住宅購入のコラム

よく読まれている人気ページ

著書のご案内

〜マネー設計が開く、幸運のトビラ〜

「ファイナンシャルプランナー(FP)って何をする人?」
「興味はあるけど何を相談したらいいか分からない…」
「お金の不安、誰に相談すればいいんだろう?」
「どんなことができるのか、まずは話を聞いてみたい」

 

そんなあなたのために“初回無料相談”を実施中です。

 

 

実際に弊社のコンサルティングをご利用いただいたお客様の声をご紹介しています。


住宅購入のコラム記事一覧

自宅を購入するにせよ収益物件を取得するにせよ、「ローンをどう組むか」は非常に重要な問題です。ローンの組み方がその後の返済に大きく影響し、下手をすると後々資金繰りが苦しくなってしまうこともあります。自宅であれば住宅予算を決定する大きな要素となりますし、賃貸経営であればある意味不動産投資の成否はどうやってローンを組むかによって変わってくるといっても過言ではありません。「変動金利か固定金利か」、あるいは...

「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)のところには、日々様々な相談が持ち込まれます。その内容はまさにケースバイケースですが、その中でも特に多いのがこんなご相談です。「今度家を買おうと思っていますが、自分たちが買える住宅予算ってどのくらいですか?」あるいは「マンションギャラリーに行ったら予算的に太鼓判を押されましたが、本当に大丈夫でしょうか?」一般的に“人生で一番大きな買い物”...

最近テレビなどの報道で「マンションの寿命問題」をよく見聞きします。建替えの議論が一向に進まない中で、ただ老朽化を待つだけの古いマンション。年々増え続ける空き家問題とも無関係ではなく、社会問題としてメディアに取り上げられることも多くなってきました。一方で、古いマンションの一室をフルリフォームする、いわゆる「リノベーション」産業が盛り上がりを見せています。古いマンションを安価で購入して自分の好きなよう...

建物を建てる時、設計の基本となるのがその土地が持っている「建ぺい率」と「容積率」という二つの数字です。建築基準法の基礎ですから、言葉自体は耳にしたことがある方も多いと思います。しかしながら、それぞれの意味をよく理解していなかったり、あるいは両者を取り違えたりしているケースも見受けられます。既に土地をお持ちでこれからアパートを建てようと考えている方はもちろん、一棟アパートを所有している、あるいは購入...

住宅購入を検討する時に、「住宅ローンをどう組むか」は非常に大きな問題です。ファイナンシャルプランナー(FP)に相談にいらっしゃる方の中でも、住宅ローンに関するご相談はかなりの割合を占めます。住宅ローンにはいろいろな形がありますが、一番始めの入り口としては「変動金利」か「固定金利」かを決めなければいけません。名前だけはよく知られている「変動金利」と「固定金利」。実際に住宅ローンを組んだことがなくても...

住宅ローンの「繰上げ返済」。実際にローンを組んでいる方であれば、誰でも一度は検討したことがあるでしょう。また、これから住宅ローンを組む方でも、予め「繰上げ返済」を考慮してローンの組み方を考えるケースもあると思います。お客様との面談でも度々登場する「繰上げ返済」。特にお客様の口からこの言葉がでることも多く、一般的な認知度はかなり高いと言えます。その一方で、繰上げ返済の効果が深く論じられる事はあまりあ...

「住宅予算ってどうやって決めればいいんですか?」ファイナンシャルプランナー(FP)としてご相談を受ける時に、最も多い質問の一つです。以前、別のコラムで「ファイナンシャルプランナー(FP)は住宅予算をどう決めるか」という内容をご紹介しましたが、この話題になる時にやはり皆さんが気になるのが「他の人はどうやって予算を決めているんだろう?」という素朴な疑問です。今回は、私のこれまでの経験上多いと思われる「...

日頃から「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)として様々なご相談を受けますが、その中でも特に多いのが「住宅購入」に関するものです。確かに住宅購入は人生の一大イベント。「人生で一番高い買い物」と言われる住宅のことを誰かに相談したいという気持ちを持つ方は多いでしょう。ところが、私がご相談を受けた方の中には「始めからここに相談に来れば良かった〜!」と仰る方も少なくありません。こうし...

「“お金の相談”の専門家」であるファイナンシャルプランナー(FP)のところには様々なお金の相談が持ち込まれます。その内容は本当に多岐に渡りますが、その中でも多いのが「住宅購入」にまつわるご相談です。「人生で一番高い買い物」と言われる住宅。特に予算に関しては判断が難しく、「自分たちにとって無理のない住宅価格はいくらなのか」というのは、ご相談の入り口として一番多いご質問です。そんな時、私は必ずあること...

「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)として、住替えに関するご相談を受けることがあります。ただし、実際に賃貸経営を行っている「大家」の私のところに持ち込まれるご相談は、単なる住替えではありません。住替えにあたり、「元のご自宅を賃貸に出したい」というお考えの方が多くご相談にいらっしゃいます。確かにそれまで苦労をして手に入れたマイホームですから、住替えだからと言って簡単に手放すの...

家は「買う」ものか、それとも「借りる」ものなのか。自宅にまつわる「購入or賃貸」という議論は、住宅についての“永遠のテーマ”かもしれません。これは「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)にとっても、非常に関わりの大きい問題です。教育・老後と並んで「人生の三大資金」と呼ばれる住宅にかかるお金は、その人のライフプランに大きく影響してくるからです。ご相談を受けていると、具体的に住宅購...

「人生で一番高い買い物」と言われる住宅。家を探している人にとって、理想の住宅に出会うまでの過程は様々な要素の「比較」の連続でもあります。エリアの比較、最寄り駅の比較、価格の比較、マンションと一戸建ての比較。中には「そもそも賃貸と購入でどちらが良いのか」と悩む人もいるでしょう。そんな中でも、住宅購入のご相談でよく話題になるのが「新築or中古」の比較です。新築派、中古派共に一定数が存在し、それぞれの主...

多くの人にとって「住宅購入」は人生の一大イベントです。それがマンションであれ一戸建てであれ、不動産とは「この世に同じものが二つない」という極めて特殊な商品。数ある物件の中から「自分にあった一つ」を見つけるのは、時間的にも労力的にも、そして精神的にもかなりコストのかかる作業です。もちろん住宅に費やす予算もしっかり考えていかなくてはなりません。「住宅資金」は「教育資金」「老後資金」と並ぶ人生の三大資金...

「家賃は無駄金!」そんな言葉を聞いたことはないでしょうか。特に不動産業者の広告等に使われる宣伝文句で、その後に「だったら家賃と同じくらいのローンを組んだ方が良い」と続くのがお決まりのパターンです。広告を見る側も「どうせ自分たちの儲けのためでしょ」とこの文言を冷静に受け止める反面、「いくら家賃を払っても、住まいが自分のものにならない」という理屈は、ある種の説得力をもって見込み客の購買欲をくすぐります...

TOPへ