不動産投資/アパート経営のご相談はFPグリュックへ!

あなたにピッタリの不動産投資は? D自宅を貸す

あなたにピッタリの不動産投資は? D自宅を貸す

自宅の買替えにあたり、元々住んでいた住居を「売った方が良いのか」、それとも「貸した方が良いのか」というのも意外と多いご相談です。

 

積極的なものではないにしろ、これも一つの不動産投資の形です。「せっかくローンを払ってきた家を売るのはもったいない」と賃貸を検討される方が多いのですが、資産運用という視点からその是非をしっかり検討する必要があります。

 

自宅を貸し出すことについてのメリットとデメリットはどんなものがあるのでしょうか。


「自宅を貸す」のメリット

@家賃収入を得ることができる

元々の自宅を貸し出すことができれば、家計に「家賃収入」という新たな収入をもたらしてくれます。

 

家のローンが終わっているのであれば、家賃収入から借入金を出す必要はありません。もし住宅ローンがまだ残っていたとしても、高く貸し出すことで毎月の家賃をローン返済額にあてることも可能になります。

 

状況によっては家計のキャッシュフロー改善に大きく役立ってくれるでしょう。

 

A「不動産」という資産を残すことができる

家賃収入で残りのローンを返済することができれば、自分の懐を痛めることなく「不動産」という資産を手にいれることができます

 

そのまま貸し続けるのもいいですし、その時点で売却してまとまった現金に変えるのも良いでしょう。

 

また、家族構成の変化などによって、もう一度自分で住むという選択肢も残ります。例えば、子供が巣立った夫婦が若い時に住んでいた小さくて利便性の高いマンションに戻るようなケースです。

「自宅を貸す」のデメリット

@空室になると2つのローンを負担しなければならない

賃貸経営に「空室」はつきもの。何年にも渡り家賃収入が途絶えないということは現実的にあり得ません。必ずどこかで空室期間というものが存在します

 

そうなった時には当然ローン返済は家主の財布から行わなければなりません。一般的には自宅の買い替えに伴い新たに住宅ローンを組んでいるでしょうから、この間は2つのローンを負担することになります。

 

その負担に耐えられるだけの家計であっても、ダメージは決して少なくありません。空室期間が長期にわたるのであれば、さらに状況は深刻なものになるでしょう。

 

A家賃でローンを賄えない場合がある

まだローンが残っている自宅を貸し出す時、「返済額と同じ家賃がとれればいい」と考える人がいますが、これは大きな間違いです。

 

空室になるのもそうですが、その他にも住宅設備の故障によって出費が発生することがあります。家賃をもらっている以上、住宅の保全は家主の責任です。

 

また、家賃収入には不動産所得として税金がかかるため、そのままの金額が懐に入るわけではありません。他の所得が大きい人ほど高い税率がかかる点には注意が必要です。

 

こう考えれば、家賃収入でローン返済額を賄うことがそれほど容易でないことが分かるはずです。

「自宅を貸す」はこんな人にオススメ!

家の買替えだけでなく、転勤が多いお仕事の方にも発生しやすいこの問題。安易に「貸せばいい」と考えている方も少なくありませんが、話はそれほど単純ではありません。

 

後々家計が回らなくなるような事態に陥るのをさけるためにも、空室リスクや税金など、不動産投資の特性を十分理解した上で判断したほうが良いでしょう。

 

「売ったほうが良いのか」「貸したほうが良いのか」はその家庭の経済状況にもよりますし、自宅に対する愛着などの感情面によっても答は変わってくるはずです。

 

また、ご自宅を購入される時に始めから将来的に賃貸に出すことを前提にして物件を検討される方もいますが、これはあまりオススメできません。自宅を選ぶ時の視点と収益物件としての良し悪しを判断する視点では自ずと変わってくるため、結果として自宅としても収益物件としても中途半端な住宅を選んでしまうことがあるからです。

 

自宅を貸し出す形であっても、それは立派な「賃貸経営」です。不動産投資に踏み出すのであれば、やはりある程度の知識と戦略を始めから備えておくべきでしょう。


関連テーマのページ

〜マネー設計が開く、幸運のトビラ〜

「ファイナンシャルプランナーって何をする人なんだろう?」
「興味はあるけど何を相談したらいいか分からない…」
「どんなことができるのか、まずはちょっと話を聞いてみたい」

 

そんなあなたのために“初回無料相談”を実施中です。

 

 

実際にコンサルティングをご利用いただいた
お客様の声をご紹介しています。

 

 

 

よく読まれている人気記事



関連ページ

あなたにピッタリの不動産投資は? @ワンルームマンション
不動産投資の「入門編」ともいえるのが、ワンルームマンションをつかった方法です。誰でも始めやすい反面、よく知らないと思わぬ落とし穴も。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、ワンルームマンション投資の特徴を解説します。
あなたにピッタリの不動産投資は? A一棟アパート
ある程度資金に余裕があるのであれば、一棟アパートの購入を検討してみても良いでしょう。敷居が高い分、ワンルームマンションにはないメリットもあります。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、一棟アパート投資の特徴を解説します。
あなたにピッタリの不動産投資は? B建築
自分で土地を持っているのであれば、その上にアパートを建てることができます。まさに賃貸経営の王道ですが、どんな土地でも成功するわけではありません。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、不動産投資としてのアパート建築の特徴を解説します。
あなたにピッタリの不動産投資は? C相続対策
「相続対策」の一環として不動産投資を検討する人もいます。しかし賃貸経営はあくまで事業。相続税にばかり気を取られると思わぬ失敗をすることも。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、相続対策としての不動産投資の特徴を解説します。

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP プロフィール/ご挨拶 料金体系について 面談場所について ご相談事例 お客様の声