不動産投資/アパート経営のご相談はFPグリュックへ!

ワンルーム投資は本当に保険より安いのか 〜数字で検証する営業トークの真偽〜

ワンルームマンション業者が“あきらめた”こと

最近、投資用ワンルームマンションを売る業者が“あきらめた”ような気がします。

 

執拗な電話営業を? いえいえ、それはあいも変わらず続いています(苦笑)。

 

彼らが“あきらめた”のはワンルームマンション投資を「魅力的な運用商品」と見せること。見方を変えればこれは、純粋な投資手段として他の金融商品に勝てなくなったことを意味しています。

 

ご存知の通り、ここ数年高騰の一途をたどるマンションの建設費。不動産投資熱が高まったことと相まって、新築を中心に投資用物件の利回りは下がり続けています。

 

レバレッジ効果を持ち出して「頭金ゼロであなたにも家賃収入が!」と謳っていたのも今は昔。現在ではローンを返した後の毎月の収支がプラスになるほうが珍しく、大家に持ち出しを強いるケースがほとんどです。

 

この状態では消費者から「ワンルーム投資って大丈夫?」と思われても仕方がありません。ワンルームマンション販売業者としては、自分の商品を「利回りの良い運用商品」として売ることをあきらめ、次の売り方を考えなければいけない状況に陥っています。

 

そんな中で彼らが打ち出してきたのが、
「ワンルームマンションは生命保険の代わりになります」
というセールストークです。

 

この言葉自体は昔からありますが、最近ではさらに
「ワンルームマンション投資は生命保険より“安い”です!」
という方向にシフトしてきています。

 

そんな彼らの言葉を聞くたびに、ファイナンシャルプランナー(FP)として私は大きな違和感を覚えます。自信満々にそう言い切る彼らが、どう見ても生命保険に詳しい人間には思えないからです。

 

生命保険のことを知らない人間が、何を根拠に「ワンルームマンション投資は生命保険より安い」と主張するのでしょうか。

 

そこで今回は、自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、ワンルームマンション投資が本当に生命保険より安いのかを、具体的な数字を使って検証します。


どの生命保険と比べればいいの?

一口に「生命保険」と言っても世の中には様々な種類の保険商品があります。両者を比較するのであれば、まずは「どの生命保険を比べるのか」を決めなくてはなりません。

 

そもそも、なぜワンルームマンション投資が生命保険の代わりになるのでしょうか。

 

それは、アパートローンを借りるときに強制加入となる団体信用生命保険(団信)によって、契約者に万が一があると自動的にローンが消滅する仕組みになっているからです。ローンがなくなってしまえばあとは家賃が入ってくるだけ。その家賃が「遺族への保険金」になるという理屈です。

 

このお金の入り方を生命保険に置き換えると、「収入保障保険」と呼ばれるものに当てはまります。

 

収入保障保険とは「万が一があった時に“毎月決まった金額”が“決められた期間”ずっと遺族に支払われる」という形の保険で、例えば「もしもの時は子供が大学を卒業するまで毎月10万円がもらえるようにする」といった使い方をします。


生命保険料のシミュレーション

この収入保障保険の毎月の保険料はネットで簡単にシミュレーションできます。

 

試しにメットライフ生命のサイトで計算してみましょう。入力条件は以下の通りです。

 

加入者:35歳男性
加入期間:30年間(65歳まで)
保険金額:毎月10万円(最大保険金額3600万円)
健康状態:非喫煙者

 

以上の条件でシミュレーションすると、収入保障保険の毎月の保険料は3,430円、年間は41,160 円となり、30年間での総合計は約「123万円」となります。

 

この金額が高いと思うか安いと感じるかは人それぞれだと思いますが、昔からある大手保険会社に比べたら「意外と安い」と思う人も多いかもしれません。

 

世の中には必要のない保険はたくさんありますが(笑)、そんな中でも収入保障保険は比較的な費用対効果の高い商品と言えるでしょう。


ワンルーム投資のシミュレーション

それでは、肝心のワンルームマンションです。標準的なローン期間の30年間で、その間にかかるコストを考えてみましょう。

 

先ほどの収入保障保険と比較するため、毎月10万円のキャッシュフローを生み出してくれる物件を想定します。表面利回りを5%と仮定すると、管理修繕費も考えて2800万円程度の物件ということになるでしょう。

 

フルローンで金利を2%とすれば、毎月の持ち出しは5000円程度です。これが年額で6万円、これに固定資産税の7万円を加えて毎年13万円のコストと設定します。30 年で390万円です。

 

ここに数年に一度発生するコストを加算します。

 

エアコンと給湯器の交換を10年に一回20万円(30年で60万円)、壁紙の張替えを含むリフォーム代を6年に一度15万(30年で75万円)とすると、30年の総コストは「525万円」という計算になります。

 

なお、ワンルームマンション投資の初期段階では減価償却による節税効果が見込まれますが、この効果には賞味期限があります。30年の間には節税効果どころか重い税負担に変わる可能性がありますので、今回の試算からは除外します。


投資には「不確定要素」がつきもの

「万が一の時」のためにかかるコスト。生命保険は123万円、ワンルームマンションは525万円、両者の開きは約400万円にも上ります。

 

もちろん、この二つの数字を単純に比べることはできません。ワンルームマンションの方には「ローンを払い終えたマンション」という資産が残ることになるからです。

 

言い方を変えればこれは、残ったマンションに400万円以上の価値があれば、ワンルームマンション投資の方が生命保険より“安い”ということを意味しています。

 

未来の売却価格は誰にもわかりませんが、いくら築30年のマンションとはいえ、さすがに400万円以上の価値はあると考えるほうが自然でしょう。それであれば不動産業者の主張も正しいように思えます。

 

ただ、ちょっと待ってください。長期間に及ぶ賃貸経営には上記のシミュレーション以外にも様々な“不確定要素”が存在します。

 

ローンを返済していく30年間で…、
「家賃がどのくらい下がるのか?」
「どのくらいの空室が発生するのか?」
「金利がどのくらい変化するのか?」
「どのくらいの追加修繕費が発生するのか?」

 

こうした要素をどう考えるかによってシミュレーションの結果は大きく変わってくるでしょう。

 

ちなみに家賃を5年ごとに5%下落する設定にすると、家賃収入の総額は上記のシミュレーションより420万円程度下がることになります。

 

こうした不確定要素を全て拾っていけば、生命保険とワンルームマンションとのコスト差は1000万円になっても1500万円になってもおかしくないはずです。


「確実性」では生命保険に軍配が上がる

端的に言えば、「30年後にもその物件にしっかりとした資産価値が残っている」と考えるのであれば、「生命保険の代わり」としてワンルームマンション投資を選択肢に加える考え方もありだと思います。

 

しかしながら、築年数の経ったマンションを資産として残すには、そこまでの継続的な努力が必要であることを忘れてはいけません。どんなマンションでも勝手に資産となるわけではないのです。

 

その意味では、ワンルームマンションが生命保険の代わりになり得るのは、あくまでも「うまく行った場合は」という条件がついていると認識するべきでしょう。

 

当然「確実性」という点では、生命保険に軍配が上がります。一度契約をしてしまえば万が一の場合、必ず決めておいた金額を受け取れるからです。

 

当たり前のことですが、生命保険は「万が一の時」のための保障。起きるかどうかわからないことに対する保障に「不確実性」というさらなるブレ幅を持ち込むかどうかは判断が分かれるところだと思います。

 

単純に保障が欲しいだけであれば、「確実性のある生命保険を選択する」という考え方も当然成り立つでしょう。


二兎追うものは一兎も得ず?

本当の意味で怖いのは、「生命保険の代わりになります!」と言っている営業マンがそうしたブレ幅を認識しているかどうかです。

 

繰り返しになりますが、彼らは生命保険のことは何も知らない素人です(まぁ、不動産投資のこともどのくらい知っているか怪しいものですが-苦笑)。どんな生命保険と比べているかもわからずに、ただ会社から教えられたことを口にしているだけの可能性が極めて高いでしょう。

 

たしかにマンションは目に見える分、紙の上にしか存在しない生命保険より説得力を持っているのかもしれません。ただし、不動産投資はあくまでも運用の一種。そこには必ず「リスク」という名のブレ幅が存在します

 

素直に考えれば、純粋に保障が欲しいだけの人が「保険料がもったいないから」といってワンルーム投資に手を出すのはオススメできません。「二兎追うものは一兎も得ず」という結果になりかねないからです。

 

不動産投資に手を出すのであれば、それなりの準備が必要となります。物件を売りたい業者側の理屈ではなく、自分にとって「どの選択肢が最適なのか」を冷静に判断することが重要です。


(2018/09/12 文責:佐野純一)

関連テーマのページ


〜マネー設計が開く、幸運のトビラ〜

「ファイナンシャルプランナーって何をする人なんだろう?」
「興味はあるけど何を相談したらいいか分からない…」
「どんなことができるのか、まずはちょっと話を聞いてみたい」

 

そんなあなたのために“初回無料相談”を実施中です。

 

 

実際にコンサルティングをご利用いただいたお客様の声をご紹介しています。

 

よく読まれている人気記事



関連ページ

生命保険の必要性とは? 〜不動産投資をすれば保険はいらないってホント? 〜
「生命保険の代わり」として不動産投資を始める方少なくありません。しかし、本当に不動産投資をやれば生命保険はいらないのでしょうか。自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、不動産投資と生命保険の関係を解説します。
「FPって保険屋さんじゃないの?」 〜両者を分ける決定的な要素とは〜
自分の職業を「ファイナンシャルプランナー(FP)」と名乗ると、保険屋と勘違いされることがあります。非常に多い誤解ですが、この両者には決定的な違いが。自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、その違いを解説します。
保険で後悔しないために知るべきこと 〜生命保険3つの基本形とは?〜
「生命保険は内容を説明されてもよく分からない」。そんな思い込みが無駄な保険加入への第一歩です。自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、保険選びで後悔しないための基礎知識をお教えします。
変額保険ってなんだろう 〜保険と運用のいいとこ取り商品?〜
ややこしそうな「変額保険」も基本的な仕組みは意外と簡単なもの。どんな人にとって変額保険は「良い商品」となり得るのでしょうか。自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、生命保険と資産運用の両面から変額保険を解説します。
保険相談の新しいカタチ 〜いつまで保険販売員に相談するの?〜
保険ショップでは「無料相談」を声高に謳っていますが、そんな広告に嘘やカラクリを感じる人も多いはず。うかつに「無料」という言葉にのせられると、とんでもない目にあうこともあります。自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、わざわざ保険販売員のところに保険を売られにいく危険性を解説します。
貯蓄型保険の時代は終わった? 〜マイナス金利時代の生命保険とは〜
マイナス金利はこれまで人気だった貯蓄型保険に大きな影を落としています。もう貯蓄型の時代は終わったのでしょうか? 自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、マイナス金利時代の生命保険を分かりやすく解説します。
「外貨建て保険」の時代が到来? 〜知られざる意外な盲点にご注意を〜
最近、保険屋から「外貨建て保険」を勧められるという話をよく耳にします。しかしながら、その背景には保険会社の苦しい事情があることはあまり知られていません。自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、外貨建て保険の注意点と併せ、保険業界の裏側を解説します。
貯蓄型保険vs掛捨て型保険 〜“コスト”以上に気をつけてほしいこと〜
「貯蓄型」か「掛捨て型」か。生命保険を選ぶときに必ず直面するテーマです。従来日本では貯蓄型保険の人気が高かったものの、マイナス金利の影響で情勢に変化が見られます。保険を売らない「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、コンサルタントの立場で両者を比較します。

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP プロフィール/ご挨拶 料金体系について 面談場所について ご相談事例 お客様の声