あなたにピッタリの不動産投資とは?

一口に「不動産投資」と言っても、その中には実は様々なアプローチ方法があります

 

ある人にとっては最適だった方法が、他の人にとってはデメリットが大きい方法になってしまうかもしれません。また、そもそもの目的が違う人が同じ手法で不動産投資に挑んでも、やはりうまくはいかないでしょう。

 

さらに言えば、たくさんある選択肢の中で、あなたにとっての正解は何も一つだけとは限りません

 

大切なのは、「みんなにとって良い方法はどれか?」ではなく、「あなたにとってどんな方法が良いのか?」です。それは、あなたの年齢や家族構成、あるいは資産状況や収入、そして何よりあなたのお考えによって変わってきます

 

まずは不動産投資における代表的なアプローチ方法をいくつかご紹介します。

 

不動産投資に限らず、どんな方法にも必ずメリットとデメリットはあるもの

 

それぞれのアプローチ方法の良い点と悪い点の双方を知ることで、どの方法が自分の“不動産投資の目的”に沿ったものなのかを考えるきっかけにしてみてください。

 

 


よく読まれている人気ページ

著書のご案内

〜マネー設計が開く、幸運のトビラ〜

「ファイナンシャルプランナー(FP)って何をする人?」
「興味はあるけど何を相談したらいいか分からない…」
「お金の不安、誰に相談すればいいんだろう?」
「どんなことができるのか、まずは話を聞いてみたい」

 

そんなあなたのために“初回無料相談”を実施中です。

 

 

実際に弊社のコンサルティングをご利用いただいたお客様の声をご紹介しています。

よく読まれている人気記事


パターン別で考える「あなたに合った不動産投資」記事一覧

数ある不動産投資の形の中でも「入門編」と言えるのが、ワンルームマンションの購入です。この方法については「デベロッパーからしつこく勧誘の電話がかかってくる」と言ったネガティブなイメージをお持ちの方が多いのも事実。しかし、その一方で「不動産投資の入り口」としてご相談にいらっしゃる方が多いのもこのケースです。ワンルームマンション投資のメリットとデメリットはどんなものでしょうか。早速見てみましょう。

ワンルームなどのマンションの一室を持つことを専門的には「区分所有」と言います。「一つの建物とその土地を複数の人で分けて所有する」という意味です。それに対して、一棟のアパートあるいはマンションを買うという手法が不動産投資にはあります。いわゆる「一棟買い」と呼ばれる方法で、当然のことながら、建物が存在している土地も同時に購入することが一般的です(中には「借地権」というケースもあります)。部屋を一つ買う...

「建築」とは自分で新たにアパートやマンションを建てる方法です。区分所有であるワンルームや既に建っているアパートを購入するのとは違い、一から自分で建物を作っていくことになります。実際には既に土地を持っている人や、土地を相続した人が行うケースが多く、一般的には「土地活用」という言葉のほうがイメージがわきやすいかもしれません。また、古くなったアパートなどを立て直す「建替え」なども不動産投資としてはこのパ...

厳密な意味では「不動産投資」とは言えないかも知れませんが、「相続対策」で不動産を活用される方もたくさんいらっしゃいます。主に相続税の節税目的で行われるケースが多いですが、あまり節税ばかりに目がいきすぎると思わぬ落とし穴にはまることもあります。目先の損得勘定だけでなく、包括的な視点で「不動産の特性」を正しく知ることが、結果的に有効な相続対策につながります。「相続対策」としての不動産投資のメリットとデ...

自宅の買替えにあたり、元々住んでいた住居を「売った方が良いのか」、それとも「貸した方が良いのか」というのも意外と多いご相談です。それほど積極的なものではないにしろ、これも一つの不動産投資の形と言えるでしょう。「せっかくローンを払ってきた家を売るのはもったいない」と賃貸を検討される方が多いのですが、感情論に流されることなく「資産運用」という視点からその是非をしっかり検討する必要があります。自宅を貸し...

TOPへ