不動産投資/アパート経営のご相談はFPグリュックへ!

住宅ローンの前に予算を考えよう 〜「目安は年収の5倍」のウソ〜

自分に合った住宅の予算って?

「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)のところには、日々様々な相談が持ち込まれます。その内容はまさにケースバイケースですが、その中でも特に多いのがこんなご相談です。

 

「今度家を買おうと思っていますが、自分たちが買える住宅予算ってどのくらいですか?」

 

あるいは

 

「マンションギャラリーに行ったら予算的に太鼓判を押されましたが、本当に大丈夫でしょうか?」

 

一般的に“人生で一番大きな買い物”と言われる住宅。

 

しかしながらその予算の考え方はとても難しく、確たる根拠もないままなんとなくのイメージで決めてしまっている人も多いのが現状です。だからこそファイナンシャルプランナー(FP)のところに上記のような相談が持ち込まれるのでしょう。

 

それでは、こんなご相談を受けた時、ファイナンシャルプランナー(FP)はコンサルタントとしてどうやって答えを導き出すのでしょうか? 今回は、そんな「“お金の相談”の専門家」ならではのメソッドを大公開です!


住宅予算は早めに決めよう

まず、気をつけたいのが「予算を決めるタイミング」です。

 

家探しをどこから手をつけるかは人それぞれですが、予算の検討から入る人はあまり多くはないようです。

 

むしろ「めぼしい物件が見つかったので予算を確認したくて来ました」という方が多く、中には「明日契約なんですが、直前になって急に不安になりました…」とおっしゃる方も。「家を探し始める前に予算を決めたいと思って…」というご家庭はかなり少数派と言えそうです。

 

しかしながら、ファイナンシャルプランナー(FP)としてはなるべく早い段階で予算の目安を決めることをオススメしています。極論すれば、「最初に住宅予算を決めるのがベスト」と言っても良いでしょう。

 

なぜなら、予算を早めに決めておかないとそれまで家探しに費やしてきた苦労が無駄になる可能性があるからです。

 

実際に自分でやってみた方は口を揃えてこうおっしゃいます、「家探しは相当な重労働」だと。

 

毎週末のように休日を物件の内見に費やしますから、時間的にも体力的にもかなり消耗を強いられます。そんな状態が短くても数ヶ月、長ければ1年以上も続くわけですから、住宅探しのゴールが見えてくるころにはもうヘトヘトになってしまうのは当然です。

 

そんな風にしてやっとの思いで探しあてた物件が、契約直前に実は“予算オーバー”だと分かったらどうでしょうか?

 

それまでの努力が水の泡となるだけでなく、予算を変更してまた一から物件探しを行わなくてはなりません。最悪の場合、モチベーションが途切れ住宅購入を断念したなどという例もあります。

 

そうならないためにはどうすれば良いのでしょうか? そうです、始めから「予算ありき」で住宅を探していれば、そんな事態には陥らないはずです。

 

もちろん、物件が決まらなければ最終的な住宅価格は分かりません。それでも、初期の段階でおおよその住宅予算を決めておくことは、“あなたにとって”良い物件に巡り合うために大事な準備なのです。


その答えは「ライフプラン」!

さて、それではファイナンシャルプランナー(FP)がどうやって住宅予算を決めるかと言えば、その答えは「ライフプラン」です。

 

「ライフプラン」とは、言ってみれば“人生の予算書”のようなもの。これからの収入と支出を細かくシミュレーションすることで、その人の人生におけるお金の流れを設計します。

 

当たり前の話ですが、人生で使うお金は住宅だけではありません。住宅資金と合わせ「人生の三大資金」と言われる教育資金や老後資金を始め、生活していれば日々お金は出て行くものです。

 

例え現在の年収が同じだとしても、そのご家庭の家族構成やライフスタイルによってこれからのお金の流れは大きく変わってきます。ライフプランでは単年の収支を見るだけでなく、それを20年、30年と重ねていくことで、最終的にその家庭の貯蓄がどうなっていくかを検証します

 

ライフプランの役割はただ予想するだけではありません。むしろ、早いうちから危機を察することで余裕のある準備期間が作ることができるというのが大きなメリットの一つです。

 

住宅予算もそれ単体で考えるのではなく、「ライフプラン」という大きな枠組みの中で包括的に判断する必要があります。確かに住宅は“人生で一番大きな買い物”かもしれませんが、それでもライフプランを構成する数多くの要素のうちのたった一つに過ぎないからです。

 

もし、なんとか住宅ローンを払い終えたとしても自分たちの老後資金が残っていないようでは、やはりそれでは「適正な住宅予算」とは言えないのです。


マンションギャラリーの「大丈夫」は大丈夫じゃない

実際にライフプランを作って検証した結果、契約を考えていた物件が残念ながら予算オーバーとなってしまうこともあります。

 

そんな時、ご相談者から「マンションギャラリーでは全然大丈夫って言われたのに〜!」というセリフが飛び出すことも珍しくありません。

 

ご相談者にとっては意外かもしれませんが、私から言わせればこれはむしろ当たり前の結果です。マンションギャラリーで言われる「大丈夫」とファイナンシャルプランナー(FP)の「大丈夫」では、その意味合いが全く異なるからです。

 

マンションギャラリーでの「大丈夫」は、「大丈夫です。住宅ローンを組めますよ」という意味です。

 

住宅ローンの審査では、年間のローン返済額が年収の一定割合以下に収まっていること(これを「返済比率」呼びます)が融資可能の条件となります。簡単に言えば、その方の年収から「この人にはいくらまで貸せる」という限度額を決めるのです。

 

マンションギャラリーでは、この基準をクリアできることを「大丈夫」と表現しているのです。ライフプランから導きだした住宅予算とはギャップが出るのは、ある意味当然と言ってもいいでしょう。

 

私の経験上、この「返済比率ギリギリまで住宅ローンを組む」というケースでは、将来的にライフプランが厳しくなってくる可能性が高いと考えています。

 

その結果、「ローンを借りられたのはいいけれど、後になって返済の負担が重くなってきた…」という例は枚挙に暇ありません。最悪の場合、住宅ローンを返せずにせっかくのマイホームを手放さなければならなくなることもあるでしょう。

 

マンションギャラリーの担当者(これがファイナンシャルプランナーを名乗っていることが多いので厄介なのですが-苦笑)は、購入者の「ライフプラン」など気にもしません。

 

彼らの仕事は、購入希望者の中から「ローンが組めない人」をふるい落とし、「ローンが組める人」の背中を強烈に押しすることです。それは彼らが誰に雇われているのかを考えれば明らかです。


「年収の5倍が目安」はウソ!

住宅予算の話をしていると、たまにご相談者から「“年収の5倍が目安”って聞いたんですが…」と言われることがあります。

 

この「年収5倍説」は一種の都市伝説みたいなもので、私も何度かそうした内容の記事を読んだことがあります。

 

しかしながら、「ライフプラン」という観点で考えればこの説がウソだということは容易に想像がつきます

 

確かに年収の5倍が適正金額の方もいらっしゃるでしょう。でもそれはほんの一部。ライフプランを作って検討した結果、たまたまそうなっただけで全員が同じ答えになる訳ではありません。

 

前述のように、その家庭の家族構成やライフスタイルによっても変わってきますし、マンションか一戸建てかによっても変わってきます。住宅予算はまさに「その家庭によって違う」としか言いようがありません。

 

そんな中でも特に最近予算を決める要素として目立っているのが、「どのくらい“働ける期間”が残っているか」という点です。

 

一般的な住宅ローンは最長35年間で組むことができます。そして、ローンを払い終わる年齢は79歳までと決められています。つまり、44歳までであれば最長の35年間で住宅ローンを組むことができるのです。

 

とは言え、会社勤めの方であれば実際に働ける期間は65歳までがほとんどです。ローン自体は79歳まで組めたとしても、その返済原資となる給与収入が65歳で途絶えてしまえば、それ以降の負担は当然重くなるわけです。

 

このことはすなわち「現在の年収が同じでも、30歳からローンを組む人と40歳からの人では適正住宅予算は同じなワケがない」ことを意味しています。

 

その一方で、住宅ローン審査の返済比率は両者を同じ計算式で算出します。同じ年収であれば年齢に関係なく同じ金額の住宅ローンを組めますが、ローン期間中に得られる給与収入は同じではありません。働ける期間が10年短い分、40歳からローンを組む場合の方が後々苦しくなるのは自明の理と言えるでしょう。

 

繰り返しになりますが、住宅予算は他のお金の流れも含めて「ライフプラン」という大きな枠のなかで決めるべきものなのです。


最終的に予算を決めるのはあなたの「価値観」

「住宅予算をライフプランで決める」と言うと、もしかしたら数字ばかりの無味乾燥なイメージを持つ方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし私はコンサルタントとして「最終的に住宅の適正予算は、その家庭の“価値観”で決まる」と思っています。

 

確かにライフプラン自体は収入と支出という数字だけで形成されています。しかし、入ってくるものにしろ出ていくものにしろ、そのお金の流れには必ずその家庭の価値観が反映されています

 

今の生活水準で無理なく購入できる住宅予算を検討するのも良いでしょう。逆にどうしても手に入れたい物件があるのであれば、その家を買うためにはどうすれば良いかをライフプラン上で考えても良いわけです。

 

これはどちらが正解ということではなく、その家庭の価値観で決まるものです。住まいに対する優先順位をつけ、他の支出との兼ね合いを考えながら、家の予算を決めればよいのです。

 

その意味で、本当に大事なのは「自分たちの価値観が反映されたライフプランを作ること」と言えるでしょう。その先に「あなたとっての最適な住宅予算」、そして「理想の住宅の形」がきっと見えてくるはずです。


(2016/07/27 文責:佐野純一)

関連テーマのページ


〜マネー設計が開く、幸運のトビラ〜

「ファイナンシャルプランナーって何をする人なんだろう?」
「興味はあるけど何を相談したらいいか分からない…」
「どんなことができるのか、まずはちょっと話を聞いてみたい」

 

そんなあなたのために“初回無料相談”を実施中です。

 

 

実際にコンサルティングをご利用いただいたお客様の声をご紹介しています。

 

よく読まれている人気記事



関連ページ

「元利均等」と「元金均等」の違いとは? 〜大家に忍び寄る元金返済の恐怖〜
ローンの2つの基本形である「元利均等」と「元金均等」。両者の違いは一文字だけですが、その一文字の差が意外な違いを生み出すことも。自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、ローンの基本について解説します。
気になる「マンションの寿命」 〜マンションは“終の住処”となり得るのか〜
最近ではリノベーションに注目が集まっていますが、古いマンションを買うことにそこはかとない不安を覚える人も多いはず。実際のところ「マンションの寿命」とはどのくらいなのでしょうか。自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、意外と見落とされやすいマンションの耐久性を解説します。
「建ぺい率」と「容積率」を知ろう 〜収益アパート購入の基礎知識〜
その土地にどんな建物が建てられるかは「建ぺい率」と「容積率」で決まってきます。この二つの言葉知らないと、せっかく土地を手に入れても理想の家が建たないかもしれません。自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、建築のための基本知識を解説します。
「変動VS固定」はどっちがお得? 〜ローンを考える時に本当に大事なこと〜
「変動金利」か「固定金利」かで悩む人も多い住宅ローン。でも実はその前に「もっと悩むべきこと」があります。自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、モノを売らないコンサルタントとしての視点から住宅ローンを解説します。
繰上げ返済の本当の意味とは? 〜「お得」よりも重要な効果を考える〜
住宅ローンを組んでいる人の関心が高い「繰上げ返済」。その繰上げ返済の時、「期間短縮型」を選ぶ人がほとんどですが、果たして本当にそれが正解でしょうか? 自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、「お得よりも大事なこと」を解説します。
あなたは戸建派? マンション派? 〜コストで考える“正しい住まい”の選択〜
住宅購入の時、「マンションにするか」「一戸建てにするか」と悩む方も多いと思います。一般的には「好みの問題」とされるこの選択。コストの面で考えた時はどうなるのでしょうか。自ら賃貸経営を営む「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、ライフプランの観点から両者を比較します。
住宅予算ってどうやって決めているの? 〜やっぱり気になる他人の財布〜
「人生で一番大きな買い物」と言われる住宅。皆さんはどうやってその予算を決めているのでしょうか。自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、これまでの相談の中で出会ってきた一般的な考え方とその盲点を解説します。
客観的な意見はどこで聞ける? 〜第三者目線の住宅購入アドバイスとは〜
誰でも第三者目線の「客観的アドバイス」は受けたいもの。ところが、相談する相手を間違えるととんでもない結果に! 自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、モノを売らないコンサルタントの立場で、真の意味での「客観的なアドバイス」を解説します。
その住替え、本当に大丈夫ですか? 〜自宅を賃貸に出す時の注意点〜
住替えの際に「元の自宅を賃貸に出したい」というご相談を受けます。確かに家賃収入を得られて、なおかつ手放さなくて良いのであればそれに越したことはありません。しかが、そこには思わぬ落とし穴が待っていることも。自ら賃貸経営を営む「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、そんな「住替えに潜む罠」を解説します。
住宅は“購入”? それとも“賃貸”?” 〜永遠のテーマに決着をつけよう〜
住宅は「購入」がいいのか? それとも「賃貸」がいいのか? これは自宅に関する“永遠のテーマ”とも言える問題ですが、その議論は不動産を「商品」として扱う業者の理屈で行われています。自ら賃貸経営を営む「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、あなたにとっての“正解”を導き出します。
「新築」と「中古」はどっちが正解? 〜あなたにあった“正しい住宅”の選び方〜
「新築」がいいのか? それとも「中古」か? 自宅を購入しようと思った時、この問題にぶち当たる人も多いはず。新築派・中古派それぞれに言い分があるようですが、果たしてどちらが正解なのでしょうか? 「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、不動産物件を売らないコンサルタントの立場からこの問題を考えます。
自宅は「今買う?」それとも「貯めて買う?」 〜住宅購入の“ベストタイミング”を考える〜
人生の一大イベントである「住宅購入」。家を買うタイミングについて悩んでいる人も多いはず。特に「今買ったほうがいいのか?」、それtも「貯金してから買ったほうがいいのか?」は重要なポイントです。 「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、不動産物件を売らないコンサルタントの立場からこの問題を考えます。

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP プロフィール/ご挨拶 料金体系について 面談場所について ご相談事例 お客様の声