不動産投資/アパート経営のご相談はFPグリュックへ!

貯蓄型保険の時代は終わった? 〜マイナス金利時代の生命保険とは〜

貯蓄型保険の時代は終わった?

去る2017年3月、生命保険業界は貯蓄型保険の駆け込み需要に湧きました。これをお読みの方の中にも、もしかしたら「今、入った方がお得ですよ!」と保険販売員に勧められて、ついつい加入してしまった方もいらっしゃるかもしれません。

 

あの騒動から一息ついた今、慌てて保険に加入した方から「ホントにお得だったのかなぁ」という相談が寄せられることがあります。

 

また、その反対に「結局その時に保険に入らなかったんだけど、今からだと手遅れかな?」という声もあります。

 

果たして3月までに加入した方は本当にお得だったのか? あるいは、これからの保険加入はどうすればいいのか?

 

「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、“生命保険を売らない”コンサルタントとしての立場で生命保険の「実際のところ」を解説します。


貯蓄型保険のメリットとデメリット

まずは「貯蓄型保険」の基本的な部分をおさらいしておきましょう。貯蓄型保険のメリットとデメリットとは一体どんなものでしょうか?

 

貯蓄型保険のメリット

貯蓄型保険のメリットは、何と言っても「いずれお金が返ってくる」点にあります。

 

どんな保険設計にするかによっても変わってきますが、3月までは長年保険料を払い続けることによって、20〜30年後にはお金が増えて戻ってくるような保険も珍しくはありませんでした。

 

支払った保険料以上の満期金や解約金が約束されている商品ですから、銀行口座の利子がほとんど期待できない近年では、「銀行に預けておくよりも増えますよ!」というのが保険販売員の常套句となっていたものです。

 

さらに、曲がりなりにも生命保険ですからなんらかの「保障」がついてきます。

 

貯蓄型保険の場合、保障の対象が「死亡」や「三代疾病(ガン・心筋梗塞・脳卒中)」であることが多く、人生においてそれらの保障が必要な期間は“保険会社にお金を預ける”ような感覚で「もしもの時」に備えることができるのです。

 

幸いにも「もしもの時」が訪れなければ、タイミングを見て保険を解約すれば銀行に預けていた以上のお金が戻ってくる仕組みになっていましたから、貯蓄型保険はライフプランにおいて「貯蓄」と「保障」の二つの役割を担っていたと言うことができるでしょう。

 

貯蓄型保険のデメリット

そう書くと貯蓄型保険はいいことづくめのように聞こえるかもしれませんが、もちろんそんなことはありません。どんな選択肢にもメリットとデメリットは必ずあるものです。

 

貯蓄型保険のデメリットはズバリ「資産の“流動性”を失うこと」です。

 

“流動性”とは運用の世界で「現金化のしやすさ」を指す言葉です。例を挙げれば、いつでも現金を引き出せる銀行の普通口座は「最も流動性の高い金融商品」と言える金融商品です。

 

貯蓄型保険の場合、途中で解約して現金化しようとすると、払った保険料を下回る金額しか返ってこないことが一般的です。特に「低解約返戻金型」と呼ばれる形の保険では、保険料を全て払い終わるまでに解約してしまうと戻ってくるお金が大幅に少なくなってしまいます。

 

その意味で貯蓄型保険は「流動性が低い商品」と言うことができます。

 

それでは、流動性が低いと何が困るのでしょうか?

 

例えば、なにか緊急にお金が必要となった時に、すぐ引き出せるお金が手元にないことになります。

 

例えば、今後ライフプランの変化で現状の保険料が家計の重荷となっても、保険料を全て払い終わるまでは他のことを犠牲にしてでも続けなくてはいけなくなります。

 

緊急時には「契約者貸付」と呼ばれるこれまで払ってきた保険料を担保にお金を借りる仕組みもありますが、当然このお金には利子がかかってきますので、それであれば「貯金をしておけばよかった」ということになるでしょう。

 

また、インフレリスクにも注意が必要です。

 

30年後に払った保険料以上のお金が戻ってくるとしても、30年後は今より物価が上がっている(インフレ)と考えたほうが自然です。「今の100万円」と「30年後の100万円」が同じ価値とは限りません。

 

インフレが起こって貨幣価値が下がった場合は、金額としては同等以上でも実質的に目減りしていることも想定されます(これは“安全資産”と呼ばれる預金にも同じことが言えます)。

本当に「今入ったほうがお得」だったのか?

さて、貯蓄型保険のメリットとデメリットをおさらいしたところで、改めて考えてみたいと思います。

 

なぜ保険販売員は「今入った方がお得ですよ」と言ったのでしょうか?

 

それは保険の「予定利率の引き下げ」が行われるからです。

 

「予定利率」とはその保険の運用計画の元になるもので、マイナス金利の影響で保険会社が従来のような運用ができなくなったことから引き下げが行われました。「予定利率が下がる「ということは「保険に加入している人に還元する金額」も下がるということですから、簡単に言ってしまえば「戻ってくるお金が少なくなる」ということになります。

 

「4月になってから加入すると戻ってくるお金が少なくなります。だから今のうちに保険に入りましょう!」

 

これが今年の3月に起こった貯蓄型保険の駆け込み需要の正体です。

 

その意味では、3月までに貯蓄型保険に入ったことは決して間違いではありません。しかしかながら、「生命保険の本質」を考えた時、その“加入の仕方”が適切であったかどうかはまったく別の問題です。

 

既に触れたように、貯蓄型保険のメリットは「貯蓄と保障の二役を担えること」、そしてデメリットは「資産の流動性が損なわれること」

 

ということはつまり、「貯蓄型保険に加入する」ということは次のように言い換えることができるでしょう。

 

「“流動性”を犠牲にして“保障”を得る」

 

お金が増えた減ったという「損得」だけで考えてしまうと流動性の大切さになかなか気がつきにくいのですが、「ライフプラン」という長いスパンで物事を考える時は、流動性はとても重要になります。実際にご相談を受けた中でも、流動性を損なったがために十分な収入がありながら家計が回らなくなったというケースもありました。

 

貯蓄型保険に「保障」と「貯蓄」の二役を負わせるにしても、大前提として「本当に必要な保障とは何か」、そして「ライフプランで考えた無理のない貯金額はいくらか」のバランスを考える必要があるのです。


“流動性”を軽視するととんでもないことに!

もしかしたら、ここまで読んで嫌な予感がしてきた人もいるかもしれません。保険販売員に「今しかありませんよ!」と煽られて、うっかり生命保険に入ってしまったことを自分で薄々感づいている人です。そんな人は今後長い間に渡って資産の“流動性”を失ってしまったかもしれないのです

 

貯蓄型保険の予定利率が引き下げられたのはマイナス金利の影響が大きいのは既にご説明した通りですが、このマイナス金利を日銀が導入したのは昨年(2016年)のこと。極めて最近の出来事ですし、それまでもずっと低金利が続いていたのは皆さんのご記憶に新しいところです。

 

いくらマイナス金利よりはマシとは言え、そもそも低金利時代に貯蓄型保険に入ってもよいものなのでしょうか? それはつまり、「加入した時の低金利が今後20〜30年も固定される」ことを意味しています。

 

しかし、金利とはその時代によって変わるものです。

 

例えば貯蓄型保険で30年間の流動性を失ったとします。今から30年前はどんな時代だったかご存知でしょうか。

 

そう、30年前の1980年代後半はまさにバブル経済の真っ只中。金利も今とは比べものにならないほど高いものでした。マイナス金利から考えたら、それこそ“天文学的数字”と言って良いくらいです。

 

そんな時代に売られた貯蓄型保険は当然のように予定利率もメチャクチャ高く、しかもその利率がずっと続く商品でした。これらの保険は後に“お宝保険”と呼ばれ、バブル崩壊以降に大手保険会社の収益を悪化させノックアウト寸前まで追い込んだのは保険業界では常識と言われています。

 

マイナス金利の現在と比べるのではなく、歴史的に見れば3月までの予定利率も決して高いわけではありません。バブル時と比べるのは極端だとしても、「ライフプランのバランスを崩すほど無理やり入る金利水準」とはとても言い難いものです。


生命保険にも「損切り」がある?

もし保険販売員のセールストークに乗って慌てて入ってしまった貯蓄型保険がバランスを欠いているものであれば、近い将来それが生活の重荷になる可能性は高いと考えられます。

 

「低解約返戻金型」のように、途中解約すると戻ってくるお金が大幅に減ってしまう場合は途中でやめることに躊躇してしまいがちですが(それこそ保険会社の狙いでもあるのですが)、逆の考え方をすれば、どうせ損をするのであれば早いうちに解約してしまったほうが「傷が浅い」と考えることもできるはずです

 

「銀行に預けておくよりずっとお得ですよ」が従来の貯蓄型保険を売る時の常套句であることは先程も述べましたが、預金には生命保険にはない“流動性”という大きなメリットがあります。こうしたセリフがその利点を無視したものであることはお分かりいただけたかと思います。

 

既に貯蓄型保険に現在加入している方も、これから貯蓄型保険に加入しようと思っている方も、流動性の大切さをよく認識した上で、もう一度自分に合った「貯蓄型保険の在り方」を検討してみてもいいのかもしれません。


(2017/07/26 文責:佐野純一)

関連テーマのページ


〜マネー設計が開く、幸運のトビラ〜

「ファイナンシャルプランナーって何をする人なんだろう?」
「興味はあるけど何を相談したらいいか分からない…」
「どんなことができるのか、まずはちょっと話を聞いてみたい」

 

そんなあなたのために“初回無料相談”を実施中です。

 

 

実際にコンサルティングをご利用いただいた
お客様の声をご紹介しています。

 

 

 

よく読まれている人気記事



関連ページ

生命保険の必要性とは? 〜不動産投資をすれば保険はいらないってホント? 〜
「生命保険の代わり」として不動産投資を始める方少なくありません。しかし、本当に不動産投資をやれば生命保険はいらないのでしょうか。自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、不動産投資と生命保険の関係を解説します。
「FPって保険屋さんじゃないの?」 〜両者を分ける決定的な要素とは〜
自分の職業を「ファイナンシャルプランナー(FP)」と名乗ると、保険屋と勘違いされることがあります。非常に多い誤解ですが、この両者には決定的な違いが。自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、その違いを解説します。
保険で後悔しないために知るべきこと 〜生命保険3つの基本形とは?〜
「生命保険は内容を説明されてもよく分からない」。そんな思い込みが無駄な保険加入への第一歩です。自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、保険選びで後悔しないための基礎知識をお教えします。
変額保険ってなんだろう 〜保険と運用のいいとこ取り商品?〜
ややこしそうな「変額保険」も基本的な仕組みは意外と簡単なもの。どんな人にとって変額保険は「良い商品」となり得るのでしょうか。自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、生命保険と資産運用の両面から変額保険を解説します。
保険相談の新しいカタチ 〜いつまで保険販売員に相談するの?〜
保険ショップでは「無料相談」を声高に謳っていますが、そんな広告に嘘やカラクリを感じる人も多いはず。うかつに「無料」という言葉にのせられると、とんでもない目にあうこともあります。自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、わざわざ保険販売員のところに保険を売られにいく危険性を解説します。
「外貨建て保険」の時代が到来? 〜知られざる意外な盲点にご注意を〜
最近、保険屋から「外貨建て保険」を勧められるという話をよく耳にします。しかしながら、その背景には保険会社の苦しい事情があることはあまり知られていません。自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、外貨建て保険の注意点と併せ、保険業界の裏側を解説します。
貯蓄型保険vs掛捨て型保険 〜“コスト”以上に気をつけてほしいこと〜
「貯蓄型」か「掛捨て型」か。生命保険を選ぶときに必ず直面するテーマです。従来日本では貯蓄型保険の人気が高かったものの、マイナス金利の影響で情勢に変化が見られます。保険を売らない「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、コンサルタントの立場で両者を比較します。

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP プロフィール/ご挨拶 料金体系について 面談場所について ご相談事例 お客様の声