資産運用のコラム

よく読まれている人気ページ

著書のご案内

〜マネー設計が開く、幸運のトビラ〜

「ファイナンシャルプランナー(FP)って何をする人?」
「興味はあるけど何を相談したらいいか分からない…」
「お金の不安、誰に相談すればいいんだろう?」
「どんなことができるのか、まずは話を聞いてみたい」

 

そんなあなたのために“初回無料相談”を実施中です。

 

 

実際に弊社のコンサルティングをご利用いただいたお客様の声をご紹介しています。


資産運用のコラム記事一覧

「資産運用は怖い!」そう思っている方も多くいるでしょう。そのために「興味はあっても、なかなか手が出せない」という話もよく伺います。確かに資産運用の世界は「リスク」と切り離して考えることはできません。私がファイナンシャルプランナー(FP)としてご相談を受ける時も、度々「リスク」という言葉が登場します。しかしながら、この「リスク」という言葉の意味を勘違いしている方は少なくありません。「リスク」と聞くと...

資産運用を考える時、どうしても気になるのが「利回り」です。「いくら儲かるのか」「どのくらいお金が増えるのか」、投資を始める前にその目標を決めておくことはとても大切で、その目標達成のためには「利回り」が重要なポイントの一つとなります。ただ、実はこの「利回り」にも2つの種類あるのをご存知でしょうか。その2種類とは「単利」と「複利」。この両者の違いを知っておかないと「利回り」に関してとんだ思い違いをする...

「アセットアロケーション」という言葉をご存知でしょうか。資産運用に興味のある方であれば聞いたことがあるかも知れません。しかしながら、その意味を正確に理解している人はそれほど多くないでしょう。実は、このあまり耳馴染みのない「アセットアロケーション」こそが資産運用の肝と言われています。中には「運用の成否はアセットアロケーションで決まる」という専門家もいるほどで、もしあなたがこれから投資を考えているので...

「トレードオフ」という言葉をご存知でしょうか。最近では経済や運用の世界以外でもよく使われるようになった言葉で、意味をキチンと理解していないまでも、なんとなく耳馴染みがあるという方もいらっしゃるかもしれません。この「トレードオフ」という言葉は、簡単に言えば「並び立たないこと」を指します。「相反する」あるいは「あちらを立てればこちらが立たず」と言っても良いでしょう。例えば、緊急性の高い仕事が二つあって...

「資産運用をしよう!」そう思い立った時、あなたはどこに相談に行くでしょうか。その答えは人それぞれでしょうが、恐らく一番多くの人が頭に思い浮かぶのが、株や投資信託を売買する、いわゆる「証券会社」だと思います。従来の店舗型ではなく、最近ではネットだけで完結する証券会社が主流になってきましたので、証券運用に対する敷居もずいぶんと低くなったと言えるでしょう。ところが、実際には「証券会社の自分の口座を作って...

ファイナンシャルプランナー(FP)として資産運用のご相談を受けると、時々こう感じることがあります。「日本にはまだまだ“普通預金神話”が残っているな…」一般的に「安全資産」と呼ばれる普通預金。多くの人がこの「安全」という言葉の響きに惹かれ、資産の大部分を普通預金に入れたままになっています。中には「銀行すら信じられない」とタンス預金をしている人もいるくらいで、日本人の預金や現金に対する信頼感はかなり高...

不動産投資や資産運用のご相談を受けていると、「REIT(リート)」の話題になることがよくあります。最近ではメディアにもよく登場するようになったこのREIT(リート)。雑誌でも特集が組まれたり、REIT(リート)だけを取り扱った本が出版されたりとだいぶ認知度が高まってきました。ただ、「名前だけは聞いたことがあるけど、実際にどういう金融商品なのかをよく分からない」という方がまだまだ多いのも事実。そこで...

あなたが資産運用を考える時、必ず出会うのが「分散」というキーワードです。「分散投資」という概念は、運用のリスクを少なくするために必須なものと言ってもいいでしょう。ところが、実際にお客様と資産運用についての面談をしていると、この「分散」について正しく理解している人が意外と少ないことに驚かされます。多くの方が漠然としたイメージを持っているだけか、あるいは言葉自体は聞いたことがあっても、偏った知識しか持...

「ドルコスト平均法」という言葉をご存知でしょうか。資産運用に興味のある方であれば聞いたことであるであろう、この「ドルコスト平均法」。分散投資のお話をする時には必ずと言っていいほど登場するキーワードです。「ドルコスト平均法」とはなにやら凄そうな名前がついていますが(笑)、その名前に違わず、ある意味では「誰でもできる最強の分散方法」と言っても過言ではありません。今回は、「“お金の相談”の専門家」ファイ...

「お金が貯まったら相談にいきますね!」私がファイナンシャルプランナー(FP)という職業を名乗ると、時々こうした反応をする方がいらっしゃいます。きっとこの方は以下の2つの固定観念に縛られているのでしょう。@「ファイナンシャルプランナーは資産運用の相談をする人」A「資産運用はお金が余っている人がするもの」その結果、「自分にファイナンシャルプランナー(FP)は関係ない」と自ら問題解決への扉を閉めてしまう...

「iDeCo(イデコ)」という言葉をご存知でしょうか?最近、新聞や雑誌などのメディアでも取り上げられることが多いので、耳にしたことのある方も多いでしょう。ファイナンシャルプランナー(FP)としては、これからの資産形成を考える上でぜひ知っておいていただきたいキーワードでもあります。iDeCo(イデコ)は正式名を「個人型確定拠出年金」と言います。あるいは「個人型401k」という呼び名で聞いたことがある...

ファイナンシャルプランナー(FP)としてお金のご相談を受けていると、特に若い方からこんな質問を受けることがあります。「資産運用に興味はありますが、いつ始めればいいんですか?」たくさんの人が関心を持つ「資産運用」。ただ、資産運用は「敷居が高い」とか「自分には無理だ」という思い込み(そう、これは思い込みです)から、なかなか始めることができない人が多いのも事実です。こんな質問を受けた時、私はこのようにお...

「資産運用」についてご相談はファイナンシャルプランナー(FP)にとって切っても切り離せないものですが、「“お金の相談”の専門家」という性質からか、ファイナンシャルプランナー(FP)に資産運用のご相談をいただく方はこれまであまり投資経験のない場合が多いのが特徴です。そんな方には具体的な方法論の前にまずは「資産運用とはなにか」というお話をすることが多いのですが、たまに相談に来た方の口からこんなセリフが...

「ロボアドバイザー」という言葉をご存知でしょうか?近年様々な分野で発展が目覚ましいAI(人工知能)。そのAIの技術を資産運用の世界に持ち込んだのが「ロボアドバイザー」です。ここ数年で日本でも各社の製品が出揃い、メディア等でもよく取り上げられるようになってきました。その一方で、まだまだできたばかりの新しい商品である「ロボアドバイザー」。「どんなものかよく分からない」という声も多く耳にします。そこで今...

「資産運用では“利回り”が大事!」投資の世界においてあまり経験のない人であっても、そう言われたら納得してしまうに違いありません。これは誰にとっても非常にわかりやすい、ある種の“真理”です。ただ、投資において利回りが高ければ高いほど運用効率が上がるのはわかっているけれど、その一方で「あまり高いリターンを謳う金融商品だと逆に怪しいなぁ…」と感じる人も多いはず。そうした資産運用初心者が抱えるモヤモヤ感は...

「資産運用ってなんか怖そうだな…」投資に対してそんな漠然とした不安を持っている人も多いのではないでしょうか。とにかく資産が減ることを嫌がる日本人の国民性。「お金が増えるチャンスを逃してでも、減る危険がないほうがいい」と考えている人が多いのは、株や投資信託などの有価証券の保有割合が国民全体の2割にも満たないことが物語っています。そんな資産運用の初心者、あるいは投資に不信感を持っている人にぜひ知ってお...

これまで資産運用に縁のなかった人がいざ投資を始めようとした時、何を一番重要視するでしょうか?「どれだけ元本が保証されるか」といういわゆる“安全性”を気にする人も多い一方で、「どれだけ儲かるか」という“収益性”に目をとらわれる人も少なくありません。せっかく資産運用を始めるのであればこれは当然の考え方かもしれませんが、実は“収益性”だけに意識がいってしまうのは少し危険です。特にこれまで資産運用をしたこ...

TOPへ