不動産投資/アパート経営のご相談はFPグリュックへ!

「家賃収入○○○万!」の真実〜 “収入”と“所得”って何が違うの?〜

誰でも簡単に家賃収入を得ることができる?

「頭金なしで家賃収入100万円!」
「アパート経営であっという間に家賃収入300万円!」

 

建設会社のネット広告や不動産投資指南本のタイトルでよく見かけるフレーズです。

 

この言葉だけ聞くと、まるで何百万もの現金が(しかも不労“所得”で!)自分の懐に入ってくるような感覚に陥ってしまいそうです。実際に「ちょっと話だけでも…」と思ってしまう方も少なくないでしょう。

 

しかし、このサイトに辿り着いた方なら既に御察しのことだと思いますが、現実はそれほど甘くはありません。このフレーズが真実ならば、今頃は世の中大家さんだらけになっているはずです(笑)。

 

実際にそうなっていないのは、このフレーズの裏側に何か“別の真実”が隠れているからに他なりません。

 

今回は、自ら賃貸経営を行うファイナンシャルプランナー(FP)が、“現役大家FP”の視点から「家賃収入」という言葉を解説してみたいと思います。


「収入」と「所得」の違い、知っていますか?

「家賃収入」という言葉を紐解くには、まずはその意味を知らなければなりません。

 

「収入」とよく似たものに「所得」という言葉があります。先ほども「不労所得」という使われ方で登場しましたので、皆さんにとっても耳馴染みのある言葉だと思います。

 

この「収入」と「所得」が何がどう違うのか

 

この答えを正確にご存知の方はあまりいらっしゃいません。違いがよく分からずに「収入」と同義語で使っていたり、間違った意味で使われているケースをよく見かけます。

 

誤解が多いのは「所得=手取り」と思っているパターンです。

 

年末に勤務先からもらう源泉徴収票を見ると、一番右に「支払額」(いわゆる「額面」)の欄があります。これが給与でいうところの「収入」にあたり、年収を聞かれた時にはこの数字を答えるのが一般的です。

 

その横に「給与所得控除後の金額」という欄があり、支払額より少ない金額が記載されているのをご存知でしょうか。

 

よく見ると支払額から20〜30%ほど少ない金額になっています。一般的に所得税で持っていかれるイメージに近い数字ですから、なるほど、これを見て「給与所得=手取り金額」と考えてしまうのは無理もない話かもしれません。

 

ただし、これは大きな誤解。「給与所得控除後の金額」は決して手取り金額のことではありません

 

さらに言えば、この「収入」と「所得」の関係性を給与収入とそれ以外(例えば事業収入や不動産収入)で同じように考えてしまうと、不動産投資の事業計画としては大きな落とし穴にはまることも。

 

手元にお金が残る賃貸経営をするためには、「所得」という概念を正しく理解する必要があります


「所得」の正しい意味を知ろう

ここでいう「所得」とは税法上の言葉で、税金計算の基本となる数字のこと言います。少し難しい言葉で言えば、「所得税の課税対象となる金額」です。

 

例えば、年間で1000万円の売り上げがある飲食店があるとします。税務署がこのお店から税金を取ろうとする時、何を基準に税額を計算すれば良いでしょうか?

 

売上の1000万円にそのまま税金をかけられたら、お店としてはたまったものではありません。

 

それはそうです、1000万円の売上をあげるためには様々な食材や調理器具を仕入れたり、スタッフの人件費を払ったりしなければなりません。場合によっては、お店の家賃を払うこともあるでしょう。売上を出すためには、どうしても経費は必要となります。

 

そうした経費を考えずに売上そのものが課税対象となったら、おそらくこのお店は税負担で潰れてしまうはずです。

 

ですから税金とは「売上」ではなく、そこから必要経費を差し引いた「利益」にかけられるべきなのです。

 

もうお分かりですね。

 

税法上は「売上=収入」であり、「利益=所得」なのです

 

上記の例のように、所得は原則として「収入-経費」で求められます。

 

同じように売上が1000万円あるお店でも、経費が700万円ならば所得は300万円となりますし、逆に経費が1200万円かかっているのであれば所得はマイナス200万円ということになるわけです。


一番馴染み深い「給与所得」が実は一番特殊!

実は「所得」は税法上10種類に分けられます。

 

上の例のような飲食店であれば「事業所得」。サラリーマンの給料であれば「給与所得」。そして家賃収入なら「不動産所得」といった具合です。

 

これら10種類の所得は、それぞれ計算方法が微妙に異なります。

 

皆さんに一番馴染みのあるのはサラリーマンの「給与所得」だと思いますが、この所得は計算方法で言えばかなり特殊な部類に入ります

 

と言うのも、サラリーマンには明確な「経費」というものがありません。先ほどの「収入-経費」の原則で言えば、収入から引けるものは何もないことになります。

 

ただ、サラリーマンも仕事で使うスーツやかばんなどの最低限の準備は必要です。まったく経費が認められないというのは、他の職業に比べて不公平と言えるでしょう。

 

一方で、かばんなどの身の回りのものは、仕事で使うものなのか、それともプライベート用なのかの判別が難しいのも事実。日本中のサラリーマンに対して経費か否かを精査するのは、現実的ではありません。

 

そこで、税務署はそれぞれの収入に応じた「給与所得控除」を給与収入から差し引くことを認めています。つまり、この給与所得控除がサラリーマンの「経費」の代わりとなるわけです。

 

その結果、給与所得には他の所得では絶対に起こりえないある特徴が生まれます。

 

それは理論上「所得がマイナスになることはない」ということです(給与収入が65万円以下の場合は給与所得は0円になる)。

 

先ほど、給与所得とその他の所得を同じように考えてはいけないと書きましたが、その理由はここにあります。

 

給与所得以外では、収入があっても所得がマイナスになることは普通にあり得ます。ですから、給与と同じように「所得って収入よりちょっと低い金額になるんでしょ」と漠然と考えていると、大きな勘違いを引き起こすことになってしまうのです。


「不動産所得」の計算には大きな二つの特徴がある

ここで「家賃収入」に話を戻しましょう。

 

冒頭に書いた「家賃収入300万円!」のフレーズは、こうして考えてみれば必ずしもポジティブな意味とは限りません。

 

そうです、その家賃収入を生み出すのにどれだけ経費がかかっているかがわからないからです。

 

このフレーズの本当の意味が、「家賃収入300万円!…でも経費は400万円」だとしたら、それこそ目も当てられません。

 

こうした裏側を見抜けずに、「家賃収入で300万なら、(給料と同じように)税金引かれて手取200万ぐらいかな」と考えてしまったら、あなたはまんまと不動産業者の広告に釣られたことになります

 

さらに不動産投資や賃貸経営で得られる「不動産収入」の場合、所得と手元に残るお金で大きなズレが生まれることがあります

 

その理由は大きく二つ。実際にはお金が出ていかないのに経費として計上できる「減価償却費」と、逆に実際はお金が出ていくのに経費に計上できない「借入金の元金」です。

 

一般的には、始めのうちは経費計上できる金額が多く(つまり所得が少なく)、後になればなるほど経費として計上できる金額が少なく(つまり所得が多く)なっていきます。

 

所得が増えれば当然税金が増えるわけですから、たとえ家賃収入がずっと変わらなくても、税金の分だけ手元に残る金額はどんどん減っていくのです。

 

これは不動産収入の大きな特色と言えます。

 

だからこそ「家賃収入」だけでは不動産投資の事業計画は語れないのです。


「収入」より「所得」より大事なのは…

不動産投資において本当に大事なのは、「収入」でも「所得」でもありません。

 

いくらお金が自分の手元に残るのか、いわゆる「キャッシュフロー」こそがその本質なのです。

 

どうすれば現金が手元に残るのか。

 

賃貸経営は常にその問題と向かい合わせです。逆に言えば、この問題と向かい合わない大家の手元にお金は残りません

 

そして、その方法は持っている物件の規模や他で得られる所得、あるいはその人のリスク許容度をどのくらいで設定するかによって大きく異なります。

 

自分の物件をフル活動させるためには、それぞれの状況に合わせて様々な手段を講じ続ける必要があります

 

だからこそ、私が口癖のように言うのです。「賃貸経営は不労所得ではない!」と。

(2016/02/10 文責:佐野純一)

関連テーマのページ


〜マネー設計が開く、幸運のトビラ〜

「ファイナンシャルプランナーって何をする人なんだろう?」
「興味はあるけど何を相談したらいいか分からない…」
「どんなことができるのか、まずはちょっと話を聞いてみたい」

 

そんなあなたのために“初回無料相談”を実施中です。

 

 

実際にコンサルティングをご利用いただいた
お客様の声をご紹介しています。

 

 

 

よく読まれている人気記事



関連ページ

税金を知ることが成功への近道! 〜実際に手元にお金を残すためには?〜
不動産投資を行う時につい後回しにしてしまいがちな税金のお話。しかし、実は税金とどう付き合うかが不動産投資の成否の分かれ目です。自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、賃貸経営の基本「不動産所得」を解説します。
間違いだらけの相続対策 〜子供達に「負の遺産」を残さないため守るべきこと〜
相続対策としてのアパート建築は、その家庭にとって致命的な間違いになることがあります。良かれと思ってやったことが、なぜそうなってしまうのでしょうか。自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、「子供に負の遺産を残さない方法」をお教えします。
「減価償却」を知らずに賃貸経営の成功はない 〜不動産投資 数字のマジック〜
不動産投資を行う上で、「減価償却」は絶対に知らなくてはならない概念です。賃貸経営成功へのカギと言ってもいいでしょう。自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、実践的な減価償却費の使い方をお教えします。
不動産投資節税効果のウソ 〜結果的に大家が損するワケとは?〜
「節税」を売り文句に収益物件を勧める不動産業がいます。しかし、税金の仕組みを理解せずに手を出すと思わぬ失敗につながることも。自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、その節税効果に隠されたウソを暴きます!
相続対策で本当に大切なこと 〜「お得」より「順番」を考えよう〜
相続対策で本当に大切なことは「節税対策」ではありません。「相続」が「争族」にならないようにするために出来ることとは? 自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、幸せな相続のために考えるべき順番を解説します。
法定相続人を正しく理解しよう 〜起こりうる大どんでん返しとは?〜
相続対策には様々な方法がありますが、その基礎となるのが「法定相続人」という考え方です。自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、法定相続人の仕組みに隠された意外な落とし穴を解説します。
日本一高い税金を知っていますか? 〜贈与税と相続税の知られざる関係〜
「日本一高い税金」と言われる贈与税。その秘密は意外にも相続税との関係性にあります。自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、この両者の関係を解説します。
遺言書には種類がある? 〜モメない相続のために今できること〜
遺言書に種類があることをご存知でしょうか。遺言書を有効に使うことで、「相続」が「争族」になるのを回避できます。自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、遺言書の種類とそれぞれの特徴を解説します。
相続した土地のこと誰に相談する? 〜まったく新しい第5の選択肢〜
相続した土地やアパートをどうしようか頭を悩ませる方も多いでしょう。「売るべきか」それとも「活用するべきか」。こんな時には誰に相談すればいいのでしょうか。自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、相談の裏側に潜む各業者の思惑を解説します。
円満な相続のカギは“遺留分”にあり 〜揉めない分割のための基礎知識〜
「遺留分」という言葉を聞いたことがあるでしょうか? 遺産分割の時に登場するキーワードですが、その正しい意味は意外と知られていません。自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、遺留分を分かりやすく解説します。
あなたの知らない不動産相続の難しさ 〜共有名義が後の「争族」を招く?〜
不動産の関するご相談を受けると、少なからず「共有名義」の土地や建物に出くわせます。不動産の世界ではそれほど珍しくない「共有名義」。しかしながら、相続問題を考えた時これが“最悪の選択肢”になり得るのをご存知でしょうか。自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、その理由を解説します。
自宅しか資産がない相続は揉める? 〜分割できない資産を分割する方法〜
2015年の相続税増税を機に、「自宅しか資産のない相続」に相続税は課せられるケースが急増しています。分割できない自宅をどのように相続すれば揉め事に発展しないのか。自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が解説します。
中古物件の減価償却はこう計算する 〜節税より大事な出口戦略とは?〜
あなたの不動産投資は「減価償却費」を味方にするか否かでその結果が大きく変わってきます。計算が難しい中古物件の減価償却費を通して、自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が減価償却費のポイントを解説します。
あなたの相続税はこうやって決まる 〜計算過程から見えてくる節税対策〜
「自分の相続税がいくらになるのか?」。気になっている人も多いでしょう。相続税を節税するためには、まずは相続税がどうやって決められているかを知らなくてはなりません。「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、相続税の計算過程を通して「節税のポイント」を解説します。

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP プロフィール/ご挨拶 料金体系について 面談場所について ご相談事例 お客様の声