金は全ての人に関係のあるもの。“お金の相談”は一部の人だけのものではありません。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、“お金の相談”に本当に必要なものをお教えします。
「人生の三大資金」とは? 〜ライフプランで考える人生の予算の使い方〜
「人生の三大資金」をご存知でしょうか? 「人生の予算書」であるライフプランを考える上で、とても重要になるこの要素。自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、お金の不安がないライフプランを建てるために必要なことをお教えします。
「無料セミナー」こそコストのムダ 〜無料(タダ)の裏側をご紹介します!〜
世の中には様々な形の「無料セミナー」が溢れています。しかし、無料セミナーに参加することであなたは何かを得るどころかとても大事なものを失っています。自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、無料セミナーの裏側を解説します。
“お得”が好きな人ほど要注意! 〜「正解」×「正解」=「不正解」?〜
世の中に「お得なこと」が嫌いな人はあまりいません。しかし、「お得」もやりすぎると時には逆効果になることも。「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、ライフプランにおける「お得」を解説します。
「フリーランス」に「ライフプラン」は必要ない? 〜個人事業主こそ人生設計を〜
「個人事業主にライフプランは必要ない」という声がありますが、果たして本当にそうでしょうか。自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、「フリーランスだからこそライフプランが重要な理由」を解説します。
本当に相談すべきFPの条件とは? 〜専門家という名のFPもどきに御用心〜
「いざ相談」となると、誰に相談しようか悩む方も多いはずです。それにはファイナンシャルプランナー(FP)という仕事の認知度の低さも関係してるのかもしれません。自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、モノ売りではない「本当に相談すべきFPの姿」を解説します。
誰でも上手に貯金ができる方法 〜あなただけの貯金計画書を作ろう〜
しなくちゃいけないのは分かっているけど、なかなかできないのが「貯金」です。貯金をするためにはどうすればいいのか? 自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、誰でも上手に貯金ができる方法を解説します。
改めて考える「贅沢」の意味 〜ライフプランに影響を与えるその考え方〜
「そんなに贅沢しているつもりはないんですが…」 ライフプランで思わぬ結果が出るとこうおっしゃる方がいます。ではその“贅沢”の基準とはなんでしょうか? 自ら賃貸経営を営む「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、ライフプランに大きな影響を与える“贅沢”の考え方を解説します。
FPはやっぱり“お金持ち”? 〜誤解から考える「相談すべきFP」の見分け方〜
「“お金のプロ”であるファイナンシャルプランナー(FP)はきっとお金持ちに違いない!」 そんな思い込みに囚われている人がいます。しかしながら、「お金儲け」が得意な人間がコンサルタントに向いているとは限りません。自ら賃貸経営を営む「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)“が、あなたが本当に“相談すべきFP”の見分け方を解説します。
FPが考える“格差社会”の正体 〜本当の問題は「貧富の差」ではない〜
今の日本は「格差社会」だという声を良く聞きます。格差とは主に「貧富の差」を指す言葉ですが、「“お金の相談”の専門家」であるファイナンシャルプランナー(FP)から見ると、違う意味の「格差」が浮かび上がってきます。自ら賃貸経営を営む「現役大家FP」がその理由を解説します。
「あればあるだけお金を使う人」の末路 〜貯金ができない人のライフプランとは?〜
「貯金ができない…」。世の中にそう悩んでいる人はたくさんいます。多くの場合が「あればあるだけお金を使ってします人」で、実は自分自身も不安を感じながらそこから抜け出せない状態が続いています。「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、問題解決のための「はじめの一歩」を解説します。
このお金、使っちゃっても大丈夫? 〜あなたを“お金のストレス”から解放する方法〜
買い物をする時に「このお金、本当に使っちゃってもいいのかな…」と思う人も多いはず。現代人は常にそうした“お金のストレス”に悩まされています。自分で稼いだお金です。できることなら気持ちよく使いたいものでしょう。「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、あなたを“お金のストレス”から解放する方法を解説します。
不動産投資本の正体を暴く! 〜なぜ賃貸経営ノウハウ本は出版され続けるのか〜
「不動産投資に関する本っていっぱいあるなぁ」 と思うことありませんか? “本が売れない時代”と言われて久しい現在、賃貸経営の指南本が出版され続けるには「大人の事情」が存在します。自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、出版業界の裏側を解説します。
“テキトー”なライフプランはやめて! 〜販売促進ツールには限界がある〜
「ライフプラン」の知名度もだいぶ上がってきました。既に作ったことがある人も珍しくなくなってきましたが、作成する人によってはそこに大きな落とし穴が! 「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、販売促進ツールとしてのライフプランの限界を解説します。

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP プロフィール/ご挨拶 料金体系について 面談場所について ご相談事例 お客様の声