不動産投資/アパート経営のご相談はFPグリュックへ!

間違いだらけの相続対策 〜子供達に「負の遺産」を残さないため守るべきこと〜

相続税対策にはアパート建築が一番???

「相続税対策にはアパート建築が一番です!」

 

毎週のように地主さんのところに押しかけては繰り返されるアパート建設会社営業の常套句です。

 

確かに所有している土地にアパートを建てることは、相続税対策の一環になることがあります。ただ、建設会社の営業がその意味を正しく理解しているかと言えば、それは大きなクエスチョンです。

 

なぜなら、彼らの目的は地主さんの相続税対策ではなく、自分の会社がアパート建設を受注することなのですから。

 

「相続税対策にアパート建設が効果的」と言われる一方で、同じくらい「アパート建設で失敗した!」という声も聞きます

 

なぜそんなことになってしまうのか。実際に賃貸経営を行っている「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、“現役大家”の視点で解説していきます。


アパート建築が「相続税対策」になる理由

そもそも「相続税対策」とはなんでしょうか?

 

一口に言えば、それは「相続税を減らすこと」であり、そのためには相続税計算の基である「相続税評価額を減らすこと」が大切になります。

 

その「相続税評価額」は資産によって算出の方法が異なります。

 

一番分かりやすいのが現金や預貯金で、これらは1億円あれば相続税評価額もそのまま1億円となります。

 

では、土地や建物の場合はどうなるのでしょうか。

 

資産として考えれば単純に売値を相続税評価額とすれば良いかも知れませんが、不動産は非常に売値を決めるのが難しい資産です。世界中を探しても一つとして同じものがないのが不動産ですし、同じ物件でも売買の時期や売り手と買い手の事情によっても大きく金額が変わってきてしまいます。

 

そのため、不動産に関しては土地と建物でそれぞれ独自の不動産評価額の算出方法が決まっています

 

土地の評価額算出方法

土地に対する相続税評価額の算出方法は以下の通りです。

 

土地評価額 =路線価×土地面積×補正値

 

「路線価」とはあまり聞きなれない言葉かも知れませんが、これは国税庁が相続税評価額のために道路一本一本につけている値段のことです。国土交通省の地価公示価格とリンクしており、原則として高値で取引される土地に隣接する道路にはそれ相応の路線価がつけられています。

 

この路線価に土地面積を掛け、さらに個別の事情によって補正をかけたもの(二つの道路に接していたらプラス評価、いびつな形ならマイナス評価など)が、その土地の相続税評価額です。

 

では、この相続税評価額がアパートを建てることによってなぜ下がるのでしょうか。

 

実は上の計算式は「更地」か「自用地」(自宅が建っている土地)の評価額です。この土地にアパートを建てることによって、土地の種類が「貸家貸付地」と変わり評価額が下がる仕組みとなっています。

 

その土地にアパートが建っていて他人(賃借人)が住んでいる以上は、いかに所有者といえど簡単に土地を処分することはできません。ですから相続税評価額もその分だけ低くしようという理屈です。

 

「貸家貸付地」の相続税評価額は自用地に補正をかけて求められます。

 

貸家建付地の評価額 =自用地の評価額×(1−借地権割合×借家権割合)

 

「借地権」とはその土地を借りている人の権利で、割合が路線価ごとに定められています。

 

「借家権」はその家を借りている人の権利で、こちらは全国一律30%となっています。

 

日本ではこうした不動産の借り手の権利が強く認められていますので、更地よりも貸家貸付地の方が評価が低くなるのです。

 

それでは、更地にアパートを建てると土地の相続税評価額はどのくらい下がるのでしょうか。

 

更地の評価額を1億円、借地権割合を70%とすると次のような計算式になります。

 

貸家建付地の評価額=1億円×(1−70%×30%)=7,900万円

 

同じ土地でありながら、20%以上の評価減となりました。

 

なるほど、アパートを建てることで土地に関しては相続税節税の効果はありそうです。

 

建物の評価額算出方法

一方、建物の相続税評価額はどのように計算されるのでしょうか。

 

建物の相続評価額の計算方法はいたってシンプルです。

 

建物評価額 =固定資産税評価額

 

「固定資産税評価額」とは、その名の通り毎年の固定資産税の基になるものです。物件にもよりますが、新築であればおおよそ建設費の50〜70%が目安となります。

 

例えば1億円で自宅を建てた場合は、固定資産税評価額として6000万円程度と算出されることになるでしょう。

 

これが、他人に貸すアパートとなると先程も登場した「借家権」の分だけ評価が下がります。

 

アパートの評価額 =固定資産税評価額 × ( 1−借家権割合)

 

借家権割合は先ほどお話しした通り全国一律で30%ですから、1億円でアパートを建てた場合は以下のような計算になります。

 

アパートの評価額 =6000万円 × ( 1−30%)=4200万円

 

1億円かけて建てたアパートが4200万円の相続税評価額となるわけです。1億円の現金に比べたら確かに相続税は安くなります。

 

この事実をもって建設会社は「節税できた!」と胸を張るわけですが、果たして本当にそうでしょうか。


そのアパートに1億円の価値がありますか?

改めて考えていただきたいのは、「建設費1億円のアパートに1億円の価値があるか」ということです。言い方を変えればこれは、「建設費1億円のアパートが1億円で売れるか」ということでもあります。

 

もちろん建物は土地と併せて初めてその価値が決まるわけですが、単純に建物だけを考えた場合、建設費1億円のアパートは1億円では売れません

 

理由は単純です。建設費1億円の中には建設会社の利益が入っており、竣工した瞬間にその分は建物の価値から差し引かれてしまうからです。建設会社の受注金額が1億円であれば、建物自体の価格はそれ以下であることは疑いの余地はありません。

 

また、もしそのアパートにきちんとした収益性がなければ、建設費にいくらかけたとしてもその収益性に見合った売値しかつかない点にも注意するべきです。アパートなどの収益物件は家賃収入から利回りを計算して売却価格が決められることがほとんどで、建設費にいくらかかったかは問題にされません。収益性が低ければ、自ずと売却価格も低くなってしまうのです。

 

つまり、現金1億円でアパートを建てた場合、相続税評価額が下がるのではなく、資産そのものが減少している可能性も否定できません

 

果たしてそれを「節税」と呼んでいいものでしょうか?


「借金で相続税が減る」は大いなる誤解

そうやって考えてみると、よく言われる「借金してアパートを建てると相続税が減らせる」という考え方が大いなる誤解であることが分かります。

 

確かに借金をすれば、その分を手持ちの資産からマイナスすることができます。ただし、借りてきたお金をそのままにしていたのでは意味がありません。借金した分だけ「現金」という資産が増えているだけですから、プラスマイナスはゼロとなり従来の資産は1円たりとも減ってはいないのです

 

借りてきた「現金」を「不動産」という形に変えることで、初めて相続税評価額を減少させることができるのですが、この行為は先ほども述べたように「資産そのものが減る危険性」を含んでいます。

 

相続資産が減っていれば、相続税が減るのは当たり前の話です。それはもはや「節税」ではありません。

 

資産を削ってまで相続税を減らしたほうが良いのか、大いに疑問が残るところです。


相続税を減らすことよりも大切なことがある!

私個人としては、「相続対策のため」に土地活用やアパート経営を行うことには懐疑的です。

 

相続税節税ばかりに意識が行ってしまい、賃貸物件としての事業性を大きく欠くケースが多いからです。

 

「賃貸経営」という事業に失敗してしまえば、今回相続税を多少節税できたとしても、次の世代で土地を失うことになってしまいます。それどころか、土地を売却してもなおアパートローンの残債が残るかもしれません。

 

それはまさに「負の遺産」です。

 

自分の子供に遺すのであれば、そんな「負の遺産」ではなく、「今後のキャッシュフローを生み出す仕組み」を選びたいものです。

 

極端な話、その仕組みを遺すために相続税が増えたとしても、それはそれで構わないのではないでしょうか。遺される側にとってどちらが嬉しいかは、考えるまでもないことです。

 

もちろん、上手くやれば相続課税評価額を増やさずにキャッシュフローの仕組みを遺すことも可能です。ただし、これには“ブレ幅”という意味の「リスク」が伴うことは留意するべきです。

 

単に相続税の節税だけが目的であれば、安易にアパート建築に飛びつくのは大変危険です。アパート建築以外にも節税の方法はたくさんあり、それらを駆使することで上手く資産を次世代に遺すこともできます。また、アパートを建設することで土地の分割が難しくなり、相続問題を逆に複雑にしてしまうこともあり得ます。

 

相続対策はそのご家庭によってまったく違うものです。

 

建設会社の理屈ではなく、「あなたの状況にあった相続対策」を考えてみてはいかがでしょうか。


(2016/02/03 文責:佐野純一)

関連テーマのページ


〜マネー設計が開く、幸運のトビラ〜

「ファイナンシャルプランナーって何をする人なんだろう?」
「興味はあるけど何を相談したらいいか分からない…」
「どんなことができるのか、まずはちょっと話を聞いてみたい」

 

そんなあなたのために“初回無料相談”を実施中です。

 

 

実際にコンサルティングをご利用いただいた
お客様の声をご紹介しています。

 

 

 

よく読まれている人気記事



関連ページ

税金を知ることが成功への近道! 〜実際に手元にお金を残すためには?〜
不動産投資をする時に忘れがちな税金のお話。実は税金とどう付き合うかが成否の分かれ目です。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、不動産所得を解説します。
「家賃収入○○○万!」の真実〜 “収入”と“所得”って何が違うの?〜
「家賃収入」という甘い言葉に騙されていませんか?家賃によって得た収入を給与収入と同じように考えてしまうと、とんでもないことになってしまいます。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、家賃収入の真実に迫ることで不動産広告の裏側ををお教えします。
「減価償却」を知らずに賃貸経営の成功はない 〜不動産投資 数字のマジック〜
不動産投資を行う上で、減価償却は絶対に知らなくてはならない概念です。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、実践的な減価償却費の使い方をお教えします。
不動産投資節税効果のウソ 〜結果的に大家が損するワケとは?〜
節税を売り文句に収益物件を勧める不動産業がいますが、果たして本当でしょうか? 自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、その節税効果に隠されたウソを暴きます!
相続対策で本当に大切なこと 〜「お得」より「順番」を考えよう〜
相続対策で本当に大切なことは節税対策ではありません。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、幸せな相続のために考えるべき順番を解説します。
法定相続人を正しく理解しよう 〜起こりうる大どんでん返しとは?〜
法定相続人を知らずに相続対策はできません。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、法定相続人の仕組みに隠された意外な落とし穴を解説します。
日本一高い税金を知っていますか? 〜贈与税と相続税の知られざる関係〜
日本一高い税金と言われる贈与税。その理由は意外にも相続税との関係にあります。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、この両者の関係を解説します。
遺言書には種類がある? 〜モメない相続のために今できること〜
遺言書に種類があることをご存知ですか。遺言書を有効に使って争族を回避しましょう。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、遺言書の種類とそれぞれの特徴を解説します。
相続した土地のこと誰に相談する? 〜まったく新しい第5の選択肢〜
相続した土地やアパートをどうしようか頭を悩ませる方も多いでしょう。「売るべきか」それとも「活用するべきか」。こんな時には誰に相談すればいいのでしょうか。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、相談の裏側に潜む各業者の思惑を解説します。
円満な相続のカギは“遺留分”にあり 〜揉めない分割のための基礎知識〜
「遺留分」という言葉を聞いたことがあるでしょうか? 遺産分割の時に登場するキーワードですが、その正しい意味は意外と知られていません。“お金の相談のプロ”である「現役大家FP」が、遺留分を分かりやすく解説します。
あなたの知らない不動産相続の難しさ 〜共有名義が後の「争族」を招く?〜
不動産の関するご相談を受けると、少なからず「共有名義」の土地や建物に出くわせます。不動産の世界ではそれほど珍しくない「共有名義」。しかしながら、相続問題を考えた時、これが最悪の選択肢になり得るのをご存知でしょうか。“お金の相談のプロ”である「現役大家FP」が、その理由を解説します。
自宅しか資産がない相続は揉める? 〜分割できない資産を分割する方法〜
2015年の相続税増税を機に、「自宅しか資産のない相続」が急増しています。分割できない自宅をどのように相続すれば揉め事に発展しないのか。「お金の相談のプロ」であるFPが解説します。
中古物件の減価償却はこう計算する 〜節税より大事な出口戦略とは?〜
あなたの不動産投資は減価償却費を味方にするかどうかでその結果が大きく変わってきます。計算が難しい中古物件の減価償却費を通して、「お金の相談のプロ」である現役大家FPが減価償却費のポイントを解説します。

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP プロフィール/ご挨拶 料金体系について 面談場所について ご相談事例 お客様の声