不動産投資/アパート経営のご相談はFPグリュックへ!

不動産投資の特徴D 「経営的判断」

不動産投資の特徴D 「経営的判断」

最後にご紹介するのが、“不動産投資最大の特徴”かも知れません。また、“不動産投資の面白さが集約されているところ”という言い方もできるでしょう。

 

その特徴とは、ずばり「経営的判断」です。

 

不動産投資を始めたのならば、たとえそれがワンルーム一室だとしても、それはすでに立派な「事業」と言えます。事業を自分で行っている以上、オーナーは「個人事業主」に他なりません。

 

本業としてサラリーマンをやりながら不動産投資を始める方も非常に多く、そうした方はこれまでの仕事の延長線上に賃貸経営を考えてしまいがちですが、その姿勢には賛成できません。

 

不動産投資では「個人事業主」という意識を持つことが成功へのカギとなるはずです。


大家さんは「経営者」

なぜでしょうか?

 

それは不動産投資ほど、いわゆる「経営的判断」を求められる運用方法は他にないからです。

 

「物件購入の予算はいくらにするか?」
「どのエリアにするか?」
「駅からの距離は?」
「一棟アパート? 区分所有?」
「間取りは?」
「家賃設定は?」
「資金をどうやって調達するか?」
「管理会社とどう付き合う?」
「空室が続いた時の対処は?」

 

ざっと挙げただけでも、大家さんにはこれだけの「経営的判断」が求められます。

 

これら全てを自分の責任で判断しなければなりません。とても大変な作業ですが、逆に考えればそれだけ自分の裁量で決められる自由度が高いということでもあります。

 

こんな運用方法が他にあるでしょうか?


不動産投資の面白さとは?

一度購入したら、マーケット任せの株、ファンドマネージャー任せの投資信託、保険会社任せの変額保険などと比べたら、自分で決められることがたくさんあるのが「不動産投資」です。

 

それが不動産投資の“難しさ”であり、また同時に“醍醐味”だと言えるでしょう。

 

一昔前までは、賃貸経営は「不労所得」の代名詞と言われていました。アパートさえ建てれば入居者が集まり、大家は労せず家賃収入を得られる時代がかつては存在したのです。

 

しかしながら日本の社会情勢も大きく変わる中、いつまでも不労所得神話にしがみついている大家は、残念ながらこれからの時代を生き残っていくことはできません。自らの頭で考え、行動を起こせる人だけが、大家として生き残れる時代に既に突入しています。

 

あなたがその挑戦にやりがいを感じ、それを「面白い!」と思えるのであれば、あなたにとって不動産投資こそが最高の運用方法なのかもしれません。


〜マネー設計が開く、幸運のトビラ〜

「ファイナンシャルプランナーって何をする人なんだろう?」
「興味はあるけど何を相談したらいいか分からない…」
「どんなことができるのか、まずはちょっと話を聞いてみたい」

 

そんなあなたのために“初回無料相談”を実施中です。

 

 

実際にコンサルティングをご利用いただいたお客様の声をご紹介しています。

 

よく読まれている人気記事



関連ページ

不動産投資の特徴@ 「ローリスクミドルリターン」
不動産投資はよく「ローリスクミドルリターン」と言われます。なぜ「少ないリスク」でそれより「高いリターンを得ることができるのでしょうか? その本当の意味とは? 自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、その正体に迫ります。
不動産投資の特徴A 「レバレッジ効果」
不動産投資を語る上で、「レバレッジ効果」は欠かすことができません。しかしながら、レバレッジ効果は使い方によっては毒にも薬にもなる「諸刃の剣」。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、レバレッジ効果を解説します。
不動産投資の特徴B 「流動性は低い」
不動産投資のデメリットを知っておく必要があります。運用の三原則のうち「流動性」は不動産投資の弱点。流動性をどう考えるかによって賃貸経営の成否が変わってきます。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、解説します。
不動産投資の特徴C 「税務が複雑」
ただでさえ税金はややこしいものですが、賃貸経営に関する税務はさらに複雑です。しかし不動産投資で成功したいのであれば、その知識は不可欠。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、不動産投資における税金の考え方を解説します。

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP プロフィール/ご挨拶 料金体系について 面談場所について ご相談事例 お客様の声