不動産投資/アパート経営のご相談はFPグリュックへ!

相続対策/税金関係のコラム

相続対策のコラム





税金関係のコラム



〜マネー設計が開く、幸運のトビラ〜

「ファイナンシャルプランナーって何をする人なんだろう?」
「興味はあるけど何を相談したらいいか分からない…」
「どんなことができるのか、まずはちょっと話を聞いてみたい」

 

そんなあなたのために“初回無料相談”を実施中です。

 

 

実際にコンサルティングをご利用いただいた
お客様の声をご紹介しています。

 

 

 

よく読まれている人気記事



相続対策/税金関係のコラム記事一覧

税金を知ることが成功への近道! 〜実際に手元にお金を残すためには?〜

“不動産投資”や“アパート経営”と聞くと、すぐに「不労所得」と考える方がいらっしゃいます。不動産投資に興味を持ったきっかけが、この「不労所得」という言葉だったという方もいるかもしれません。しかしながら、これは私のところにご相談に来ていただいた方に、まず最初に捨てていただく先入観でもあります。不動産投...

≫続きを読む

 

間違いだらけの相続対策 〜子供達に「負の遺産」を残さないため守るべきこと〜

「相続税対策にはアパート建築が一番です!」毎週のように地主さんのところに押しかけては繰り返されるアパート建設会社営業の常套句です。確かに所有している土地にアパートを建てることは、相続税対策の一環になることがあります。ただ、建設会社の営業がその意味を正しく理解しているかと言えば、それは大きなクエスチョ...

≫続きを読む

 

「家賃収入○○○万!」の真実〜 “収入”と“所得”って何が違うの?〜

「頭金なしで家賃収入100万円!」「アパート経営であっという間に家賃収入300万円!」建設会社のネット広告や不動産投資指南本のタイトルでよく見かけるフレーズです。この言葉だけ聞くと、まるで何百万もの現金が(しかも不労“所得”で!)自分の懐に入ってくるような感覚に陥ってしまいそうです。実際に「ちょっと...

≫続きを読む

 

「減価償却」を知らずに賃貸経営の成功はない 〜不動産投資 数字のマジック〜

資産運用として不動産投資を考える時、「減価償却」という概念は避けて通れません。「減価償却」という言葉自体は当サイトにも度々登場していますので耳にされたことのある方も多いと思いますが、正しく理解されている方は意外と少ないようです。この「減価償却」とは税法上の一つの考え方です。「税金」と聞くだけでアレル...

≫続きを読む

 

不動産投資節税効果のウソ 〜結果的に大家が損するワケとは?〜

「なぜ不動産投資を始めようと思ったのですか?」不動産投資のご相談にきた方に、私が一番初めにする質問です。お客様の目的を知り、その達成に最適な方法が果たして本当に不動産投資なのかどうかを考える。私のコンサルティングはこんなところからスタートします。この質問をすると、たまに「節税目的で」と答える方がいら...

≫続きを読む

 

相続対策で本当に大切なこと 〜「お得」より「順番」を考えよう〜

ファイナンシャルプランナー(FP)として相続のご相談を受けることは多々ありますが、そんな中で意外と多いのはこんな入り口です。「相続税を減らすためにはどうしたら良いですか?」確かに世の中には相続税を減らす方法はいくつもあります。当然、そうしたアドバイスをさせていただくことも少なくありませんが、相続の本...

≫続きを読む

 

法定相続人を正しく理解しよう 〜起こりうる大どんでん返しとは?〜

「相続人」という言葉は皆さんも耳馴染みのあるものだと思います。身の回りに相続が発生していなくても、テレビや小説などによく登場する「相続人」。正確には「法定相続人」という名前で、民法によって様々なルールが決められています。相続問題を考える時、法定相続人の理解はその第一歩と言えます。この認識が甘いと後で...

≫続きを読む

 

日本一高い税金を知っていますか? 〜贈与税と相続税の知られざる関係〜

税金は誰に取っても嬉しくないもの。そんな中でも特に税率の高い税金は何かご存知でしょうか?その答えは「贈与税」です。贈与税の最高税率はなんと55%。この数字だけ見ると、半分が税金で持っていかれるイメージです。なぜ贈与税はそれほどまでに高いのか?その理由を理解するためには、贈与税の成り立ちを知らなければ...

≫続きを読む

 

遺言書には種類がある? 〜モメない相続のために今できること〜

「遺言書」と聞くとあなたは何を想像するでしょうか?もしかしたらミステリー小説やテレビドラマを連想する方もいらっしゃるかもしれません。そこまでいかなくても、なにか自分とは縁遠いものと感じている人は少なくないはずです。ところが、最近遺言書の存在が改めてクローズアップされています。当然遺言書は「死」を前提...

≫続きを読む

 

相続した土地のこと誰に相談する? 〜まったく新しい第5の選択肢〜

「現役大家FP」である私のところには、相続した土地や収益物件に関するご相談も多く寄せられます。そんなご相談者の方に「どうして私のところにご相談にいらしたのですか?」と伺うと、「誰に相談すればいいか分からなくてここに来ました」とお答えになる方は少なくありません。世の中には「不動産の専門家」と呼ばれる(...

≫続きを読む

 

円満な相続のカギは“遺留分”にあり 〜揉めない分割のための基礎知識〜

「遺留分」という言葉をご存知でしょうか。遺言書の作成など遺産分割を考えるときに出てくることの多いこの言葉。「聞いたことはあるよ」という方は多いかも知れませんが、実はこの「遺留分」は誤解を招きやすい言葉でもあります。正しく理解していないとせっかく考えた遺産分割が後に大きな争いのタネになることもある「遺...

≫続きを読む

 

あなたの知らない不動産相続の難しさ 〜共有名義が後の「争族」を招く?〜

「共有名義」という言葉をご存知でしょうか?特に不動産業界で多く使われる言葉で、簡単に言えば「一つの不動産を複数名で所有すること」を指します。例えば、ご自宅をご夫婦で購入される場合、住宅ローンをご夫婦で半分ずつ負担するとなるとご自宅はご夫婦の「共有名義」となり、一般的はそれぞれ半分ずつの所有権を持つと...

≫続きを読む

 

自宅しか資産がない相続は揉める? 〜分割できない資産を分割する方法〜

2015年1月の相続税増税で、相続税の対象となる家庭が大幅に増えたことは大きな話題になりました。一説には増税前は20人に1人だった対象者が7人に1人まで増えたと言われていますから、以前は他人事だった相続税もだいぶ身近なものになってきたと言えるでしょう。その増税で新しく対象になったケースで多いのが、現...

≫続きを読む

 

中古物件の減価償却はこう計算する 〜節税より大事な出口戦略とは?〜

このコラムでも再三触れているように、不動産投資において「減価償却」は大きな役割を担っています。不動産投資の成否は、「減価償却費を味方にできるかどうか」にかかっていると言っても過言ではないかもしれません。しかしながら、なかなか理解するのが難しい減価償却の考え方。特に中古物件に関しては、その計算方法はさ...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP プロフィール/ご挨拶 料金体系について 面談場所について ご相談事例 お客様の声