不動産投資/アパート経営のご相談はFPグリュックへ!

繰上げ返済の本当の意味とは? 〜「お得」よりも重要な効果を考える〜

繰上げ返済の効果を考えてみよう!

住宅ローンの「繰上げ返済」。

 

実際にローンを組んでいる方であれば、誰でも一度は検討したことがあるでしょう。また、これから住宅ローンを組む方でも、予め「繰上げ返済」を考慮してローンの組み方を考えるケースもあると思います。

 

お客様との面談でも度々登場する「繰上げ返済」。特にお客様の口からこの言葉がでることも多く、一般的な認知度はかなり高いと言えます。

 

その一方で、繰上げ返済の効果が深く論じられる事はあまりありません。多くは「早く返したほうがお得」という一元論で片付けられてしまっています。

 

住宅を購入した方であれば、みんなが知っている「繰上げ返済」。今回はこの「繰上げ返済」を「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)の視点から考えてみたいと思います。

 

その本当のメリットは、実は「お得」とは別のところにあるのです。


繰上げ返済には二種類ある

まず「繰上げ返済」の仕組みをおさらいしておきましょう。

 

繰上げ返済とは、その名の通り「住宅ローンの元金(=借りているお金)を繰上げて返済すること」です。

 

繰上げ返済を行えば当然元金が減りますので、返済した時点で新たな元金残高を基にローンの形を組みなおさなくてなりません。

 

その変更方法には「期間短縮型」と「返済額軽減型」の二種類があります。

 

期間短縮型は「毎月の返済額を変えずに期間を短縮する」方法です。

 

例えば、残り30年あったローンを繰上げ返済することによって、毎月の返済額を変えずに残り28年に変更するような形です。

 

一方の返済額軽減型は「ローンの残り期間を変えずに毎月の返済額を少なくする」方法です。

 

ローン期間を変えなければ元金が減った分だけ毎月の返済額は減りますので、家計に対するローンの負担が減る事になるわけです。

 

このように二種類ある変更方法ですが、実際に繰上げ返済を行った人はほとんどが「期間短縮型」を選ぶと言われています。

 

その大きな理由は二つあり、まず一つはトータルの返済額が「返済額軽減型」に比べて少なくなること、もう一つが「少しでも早く借金を返したい」という心理が働くことです。

 

確かにこの二つの理由は繰上げ返済を行う人にとって大きな魅力です。しかし、ファイナンシャルプランナー(FP)としてその人の「ライフプラン」という観点から考えた時、一度立ち止まって考える必要を感じずにはいられません。

 

「期間短縮型」。ホントにそれが正解でしょうか?


ホントに正解? 期間短縮型

ライフプランのご相談を受けている時に、ライフプランをより良くするための手段として「繰上げ返済」を挙げる方は多くいらっしゃいます。

 

繰上げ返済の認知度が高いのと同様に、「繰上げ返済は早く行ったほうが効果が高い」というフレーズもよく知られていますから、中には多少無理をしてでも早めに繰上げ返済を行おうとする人もいます。

 

しかしながら、ファイナンシャルプランナー(FP)としてはそのお考えに同意することはできません。もちろん10年間のローン控除の問題もあるのですが、それを除いたとしても反対するシンプルな理由があります。

 

その理由とは、即ち「現状では繰上げ返済に大きな効果を期待できない」ということです。

 

少し大雑把な表現になってしまいますが、繰上げ返済とは「住宅ローンの金利で資産運用すること」とニアイコールです。

 

バブル期のような住宅ローン金利ならいざ知らず、1%以下の住宅ローンをがんばって返済したとしても、それによって得られる効果は1%以下の運用で得られる効果と同じですから、その人のライフプランにそれほど大きい変化をもたらすことができないのは明らかです。

 

逆に言えば、そのような低金利の資産運用でライフプランが大きく改善されるかどうかを考えてみてください。その可能性が少ないのは、どなたにとっても想像に難くないことでと思います。

 

その意味で、現状では繰上げ返済の「お得」にはあまり期待はできません。繰上げ返済をするくらいなら、もっと良い利回りで資産運用をしたほうが効果的だという考え方も成り立つはずです。

 

そこで注目したいのが、もう一つの返し方「返済額軽減型」で得られるライフプラン上の効果です。


「返済額軽減型」はキャッシュフローを改善する!

住宅ローンの終わりが変わらない返済額軽減型では、「借金を早く返したい!」という気持ちに答えることはできません。また、期間が長くなる分、最終的な利息も期間短縮型よりも多くなってしまいます。

 

しかし返済額軽減型には、それらの弱点を補ってあまりあるメリットがあります。

 

そう、それは「家計の支出を圧縮できる」という効果です。

 

一般的なライフプランでは、どうしても支出が収入を上回る、言い方を変えれば「貯金が減っていく時期」が出てきます。特に顕著なのが、子供が大学に行く「教育費の負担が重い時期」でしょう。

 

もちろん、その時期を予め見通した上でそれに備えられれば一番良いのですが、そんなことが可能なケースばかりとも限りません。

 

こんな場合には何よりもキャッシュフローの改善が最優先課題となります。それには毎月のローン返済額を減らすことで、「家計の支出を圧縮できる」返済額軽減型の繰上げ返済が大きな役割を果たします

 

いくら、最終的な支払い額が少なくなるからと言って期間短縮型を選び、そのために家計がまわらなくなってしまうようでは意味がありません。確かにその苦しい時期を乗り越えられればその後の老後が楽になるかもしれませんが、それまでに貯蓄が底をつきてしまうようではそもそも老後まで辿り着けない可能性もあるわけです。

 

そうならないようにするためには、少しばかりの金利を払ってでも「キャッシュフローを改善する」、つまり「期間短縮型」よりも「返済額軽減型」の繰上げ返済を行ったほうが良いケースは少なくありません

賃貸経営にも同じことが言える!

「現役大家FP」として言えば、この繰上げ返済の考え方は賃貸経営にもあてはまります。

 

私はいつもご相談の時に「賃貸経営をする時に気をつけなくてはいけないのは“借入金の元金”」というお話をしています。アパートローンの元金は、毎月確実に出ていくお金なのに対し、賃貸経営の経費として計上できないからです。

 

この「ローン元金の毎月返済額が減る」というのは、賃貸経営に於いてとても大きなメリットです。

 

家賃は基本的に毎月安定して入ってくる収入ですから、借入元金として出ていくお金が少なくなれば経営の安定感は飛躍的に高まります。増えたキャッシュフローはストックするのもいいですし、税金のことを考えればなにか有意義な経費として投入してもいいでしょう。

 

さらに言えば、賃貸経営の場合は、金利が増えることに対してそれほどナーバスになる必要もありません

 

元金と違い借入の金利は経費として計上できますので、その分税金を圧縮することが可能です。金利が増えたからと言って、その金額がそのまま「損」になるわけではないのです。この点は自宅の住宅ローンを大きく違うところです。


目先の損得に惑わされるな!

これもご相談にいらした方にいつも申し上げていることですが、「ライフプランも賃貸経営も、本当に大事なのはキャッシュフロー」です。

 

あまり目先の損得ばかりに気を取られてしまうと、全体のキャッシュフローが見えなくなることがあります。特にライフプランや賃貸経営は何十年という長いスパンで物事を考えなくてはなりませんから、なおさら俯瞰的な視点が重要になってきます。

 

こうして考えてみると、耳馴染みの深い「繰上げ返済」という言葉も意外と奥が深いことが分かります。

 

「どのタイミング」で「どのくらいの金額」を「どちらの方式」で繰上げ返済すればいいのか。ぜひご自分のライフプランにあった繰り上げ返済の方法を考えてみてください。

(2016/09/28 文責:佐野純一)

関連テーマのページ


〜マネー設計が開く、幸運のトビラ〜

「ファイナンシャルプランナーって何をする人なんだろう?」
「興味はあるけど何を相談したらいいか分からない…」
「どんなことができるのか、まずはちょっと話を聞いてみたい」

 

そんなあなたのために“初回無料相談”を実施中です。

 

 

実際にコンサルティングをご利用いただいた
お客様の声をご紹介しています。

 

 

 

よく読まれている人気記事



関連ページ

「元利均等」と「元金均等」の違いとは? 〜大家に忍び寄る元金返済の恐怖〜
ローンの2つの基本形である「元利均等」と「元金均等」。両者の違いは一文字だけですが、その一文字の差が意外な違いを生み出すことも。自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、ローンの基本について解説します。
住宅ローンの前に予算を考えよう 〜「目安は年収の5倍」のウソ〜
住宅予算は「年収の5倍」と言われますが、果たして本当でしょうか。住宅ローンの前に、いや、家を探し始める前にまず考えておきたい住宅予算。自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、「あなたにあった住宅予算」の考え方をお教えします。
気になる「マンションの寿命」 〜マンションは“終の住処”となり得るのか〜
最近ではリノベーションに注目が集まっていますが、古いマンションを買うことにそこはかとない不安を覚える人も多いはず。実際のところ「マンションの寿命」とはどのくらいなのでしょうか。自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、意外と見落とされやすいマンションの耐久性を解説します。
「建ぺい率」と「容積率」を知ろう 〜収益アパート購入の基礎知識〜
その土地にどんな建物が建てられるかは「建ぺい率」と「容積率」で決まってきます。この二つの言葉知らないと、せっかく土地を手に入れても理想の家が建たないかもしれません。自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、建築のための基本知識を解説します。
「変動VS固定」はどっちがお得? 〜ローンを考える時に本当に大事なこと〜
「変動金利」か「固定金利」かで悩む人も多い住宅ローン。でも実はその前に「もっと悩むべきこと」があります。自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、モノを売らないコンサルタントとしての視点から住宅ローンを解説します。
あなたは戸建派? マンション派? 〜コストで考える“正しい住まい”の選択〜
住宅購入の時、「マンションにするか」「一戸建てにするか」と悩む方も多いと思います。一般的には「好みの問題」とされるこの選択。コストの面で考えた時はどうなるのでしょうか。自ら賃貸経営を営む「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、ライフプランの観点から両者を比較します。
住宅予算ってどうやって決めているの? 〜やっぱり気になる他人の財布〜
「人生で一番大きな買い物」と言われる住宅。皆さんはどうやってその予算を決めているのでしょうか。自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、これまでの相談の中で出会ってきた一般的な考え方とその盲点を解説します。
客観的な意見はどこで聞ける? 〜第三者目線の住宅購入アドバイスとは〜
誰でも第三者目線の「客観的アドバイス」は受けたいもの。ところが、相談する相手を間違えるととんでもない結果に! 自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、モノを売らないコンサルタントの立場で、真の意味での「客観的なアドバイス」を解説します。
その住替え、本当に大丈夫ですか? 〜自宅を賃貸に出す時の注意点〜
住替えの際に「元の自宅を賃貸に出したい」というご相談を受けます。確かに家賃収入を得られて、なおかつ手放さなくて良いのであればそれに越したことはありません。しかが、そこには思わぬ落とし穴が待っていることも。自ら賃貸経営を営む「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、そんな「住替えに潜む罠」を解説します。
住宅は“購入”? それとも“賃貸”?” 〜永遠のテーマに決着をつけよう〜
住宅は「購入」がいいのか? それとも「賃貸」がいいのか? これは自宅に関する“永遠のテーマ”とも言える問題ですが、その議論は不動産を「商品」として扱う業者の理屈で行われています。自ら賃貸経営を営む「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、あなたにとっての“正解”を導き出します。
「新築」と「中古」はどっちが正解? 〜あなたにあった“正しい住宅”の選び方〜
「新築」がいいのか? それとも「中古」か? 自宅を購入しようと思った時、この問題にぶち当たる人も多いはず。新築派・中古派それぞれに言い分があるようですが、果たしてどちらが正解なのでしょうか? 「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、不動産物件を売らないコンサルタントの立場からこの問題を考えます。

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP プロフィール/ご挨拶 料金体系について 面談場所について ご相談事例 お客様の声