生命保険のコラム

よく読まれている人気ページ

著書のご案内

〜マネー設計が開く、幸運のトビラ〜

「ファイナンシャルプランナー(FP)って何をする人?」
「興味はあるけど何を相談したらいいか分からない…」
「お金の不安、誰に相談すればいいんだろう?」
「どんなことができるのか、まずは話を聞いてみたい」

 

そんなあなたのために“初回無料相談”を実施中です。

 

 

実際に弊社のコンサルティングをご利用いただいたお客様の声をご紹介しています。


生命保険のコラム記事一覧

「生命保険の必要性を考えたら、不動産投資にたどり着いた」という人がいます。あるいは、「生命保険に入らなくて良い方法を探していたら、不動産投資に出会った」という意見も耳にします。確かに、「不動産投資は生命保険の代わりになります!」とは投資用マンション営業の常套トーク。私のところにご相談にいらした方の中でも、そう信じて疑っていない方もいらっしゃいました。しかし、本当に彼らの言葉を鵜呑みにしてよいのでし...

私が「仕事はファイナンシャルプランナーです」と言うと、こんな反応が返ってくることがあります。「ああ、保険屋さんね…」ひどい時になると、いきなり「保険は間に合っています!」と断られることもありますが(笑)、この「ファイナンシャルプランナー(FP)=保険屋」というのは「ファイナンシャルプランナー(FP)はお金持ちのための商売」と並び、ファイナンシャルプランナー(FP)という職業に対する二大誤解の一つで...

ファイナンシャルプランナー(FP)にとって、生命保険のご相談はメジャーな業務の一つです。もちろんご相談の中には「これから生命保険に入りたい」という新規加入のものもありますが、逆に「今入っている保険で本当に良いのかが知りたい」という、いわゆる“保険の見直し”のケースも少なくありません。特にお子さんの誕生や住宅購入などの人生の節目で生命保険の見直しを希望される方は多く、そんな場合はまず現状加入している...

「変額保険」という言葉をご存知でしょうか?保険の加入を検討している方であれば聞いたことがあるかもしれません。「変額保険」とは、世の中にある様々な種類の生命保険の一つです。ただ、この「変額保険」がどんなものかをキチンと理解されている方はあまりいらっしゃいません。それどころか、「保険なんてただでさえよく分からないのに、“変額”なんてもっとややこしそう…」と敬遠されるケースがほとんどです。あるいは、反対...

「保険相談」と聞いた時、あなたはどんなイメージを思い浮かべるでしょうか?最近ではテレビやネットでも盛んに広告をうっていますので、「○○(企業名)の無料相談!」などというフレーズが頭に浮かぶ人も多いかもしれません。そう、今や生命保険は「無料相談」が当たり前。どこへ行っても「無料相談」だらけです。そんな時代の流れに逆らって、私はファイナンシャルプランナー(FP)としてコンサル料をいただいて保険の相談を...

去る2017年3月、生命保険業界は貯蓄型保険の駆け込み需要に湧きました。これをお読みの方の中にも、もしかしたら「今、入った方がお得ですよ!」と保険販売員に勧められて、ついつい加入してしまった方もいらっしゃるかもしれません。あの騒動から一息ついた今、慌てて保険に加入した方から「ホントにお得だったのかなぁ」という相談が寄せられることがあります。また、その反対に「結局その時に保険に入らなかったんだけど、...

最近、保険屋さんから「外貨建て保険」を勧められるという話をよく耳にします。外貨建ての保険自体は昔からあるもので、それを主戦力としている保険会社は今も昔も変わらず勧めてくるわけですが(笑)、近頃はそれ以外の多くの保険会社でも外貨建て保険をプッシュしてきているようです。こうした変化はどういった背景を元に起こったものでしょうか。そして外貨建て保険に加入するのであれば、どんな点に注意すれば良いのでしょうか...

世界の他の国と比べても、生命保険の加入率が高いと言われている日本。そんな「生命保険大好き」の日本人に特に人気なのが、「貯蓄型」と呼ばれる保険です。なにしろ損をするのが嫌いなお国柄か、資産運用の場合でも「得する可能性」を捨てて、「損をする危険性」を排除しようとする人が多いのが日本人の特徴です。生命保険に関して言えば、「掛捨て型」は損をするイメージが強いのか、「貯蓄型」の保険が長いこと不動の人気を得て...

最近、投資用ワンルームマンションを売る業者が“あきらめた”ような気がします。執拗な電話営業を? いえいえ、それはあいも変わらず続いています(苦笑)。彼らが“あきらめた”のはワンルームマンション投資を「魅力的な運用商品」と見せること。見方を変えればこれは、ワンルームマンション投資が純粋な投資手段として他の金融商品に勝てなくなったことを意味しています。ご存知の通り、ここ数年高騰の一途をたどるマンション...

「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)としてライフプランのご相談を受ける時、その人が加入している生命保険の内容を見せていただくことがあります。そんな時、私が必ず訊くのが「なぜ、この生命保険に入ったのか」という質問。なにをするにせよ、“目的”はとても大事ですが、なぜか生命保険の場合は「なんとなく…」とか「勧められて…」といった具合に、加入した目的がハッキリしないことが珍しくあり...

TOPへ