不動産投資/アパート経営のご相談はFPグリュックへ!

気になる「マンションの寿命」 〜マンションは“終の住処”となり得るのか〜

古いマンションを買っても大丈夫?

最近テレビなどの報道で「マンションの寿命問題」をよく見聞きします。

 

建替えの議論が一向に進まない中で、ただ老朽化を待つだけの古いマンション。年々増え続ける空き家問題とも無関係ではなく、社会問題としてメディアに取り上げられることも多くなってきました。

 

一方で、古いマンションをフルリフォームする、いわゆる「リノベーション」産業が盛り上がりを見せています。

 

古いマンションを安価で購入して自分の好きなように作り変えられることから注目を集めている業界ですが、購入を検討している人からはマンション自体の寿命を不安視する声があがることも少なくありません。

 

「実際のところマンションの寿命ってどうなの?」

 

この質問は誰にすれば良いのでしょうか? もちろん、不動産の販売を目的としている不動産業者ではありません。新築マンション業者なら自社商品を売りたいために「中古だと死ぬまで住めないですよ」と言います。反対にリノベーション業者は仕事受注のために「100年は大丈夫です」と言うでしょう。

 

それでは、不動産を売るのが仕事ではない「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)がこの問題に答えたらどうなるのでしょうか。

 

住宅購入を検討している人であれば誰もが気になる「マンションの寿命」。これは日本社会が抱える「もう一つの高齢化問題」です。


マンションの寿命はどうやって決まる?

そもそも「マンションの寿命」とはどうやって決まるのでしょうか。

 

内装だけであればリノベーション業者が謳うようにすっかり新しくすることが可能です。肝心なのはそれを覆う外側の問題です。

 

この外側の鉄筋コンクリート部分のことを「躯体(くたい)」と呼びます。マンションの寿命とは、結局「この躯体がどのくらい持つのか」で決まってくるのです。

 

1990年代くらいまでは、一般的に「マンションの寿命は60年」と言われてきました。その理屈はこうです。

 

ご存知の通り、鉄筋コンクリートは鉄筋同士を溶接した骨組みの周りにコンクリートを流し込んで作られます。

 

言ってみれば鉄筋をコンクリートで覆って保護するわけですが、このコンクリートは長い間雨風にさらされることで徐々に削られていきます。目に見えるようなスピードではありませんが、それでも年々確実にコンクリートは痩せ衰えていくわけです。

 

鉄筋を覆うコンクリートの厚さのことを「かぶり厚さ」と言い、建築基準法で厚さの最低値が決められています。最低値のかぶり厚さの場合、60年程度で鉄骨がむき出しになるまで削られてしまう計算になります。むき出しになった鉄筋は風雨によってすぐさびてしまいますから、建物としてはそこで寿命を迎えることになります。

 

これが「60年説」の根拠です。

 

2000年代に入ってからはコンクリートの品質改良が進み、計算上の劣化速度も遅くなってきました。新築マンションの広告などで「100年コンクリート」といったキャッチフレーズを目にした方もいらっしゃるでしょう。

 

それだけ鉄筋を保護しているコンクリートが丈夫になってきており、その結果マンションの寿命も延びたと言われています。


データが物語る驚きのマンション平均寿命!

それでは「最近のマンションの寿命は60年以上なのか」と言えば、残念ながら答えは「No」です。

 

不動産専門の情報サービス会社である東京カンテイが2014年に発表したデータによると、全国のマンション建替事例198件の建築年数の平均はなんと33.4年。60年の約半分という驚くべき数字になっています。

 

もちろん調査事例の中には建物の劣化が原因ではない建替も含まれているでしょうから、マンション寿命という意味ではもう少し数字が伸びるでしょう。それにしてもコンクリートの耐久力から導き出した60年には程遠い数字です。

 

なぜこのような事態になってしまうのでしょうか。それを知る鍵は「鉄筋コンクリート劣化のメカニズム」にあります。

 

先ほどのかぶり厚さの話からも分かるように、鉄筋コンクリートを支えているのは外側のコンクリートではなく、中の鉄筋です。「鉄筋コンクリートの劣化」とは即ち「鉄筋の劣化」に他になりません

 

街を歩くと、マンションの外側を全て足場で覆い何かの作業をしている光景によく出くわします。あの作業は大体12〜15年程度の周期で行われる「大規模修繕」と呼ばれるものですが、あれほど大掛かりな作業にも関わらず、なぜ必要なのかをご存知の方は多くありません。

 

大規模修繕にはいくつかの目的がありますが、なかでも「クラック」と呼ばれるコンクリートのヒビを塞ぐことが重要となります。

 

常に外気にさらされているコンクリートは、夏は熱い日差しを受けて膨張し、逆に冬は冷たい空気で伸縮します。一見頑丈そうに見えるコンクリートも膨張と伸縮を繰り返すことで劣化が進み、それが「クラック」という形で現れます

 

一度クラックができてしまうと、そこから雨水が侵入し中の鉄筋を錆びさせてしまいます。錆びた鉄筋は急速に強度を失い、ひどい時には外側のコンクリートの重みに耐え切れず壁や柱が剥がれ落ちてしまうこともあります。

 

大規模修繕はクラックが鉄筋に達する前に塞ぐ大切な作業であり、裏を返せばこれは、クラックの処理をきちんとしているかどうかでマンションの寿命は大きく変わってくるとことを意味しています。いくらかぶり厚さが大丈夫だとしても、中の鉄筋が錆びてしまったら躯体がもたないからです。


マンションは「管理」を買え!

中古物件を探す時、良心的な不動産業者であれば「マンションは管理を買え!」と言ってくれます。

 

いくら他の条件が良かったとしても管理状態が良くなければ、そのマンションは長くはもちません。最悪の場合、住宅ローン返済中にマンションの寿命が来てしまうことだってあり得るのです。

 

そんなマンションはそれほど珍しい存在ではありません。私が実際に目にした例でも、管理がうまくされていない物件が「格安」で売られていたことがありました。

 

マンションの価格だけを見れば、そのエリアとしては「掘り出し物」に思えたその物件。しかしながら、よくよく調べてみると修繕積立金の運営がまったくできていなく、とうの昔に行っていなければいけない大規模修繕もできていない状態であることが分かりました。

 

購入価格がいくら格安でも、これでは後々になって大きな支出を強いられるのは目に見えています。結局は「安物買いの銭失い」になってしまうでしょう。

 

ここまで極端な例ではなくても、1970年代までのいわゆる「高度成長期」に大量に建てられたマンションの中には、現在ほど管理に対して意識が高くない物件は少なくありません。立地や間取りももちろん大事ですが、中古マンションを購入するのであれば管理の面にも意識を向けていただくことはとても重要です。

 

また、古いマンションの中には排水管などの配管類をコンクリートに埋め込んでいる物件もあります。この場合だと躯体より先に配管の寿命が来るのが一般的で、配管のためにマンションを取り壊す例もあります。このことも日本のマンションの寿命を短くしている一因でしょう。


大事なのは見た目よりも「器」

私も不動産関係のご相談が多いファイナンシャルプランナー(FP)として、商売柄いろいろなリノベーション会社の人と会う機会があります。しかし、全体として「器(=躯体)の議論が深まっていないなぁ」という印象を強く持ちます。

 

少し意地悪な言い方をすれば、リノベーション業界全体として目に見える“表面”をキレイに取り繕うことに意識がいきすぎていて、肝心の“器”の話がおざなりにされているような気がします。

 

もちろん住み人にとっても見た目がキレイなことは大事です。ただし、せっかく大きなお金をかけてリノベーションしてもそれを入れる器自体が壊れてしまっては元も子もありません

 

リノベーション会社の中には、中古マンションの購入とリノベーションをセットで行うところもあります。そうなるとその業者は物件を販売することが目的となりますから、購入希望者に対し常に「マンションの寿命」についての客観的な説明ができるとは限りません。

 

大切なのは、あなた自身がマンション劣化のメカニズムを理解して、その物件の状態を判断すること。近頃では建物検査(インスペクション)を専門に行う会社もありますから、そうした第三者の視点を活用しても良いでしょう。


(2016/08/03 文責:佐野純一)

関連テーマのページ


〜マネー設計が開く、幸運のトビラ〜

「ファイナンシャルプランナーって何をする人なんだろう?」
「興味はあるけど何を相談したらいいか分からない…」
「どんなことができるのか、まずはちょっと話を聞いてみたい」

 

そんなあなたのために“初回無料相談”を実施中です。

 

 

実際にコンサルティングをご利用いただいた
お客様の声をご紹介しています。

 

 

 

よく読まれている人気記事



関連ページ

「元利均等」と「元金均等」の違いとは? 〜大家に忍び寄る元金返済の恐怖〜
ローンの2つの基本形である「元利均等」と「元金均等」。両者の違いは一文字だけですが、その一文字の差が意外な違いを生み出すことも。自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、ローンの基本について解説します。
住宅ローンの前に予算を考えよう 〜「目安は年収の5倍」のウソ〜
住宅予算は「年収の5倍」と言われますが、果たして本当でしょうか。住宅ローンの前に、いや、家を探し始める前にまず考えておきたい住宅予算。自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、「あなたにあった住宅予算」の考え方をお教えします。
「建ぺい率」と「容積率」を知ろう 〜収益アパート購入の基礎知識〜
その土地にどんな建物が建てられるかは「建ぺい率」と「容積率」で決まってきます。この二つの言葉知らないと、せっかく土地を手に入れても理想の家が建たないかもしれません。自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、建築のための基本知識を解説します。
「変動VS固定」はどっちがお得? 〜ローンを考える時に本当に大事なこと〜
「変動金利」か「固定金利」かで悩む人も多い住宅ローン。でも実はその前に「もっと悩むべきこと」があります。自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、モノを売らないコンサルタントとしての視点から住宅ローンを解説します。
繰上げ返済の本当の意味とは? 〜「お得」よりも重要な効果を考える〜
住宅ローンを組んでいる人の関心が高い「繰上げ返済」。その繰上げ返済の時、「期間短縮型」を選ぶ人がほとんどですが、果たして本当にそれが正解でしょうか? 自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、「お得よりも大事なこと」を解説します。
あなたは戸建派? マンション派? 〜コストで考える“正しい住まい”の選択〜
住宅購入の時、「マンションにするか」「一戸建てにするか」と悩む方も多いと思います。一般的には「好みの問題」とされるこの選択。コストの面で考えた時はどうなるのでしょうか。自ら賃貸経営を営む「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、ライフプランの観点から両者を比較します。
住宅予算ってどうやって決めているの? 〜やっぱり気になる他人の財布〜
「人生で一番大きな買い物」と言われる住宅。皆さんはどうやってその予算を決めているのでしょうか。自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、これまでの相談の中で出会ってきた一般的な考え方とその盲点を解説します。
客観的な意見はどこで聞ける? 〜第三者目線の住宅購入アドバイスとは〜
誰でも第三者目線の「客観的アドバイス」は受けたいもの。ところが、相談する相手を間違えるととんでもない結果に! 自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、モノを売らないコンサルタントの立場で、真の意味での「客観的なアドバイス」を解説します。
その住替え、本当に大丈夫ですか? 〜自宅を賃貸に出す時の注意点〜
住替えの際に「元の自宅を賃貸に出したい」というご相談を受けます。確かに家賃収入を得られて、なおかつ手放さなくて良いのであればそれに越したことはありません。しかが、そこには思わぬ落とし穴が待っていることも。自ら賃貸経営を営む「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、そんな「住替えに潜む罠」を解説します。
住宅は“購入”? それとも“賃貸”?” 〜永遠のテーマに決着をつけよう〜
住宅は「購入」がいいのか? それとも「賃貸」がいいのか? これは自宅に関する“永遠のテーマ”とも言える問題ですが、その議論は不動産を「商品」として扱う業者の理屈で行われています。自ら賃貸経営を営む「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、あなたにとっての“正解”を導き出します。
「新築」と「中古」はどっちが正解? 〜あなたにあった“正しい住宅”の選び方〜
「新築」がいいのか? それとも「中古」か? 自宅を購入しようと思った時、この問題にぶち当たる人も多いはず。新築派・中古派それぞれに言い分があるようですが、果たしてどちらが正解なのでしょうか? 「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、不動産物件を売らないコンサルタントの立場からこの問題を考えます。

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP プロフィール/ご挨拶 料金体系について 面談場所について ご相談事例 お客様の声