不動産投資/アパート経営のご相談はFPグリュックへ!

あなたにピッタリの不動産投資は? B建築

あなたにピッタリの不動産投資は? B建築

「建築」とは自分で新たにアパートやマンションを建てる方法です。区分所有であるワンルームや既に建っているアパートを購入するのとは違い、一から自分で建物を作っていくことになります。

 

実際には既に土地を持っている人や、土地を相続した人が行うケースが多く、一般的には「土地活用」という言葉のほうがイメージがわきやすいかもしれません。

 

また、古くなったアパートなどを立て直す「建替え」なども不動産投資としてはこのパターンに含まれるでしょう。

 

「建築」のメリットとデメリットはどんなものがあるのでしょうか。見ていきましょう。


「建築」のメリット

@所有する土地を「お金を生む仕組み」に変えることができる

もし所有している土地がただの更地であれば、そこからはなにも生まれません。むしろ固定資産税等の維持費がかかることを考えれば、その土地は資産ではなく家計にマイナスを与える「負の存在」です。

 

アパートなどの収益物件を建てれば、その土地を「お金を生み出す仕組み」に変えることができます。賃貸の需要があるエリアであれば(これが重要です)、アパート建設のために借入をしたとしても、十分な事業性を維持することができるでしょう。

 

A自分の思い通りの建物ができる

不動産とは「この世に同じものが二つとないもの」です。自分でアパートやマンション建設を計画するのであれば、建物を自分の思い通りに作ることができます。

 

このことはつまり、間取りや設備、そして予算を自分で決められるため、より戦略的な賃貸経営が可能になることを意味しています。自分の不動産投資がどこに向かうのかを自分で決められると言い換えてもいいかもしれません。

 

個性的な建物にすることで、物件に競争力をつけるという考え方もできるでしょう。

 

Bキャッシュフローがプラスになりやすい

土地を持っているところからのスタートであれば、賃貸経営のキャッシュフローをプラスにするのは難しくありません

 

金融機関に対し担保力のある土地を提供できますし、建物も新しく建築するためにローン期間を長く組みやすくなります。有利な条件で融資が組めるということは、そのまま安定したキャッシュフローにつながります。

 

また、所有している土地にアパートを建てるということはその不動産投資に対して土地という自己資金を出すということですから、返済比率を抑えて賃貸経営を行える可能性が高まります

「建築」のデメリット

@打合せ等の多大な労力が必要となる

なにもない土地にアパートを建てるのは決して簡単な作業ではありません。検討することもたくさんありますし、そのための打合せも膨大な回数にのぼります

 

また、打合せをしていく先も一つではありません。設計士や建設会社、賃貸の管理会社もあれば税理士にも相談しなければなりません。アパートローンのために金融機関に足を運ぶこともあるでしょう。

 

特に他の仕事をしている人であれば、それだけの時間と労力を捻出するためには大きな努力が必要となります。

 

Aゼロから入居者を募集しなければならない

言うまでもなく、家賃収入は賃貸経営の要です。既存のワンルームマンションや一棟アパートを購入するのであれば、現状の家賃設定や入居率を引き継ぐことができますが、新たにアパートを建築する場合は、ゼロから入居者を募集しなければなりません

 

難しいのが、「新築の家賃設定が正しいかどうか」は実際に募集してみないと分からない点です。「世の中に二つと同じものがない」のが不動産という商品の特徴。いざ募集を始めてみたら、家賃収入がシミュレーションを下回ることも珍しくないのです。

 

B土地も含めて借入を行う場合は収益性が落ちる

土地を購入してから、その上にアパートを建てることも可能です。しかしその場合に収益性を保つのはかなり至難の業でしょう。

 

借入金で土地ごと購入するという点では一棟アパートのケースと同様ですが、建築の場合は土地を購入してから本格的な設計がスタートするため、家賃収入が発生するまでに多くの時間を要します。

 

その結果、イニシャルコストが大きい状態から賃貸経営をスタートさせることになります。この状態でキャッシュフローをプラスに保つには、それなりの工夫が必要です。

 

「建築」はこんな人にオススメ!

「建築」という手法は、現実的には既に土地を所有している人向きの不動産投資方法と言えます。そう考えると、土地に匹敵する資産を投入するのではない限り、不動産投資のはじめの一歩にはなりにくいのかもしれません。

 

また、一口に「建築」と言っても、アパート建設会社で建てる場合と建築士に依頼して一から手作りで建てるのでは、アプローチに大きな差がでます。

 

前者は、ある程度決められた範囲内で作られる分、自由度は低くなりますが打合せ等の労力は少なくで済みます。後者はなんでも自分で決められる分、完成までに多くの時間を費やさなくてはなりません。

 

どちらが正しいというものではありませんが、賃貸経営を事業として捉え、そのための作業を「楽しい!」と思える人であれば、ぜひ建築士と組んで世界に一つだけの自分のアパート建築に挑戦していただきたいと思います。

 

綿密な計画を立ててそのエリアに合った収益物件を建築することで、空室リスクの低下や利回りの確保が可能となるからです。

 

次のページ


関連テーマのページ

〜マネー設計が開く、幸運のトビラ〜

「ファイナンシャルプランナーって何をする人なんだろう?」
「興味はあるけど何を相談したらいいか分からない…」
「どんなことができるのか、まずはちょっと話を聞いてみたい」

 

そんなあなたのために“初回無料相談”を実施中です。

 

 

実際にコンサルティングをご利用いただいた
お客様の声をご紹介しています。

 

 

 

よく読まれている人気記事



関連ページ

あなたにピッタリの不動産投資は? @ワンルームマンション
不動産投資の「入門編」ともいえるのが、ワンルームマンションをつかった方法です。誰でも始めやすい反面、よく知らないと思わぬ落とし穴も。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、ワンルームマンション投資の特徴を解説します。
あなたにピッタリの不動産投資は? A一棟アパート
ある程度資金に余裕があるのであれば、一棟アパートの購入を検討してみても良いでしょう。敷居が高い分、ワンルームマンションにはないメリットもあります。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、一棟アパート投資の特徴を解説します。
あなたにピッタリの不動産投資は? C相続対策
「相続対策」の一環として不動産投資を検討する人もいます。しかし賃貸経営はあくまで事業。相続税にばかり気を取られると思わぬ失敗をすることも。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、相続対策としての不動産投資の特徴を解説します。
あなたにピッタリの不動産投資は? D自宅を貸す
住替えを行う時にそれまでの自宅を「売却」するか「賃貸」に出すかで悩む人もいるでしょう。元の自宅とは言え、貸し出す以上は立派な不動産投資。メリットもあればデメリットもあります。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、こうしたケースの特徴を解説します。

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP プロフィール/ご挨拶 料金体系について 面談場所について ご相談事例 お客様の声