不動産投資/アパート経営のご相談はFPグリュックへ!

住宅予算ってどうやって決めているの? 〜やっぱり気になる他人の財布〜

みんなどうやって住宅予算を決めているの?

「住宅予算ってどうやって決めればいいんですか?」

 

ファイナンシャルプランナー(FP)としてご相談を受ける時に、最も多い質問の一つです。

 

以前、別のコラムで「ファイナンシャルプランナー(FP)は住宅予算をどう決めるか」という内容をご紹介しましたが、この話題になる時にやはり皆さんが気になるのが「他の人はどうやって予算を決めているんだろう?」という素朴な疑問です。

 

今回は、私のこれまでの経験上多いと思われる「一般的な住宅予算へのアプローチ方法」と、それに対する「“お金の相談”の専門家」としてのファイナンシャルプランナー(FP)の見解をお話ししたいと思います。これから住宅購入を検討される方は、ぜひ参考になさってください。


住宅予算の根拠は3つのパターンに分かれる

住宅購入のご相談を受ける時、私が決まって尋ねることがあります。

 

「現時点で住宅予算はどのくらいでお考えですか?」

 

「それが分からないから相談に来たんだよ」と怒られることもありますが(笑)、たいていの場合は「自分が考えている予算が適正かどうか」を確かめたいお客様ですので、なんとなくの自分が持っている予算のイメージとその根拠を話してくれます。

 

お伺いした根拠をまとめると、大きくは次の3タイプに分かれます。

 

@ローン返済額が今の家賃と同じぐらいだから
A会社の同僚が同じぐらい価格の家を買っているから
B欲しい物件はこのぐらいの金額だから

 

さて、この3つの理由。それぞれをファイナンシャルプランナー(FP)的にアプローチしたらどうなるか? 一つずつ詳しく見ていきましょう。


@「家賃と同じぐらいだから大丈夫!」

「住宅ローンを組んだ時の毎月の支払額が、今の家賃と同じぐらいだから払っていけるだろう」という考え方です。

 

確かに現状生活をしている中で実際に払っている家賃をそのまま住宅ローンに置き換えるだけですから、支払いのイメージはつきやすいでしょう。

 

また、中古物件のチラシにもローンシミュレーションの返済額が載っていて「家賃と比べてください!」などという宣伝文句が踊っていますから、割と広く受け入れられている考え方でもあります。

 

しかし、この考え方には大きく2つの注意点があります。

 

まず一つは「金利の考え方」の問題です。

 

ご存知の通り、住宅ローンの組み方には「変動金利」と「固定金利」の2種類があります。チラシにのっている「家賃並みの返済額」が固定金利で組まれたものであれば大丈夫ですが、変動金利での数字だとすれば今後上がっていく可能性があります

 

ましては2016年現在、日本は歴史的にも類をみない低金利時代になっています。変動金利の住宅ローンが今後も「家賃並みの返済額」が続く保証はどこにもありません

 

二つ目は、そもそも「今の家賃が適正額なのか?」という根本的な問題です。

 

よく賃貸情報サイトに「家賃は手取り額の1/3が目安」などという記事が載っていますが、これはファイナンシャルプランナー(FP)としては首を傾げたくなるところ。その人の年齢や家族構成、その他の支出状況によって家賃の適正額は大きく変わってしまうからです。

 

さらに言えば、今は払える家賃でも「今後も変わらず払い続けられるのか」という点には慎重な見極めが必要です。

 

今後お子様が生まれて支出が増えたり、世帯収入が一時的に落ち込むこともあるでしょう。働いている間は良くても、退職後も同じように家賃が払えるのかという心配もあります。

 

言うまでもなく、住宅ローンは最長35年間続く長期戦です。賃貸のように途中で家賃の安い物件に引っ越したりすることはできません。

 

そう考えると、今の家賃を基準に住宅予算を決めてしまうのは、少し安易な方法と言えそうです。


A「同僚と同じぐらいだから大丈夫!」

「会社の同僚が購入した住宅と同じぐらいの価格なら、自分にも大丈夫だろう」という考え方です。

 

特にトラディショナルな日本企業であれば、多少の差はあれ、同じ勤務暦の社員でそこまで給料の差がつくことはあまりありません。その意味では、会社内の同じようなポジションの人の購入した住宅価格を参考にすることはできるでしょう。

 

ただ、この考えにも致命的な弱点があります。自分が住宅購入するまでに、大事な参考例の結末を見届けることができないという点です。

 

参考にするのが数年上の先輩だとすると情報は最近のものしかありませんから、「この価格の家を買ったらどうなるか」という結末を見ることができません。逆にあまりに年齢差がある例では給与体系なども違うことが多く、そもそも参考にするのは難しいでしょう。

 

参考にした先輩のライフプランがどのような結末を迎えるかが分かる時には、自分もそれなりの年齢になっているはずです。もしその時点でお手本が間違っていることに気がついたとしても、できることはあまり多くはありません。悪いお手本と同じような運命を自分もたどるかと考えると、なんともゾッとしない話です。

 

根本的な考え方として、「給与」という収入だけを見て住宅購入価格の参考にするのは少々早計です。例え収入が同じ水準だとしても、家族構成やその他の支出によってその家庭の適正な住宅予算は変わってしまいます。

 

また、住宅購入に際しご両親から資金援助を受ける例も実際には多く見受けられます。こうした贈与の部分は外からは見えにくく、「給与」だけで判断してしまうと後で家計に大きな差が生まれてしまうことになります。


B「だって欲しいんだもん!」

「“希望のエリア”で“希望の間取り”を探していたら、このぐらいの金額だったから仕方がない」という考え方です。

 

言ってみれば「住宅予算の後付け」で、文章にするとまるで笑い話のように感じる方もいらっしゃるかも知れませんが、こうした例は決して少なくありません。

 

そうなってしまう原因の一つは、「不動産」という商品の特殊性にあると言えるでしょう。

 

当たり前の話ですが、“この世の中に二つとして同じものが存在しない”のが不動産。どんなに似た物件でも必ず違いはあり、その部分は金額に反映されます。

 

そのため、住宅を探すには自らの目でその物件を確かめるしかなく、一度探し始めたら毎週末のように内見に出向かないといけません。時間も手間もかかる家探しは、自ずと「理想の物件」を求めてしまうことになりがちです。

 

加えて“人生で一番高い買い物”と言われる住宅は「せっかく高い買い物をするのだから後悔はしたくない」という心理を生み、さらに自分の理想へと邁進する結果になってしまうのです。

 

実際に私のところに「実は明日契約なんですが、予算が心配になって…」といらっしゃるお客様は、この端的な例と言えるでしょう。

 

「理想の物件」を探すことにいっぱいになってしまい、予算のことは後回し。なんとか物件を決めて一息ついたところで、じわりじわりと予算のことが心配になってくる…というパターンです。

 

さすがに契約日前日ともなるとその人のライフプランを精査する時間がなく一般論で判断するしかなくなりますが、それでも私の経験上「ライフプランに破綻をきたす可能性が高い住宅予算」というのは分かります。

 

そんな時にはその旨を正直にお話しするようにしますが、それは私にとってもつらい作業です。お客様に「破綻する可能性があってもその家を購入するか」、あるいは「これまでの家探しの苦労を無にするか」の二択を迫ることになるのですから。


住宅購入は奇跡の巡り合わせ?

以前と繰り返しになりますが、住宅の適正予算はまさに「人それぞれ」。安易に他人を参考にしたり、一般論で片付けられるお話ではありません。「“お金の相談”の専門家」としてのファイナンシャルプランナー(FP)としては、ライフプランで長期的かつ包括的に検討していただくことをおススメします。

 

そして、その検討するタイミングは「早ければ早いほど良い」ということも、心に留め置いていただければと思います。

 

「“この世の中に二つとして同じものが存在しない”のが不動産」と書きましたが、それは人間も同じことです。各個々人も各ご家庭も、それぞれ判断基準が違うものです。。その意味では、住宅購入とはそれぞれ一つしかないもの同士の「奇跡的な巡り合わせ」と言えるかも知れません。

 

そうした奇跡が後で悔やむものとならないよう、家を探し出す前から住宅予算はしっかりと考えておきたいものです。


(2016/12/07 文責:佐野純一)

関連テーマのページ


〜マネー設計が開く、幸運のトビラ〜

「ファイナンシャルプランナーって何をする人なんだろう?」
「興味はあるけど何を相談したらいいか分からない…」
「どんなことができるのか、まずはちょっと話を聞いてみたい」

 

そんなあなたのために“初回無料相談”を実施中です。

 

 

実際にコンサルティングをご利用いただいたお客様の声をご紹介しています。

 

よく読まれている人気記事



関連ページ

「元利均等」と「元金均等」の違いとは? 〜大家に忍び寄る元金返済の恐怖〜
ローンの2つの基本形である「元利均等」と「元金均等」。両者の違いは一文字だけですが、その一文字の差が意外な違いを生み出すことも。自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、ローンの基本について解説します。
住宅ローンの前に予算を考えよう 〜「目安は年収の5倍」のウソ〜
住宅予算は「年収の5倍」と言われますが、果たして本当でしょうか。住宅ローンの前に、いや、家を探し始める前にまず考えておきたい住宅予算。自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、「あなたにあった住宅予算」の考え方をお教えします。
気になる「マンションの寿命」 〜マンションは“終の住処”となり得るのか〜
最近ではリノベーションに注目が集まっていますが、古いマンションを買うことにそこはかとない不安を覚える人も多いはず。実際のところ「マンションの寿命」とはどのくらいなのでしょうか。自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、意外と見落とされやすいマンションの耐久性を解説します。
「建ぺい率」と「容積率」を知ろう 〜収益アパート購入の基礎知識〜
その土地にどんな建物が建てられるかは「建ぺい率」と「容積率」で決まってきます。この二つの言葉知らないと、せっかく土地を手に入れても理想の家が建たないかもしれません。自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、建築のための基本知識を解説します。
「変動VS固定」はどっちがお得? 〜ローンを考える時に本当に大事なこと〜
「変動金利」か「固定金利」かで悩む人も多い住宅ローン。でも実はその前に「もっと悩むべきこと」があります。自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、モノを売らないコンサルタントとしての視点から住宅ローンを解説します。
繰上げ返済の本当の意味とは? 〜「お得」よりも重要な効果を考える〜
住宅ローンを組んでいる人の関心が高い「繰上げ返済」。その繰上げ返済の時、「期間短縮型」を選ぶ人がほとんどですが、果たして本当にそれが正解でしょうか? 自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、「お得よりも大事なこと」を解説します。
あなたは戸建派? マンション派? 〜コストで考える“正しい住まい”の選択〜
住宅購入の時、「マンションにするか」「一戸建てにするか」と悩む方も多いと思います。一般的には「好みの問題」とされるこの選択。コストの面で考えた時はどうなるのでしょうか。自ら賃貸経営を営む「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、ライフプランの観点から両者を比較します。
客観的な意見はどこで聞ける? 〜第三者目線の住宅購入アドバイスとは〜
誰でも第三者目線の「客観的アドバイス」は受けたいもの。ところが、相談する相手を間違えるととんでもない結果に! 自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、モノを売らないコンサルタントの立場で、真の意味での「客観的なアドバイス」を解説します。
その住替え、本当に大丈夫ですか? 〜自宅を賃貸に出す時の注意点〜
住替えの際に「元の自宅を賃貸に出したい」というご相談を受けます。確かに家賃収入を得られて、なおかつ手放さなくて良いのであればそれに越したことはありません。しかが、そこには思わぬ落とし穴が待っていることも。自ら賃貸経営を営む「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、そんな「住替えに潜む罠」を解説します。
住宅は“購入”? それとも“賃貸”?” 〜永遠のテーマに決着をつけよう〜
住宅は「購入」がいいのか? それとも「賃貸」がいいのか? これは自宅に関する“永遠のテーマ”とも言える問題ですが、その議論は不動産を「商品」として扱う業者の理屈で行われています。自ら賃貸経営を営む「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、あなたにとっての“正解”を導き出します。
「新築」と「中古」はどっちが正解? 〜あなたにあった“正しい住宅”の選び方〜
「新築」がいいのか? それとも「中古」か? 自宅を購入しようと思った時、この問題にぶち当たる人も多いはず。新築派・中古派それぞれに言い分があるようですが、果たしてどちらが正解なのでしょうか? 「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、不動産物件を売らないコンサルタントの立場からこの問題を考えます。
自宅は「今買う?」それとも「貯めて買う?」 〜住宅購入の“ベストタイミング”を考える〜
人生の一大イベントである「住宅購入」。家を買うタイミングについて悩んでいる人も多いはず。特に「今買ったほうがいいのか?」、それtも「貯金してから買ったほうがいいのか?」は重要なポイントです。 「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、不動産物件を売らないコンサルタントの立場からこの問題を考えます。

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP プロフィール/ご挨拶 料金体系について 面談場所について ご相談事例 お客様の声