不動産投資/アパート経営のご相談はFPグリュックへ!

客観的な意見はどこで聞ける? 〜第三者目線の住宅購入アドバイスとは〜

客観的な住宅アドバイスとは?

日頃から「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)として様々なご相談を受けますが、その中でも特に多いのが「住宅購入」に関するものです。

 

確かに住宅購入は人生の一大イベント。「人生で一番高い買い物」と言われる住宅のことを誰かに相談したいという気持ちを持つ方は多いでしょう。

 

ところが、私がご相談を受けた方の中には「始めからここに相談に来れば良かった〜!」と仰る方も少なくありません。

 

こうしたお客様は私のところにいらっしゃるまでに「何を求め」「誰のところ」に相談に行き、結果として「何を得た」のでしょうか? そして、私のところでどうしてそんなセリフが飛び出したのでしょうか?

 

今回は、モノを売らないコンサルタントの立場から「住宅相談のカタチ」を考えてみたいと思います。


住宅に関するご相談は多岐にわたる

一口に「住宅相談」と言っても、その内容は多種多様です。一つとして同じものがないと言っても過言ではありません。

 

そんな中でも、対照的なものを比較して「どちらが良いか」と悩むのは多く見られるケースです。その代表例をまとめてみましょう。

 

@購入vs賃貸

「家を買った方がいいのか、それとも賃貸のままの方がいいのか」というご相談です。

 

「家賃以下のローンでアナタも家が買える!」といったチラシに誘われて実際に物件を見に行ったけど、本当に自分が家を買ったほうがいいのが悩んでいる。そんな方が私のところにご相談にいらっしゃいます。

 

試しに訪れた不動産業者には「家賃はもったいない」と断言され、家の購入がいかに素晴らしいことかを散々説明されましたが、冷静に考えると彼らは不動産を売るのが商売。当然「賃貸の方がいい」なんて口が裂けても言いません

 

そんな彼らの言うことをそのまま鵜呑みにして、そのまま家を購入しても良いものでしょうか?

 

A戸建vsマンション

家を購入することは決めたものの、「一戸建てがいいのか、それともマンションの方がいいのか」と迷っているケースです。

 

一戸建ての展示場に行けば、「マンションは階下への音が気になる」とか「土地が財産として残らない」など、戸建ての優位性を強調されます。

 

一方、マンションギャラリーに出かけていけば、「一戸建てはセキュリティが不安」とか「木造は建物の耐久性が低い」などと戸建の悪口を聞かされます。

 

どちらもあながち間違いではありませんので、聞いている側としては混乱してしまうのも無理はないことかもしれません。

 

B中古vs新築

やっとのことでマンションに決めたと思ったら、今度は「新築がいいのか、中古がいいのか」という問題が持ち上がります。

 

新築マンションのデベロッパーに聞いてみれば、「せっかく買うのなら新築でしょう」とか「新築なら設備も最新式です」と強烈に新築をプッシュします。

 

一方、中古マンションの売買で仲介手数料を稼ぐ不動産業者の口からは「新築はデベロッパーの利益が乗っかっているから割高ですよ」とか「マンションならば中古でも一生住めますよ」などと勧められたりします。

 

これまたどちらの言い分にも一理あり、どちらが正しいとも言い切れないところです。

 

C固定金利vs変動金利

最終的に物件が決まったとすると、最後は「住宅ローン」のことを考えなければなりません。

 

物件を売りたい不動産業者は、見た目の負担額が少なく見える変動金利をこぞって勧めますし(前出の「家賃より安い住宅ローン」が典型的な例です)、変動金利であればもし金利が上がったとしても自分の取りっぱぐれの心配がない金融機関もそれに便乗します。

 

さりとて、雑誌等をめくれば固定金利をプッシュする記事も少なくありません。超低金利が続く現在の日本では、固定金利がその真価を発揮するという考え方も十分にできます。

 

非常に悩ましい問題ですが、悩む以前に物件探しに疲弊してしまって住宅ローンのことまで頭が回らない人たちも多く見受けられます。結果として不動産業者に勧められるまま提携ローンを組むケースが多いのですが、果たしてそれが本当に正解でしょうか?

 

D今買うvs貯めてから買う

最後の選択肢は「今家を買った方がいいのか、それともお金を貯めてから買った方がいいのか」というものです。

 

これに関しては、どこの業者に言っても「今買った方がいい!」と言われることでしょう

 

新築マンションデベロッパーしろ戸建ての販売業者にしろ、はたまた中古物件を仲介する不動産業者にしろ金融機関にしろ、今あなたに動いてもらわないと自分の商売にならないからです。

 

特に会社組織では数年後の見込み客を悠長に待っていられるようなところは少なく、なんらかの理由をつけては今すぐ行動を起こさせようとするはずです。

 

その収益構造を考えれば業者にとっては当然の行為かもしれませんが、それは果たしてあなたのためになることでしょうか?

第三者目線のアドバイスはどこで聞ける?

私のところにご相談にいらした方にその理由を聞いてみると、

 

「第三者目線から見た客観的な意見が聞きたかった」

 

という意見が多く聞かれます。

 

「自分にとって何が一番いいのか」を客観的に判断してほしいという気持ちは誰もが持っていると思いますが、上記の例のように、残念ながらどの業者のところに行ってもその願いを叶えるのが難しいというのが現実です。

 

冷静に考えてみれば当たり前の話かもしれません。相談に行ったところで彼らは「自分の会社の商品が一番」と言うに決まっているのですから。

 

これは何も彼らを非難するものではなく、「商品を販売する」という仕事している人の宿命と言える行動原理です。誰だってタダ働きはしたくありません。モノを売っている人に「商品を売るな!」と言うのは、むしろ不条理というものでしょう。

 

そう考えると、彼らのところに話を聞きに行くことを「相談」と位置づけること自体に大きな違和感を覚えてしまいます。始めから商品販売という答えありきでは決して「相談」にならず、ただの「売り込み」になってしまう可能性が高いからです。


その方法や商品があなたに合っているのか

「全ての方法や商品にはメリットとデメリットがある」

 

面談の時に私が口癖のようにお話しする言葉です。

 

肝心なのは、その方法や商品のメリットが必ずしも「あなたにとってのメリット」とは限らないし、反対にそのデメリットが確実に「あなたにとってもデメリット」になるわけでもないということです。

 

実はこの点にこそ、ファイナンシャルプランナー(FP)が相談に来た人に対して果たすべき大きな役目があるのではないかと私は考えています。

 

相談業務を主とするファイナンシャルプランナー(FP)は、どの業者の味方でもありません(その業者の社員でFP資格を持っている人やその業者に雇われたFPは別ですよ、念のため-笑)。

 

ファイナンシャルプランナー(FP)の仕事は相談者の利益を最優先に考えること、言い換えれば「あなたの味方」であることです。そして「あなたの味方」であることで、ファイナンシャルプランナー(FP)は初めて客観的な第三者目線でご相談が承ることが可能となるのです。

 

さらに言えば、ファイナンシャルプランナー(FP)があなたにとって一番いい方法を決めるわけでもありません。

 

あなたの正解はあくまであなたが決めるもの。ファイナンシャルプランナー(FP)の仕事は「あなたが正解を決めることができるだけの判断材料を提供すること」です。ある意味では、それこそが「相談業務の本質」だと私は考えています。

 

業者のところへ行って商品の特性を聞くことももちろん大事です。ただ、あなたが「客観的な意見」や「第三者的な視点」を求めるのであれば、その相談相手としてファイナンシャルプランナー(FP)という選択肢もぜひ考慮してみてください。

 

もしかしたら「始めからここに相談に来れば良かった〜!」と言った相談者の気持ちが、あなたにも分かるかもしれません。


(2017/03/08 文責:佐野純一)

関連テーマのページ


〜マネー設計が開く、幸運のトビラ〜

「ファイナンシャルプランナーって何をする人なんだろう?」
「興味はあるけど何を相談したらいいか分からない…」
「どんなことができるのか、まずはちょっと話を聞いてみたい」

 

そんなあなたのために“初回無料相談”を実施中です。

 

 

実際にコンサルティングをご利用いただいた
お客様の声をご紹介しています。

 

 

 

よく読まれている人気記事



関連ページ

「元利均等」と「元金均等」の違いとは? 〜大家に忍び寄る元金返済の恐怖〜
ローンの2つの基本形である「元利均等」と「元金均等」。両者の違いは一文字だけですが、その一文字の差が意外な違いを生み出すことも。自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、ローンの基本について解説します。
住宅ローンの前に予算を考えよう 〜「目安は年収の5倍」のウソ〜
住宅予算は「年収の5倍」と言われますが、果たして本当でしょうか。住宅ローンの前に、いや、家を探し始める前にまず考えておきたい住宅予算。自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、「あなたにあった住宅予算」の考え方をお教えします。
気になる「マンションの寿命」 〜マンションは“終の住処”となり得るのか〜
最近ではリノベーションに注目が集まっていますが、古いマンションを買うことにそこはかとない不安を覚える人も多いはず。実際のところ「マンションの寿命」とはどのくらいなのでしょうか。自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、意外と見落とされやすいマンションの耐久性を解説します。
「変動VS固定」はどっちがお得? 〜ローンを考える時に本当に大事なこと〜
「変動金利」か「固定金利」かで悩む人も多い住宅ローン。でも実はその前に「もっと悩むべきこと」があります。自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、モノを売らないコンサルタントとしての視点から住宅ローンを解説します。
繰上げ返済の本当の意味とは? 〜「お得」よりも重要な効果を考える〜
住宅ローンを組んでいる人の関心が高い「繰上げ返済」。その繰上げ返済の時、「期間短縮型」を選ぶ人がほとんどですが、果たして本当にそれが正解でしょうか? 自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、「お得よりも大事なこと」を解説します。
「建ぺい率」と「容積率」を知ろう 〜収益アパート購入の基礎知識〜
その土地にどんな建物が建てられるかは「建ぺい率」と「容積率」で決まってきます。この二つの言葉知らないと、せっかく土地を手に入れても理想の家が建たないかもしれません。自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、建築のための基本知識を解説します。
住宅予算ってどうやって決めているの? 〜やっぱり気になる他人の財布〜
「人生で一番大きな買い物」と言われる住宅。皆さんはどうやってその予算を決めているのでしょうか。自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、これまでの相談の中で出会ってきた一般的な考え方とその盲点を解説します。
あなたは戸建派? マンション派? 〜コストで考える“正しい住まい”の選択〜
住宅購入の時、「マンションにするか」「一戸建てにするか」と悩む方も多いと思います。一般的には「好みの問題」とされるこの選択。コストの面で考えた時はどうなるのでしょうか。自ら賃貸経営を営む「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、ライフプランの観点から両者を比較します。
その住替え、本当に大丈夫ですか? 〜自宅を賃貸に出す時の注意点〜
住替えの際に「元の自宅を賃貸に出したい」というご相談を受けます。確かに家賃収入を得られて、なおかつ手放さなくて良いのであればそれに越したことはありません。しかが、そこには思わぬ落とし穴が待っていることも。自ら賃貸経営を営む「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、そんな「住替えに潜む罠」を解説します。
住宅は“購入”? それとも“賃貸”?” 〜永遠のテーマに決着をつけよう〜
住宅は「購入」がいいのか? それとも「賃貸」がいいのか? これは自宅に関する“永遠のテーマ”とも言える問題ですが、その議論は不動産を「商品」として扱う業者の理屈で行われています。自ら賃貸経営を営む「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、あなたにとっての“正解”を導き出します。

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP プロフィール/ご挨拶 料金体系について 面談場所について ご相談事例 お客様の声