不動産投資の失敗例に学ぶ注意点

安定した運用として定評がある「不動産投資」。

 

巷には「あなたも大家になれる!」といった内容の本やサイトが溢れ、誰でも簡単に成功できるようなイメージを世の中に植え付けています。

 

しかしながら、実際はどうでしょう。

 

あなたの周りに大家業として成功している人は果たしてどのくらいいるでしょうか

 

もし本やサイトに書いていることが本当だとしたら、今頃世の中は金持ち大家さんだらけのはずです。そうなっていないのであれば、残念ながら現実はそれほど甘くはなく、スポットライトを浴びない数多くの失敗例が歴史の闇に葬り去られていることになります。

 

「なぜ不動産投資を失敗するのか?」

 

不動産投資に限らず、投資とは「極めて再現性の低いもの」です。再現できるかどうか分からない成功例ばかりを追いかけるのではなく、敢えて失敗例を知ることで不動産投資の問題点を明確に理解できます。

 

明日の自分が同じ過ちを繰り返さないようするためにも、不動産投資の「代表的な失敗例」を見てみましょう。

 


よく読まれている人気ページ

著書のご案内

〜マネー設計が開く、幸運のトビラ〜

「ファイナンシャルプランナー(FP)って何をする人?」
「興味はあるけど何を相談したらいいか分からない…」
「お金の不安、誰に相談すればいいんだろう?」
「どんなことができるのか、まずは話を聞いてみたい」

 

そんなあなたのために“初回無料相談”を実施中です。

 

 

実際に弊社のコンサルティングをご利用いただいたお客様の声をご紹介しています。

よく読まれている人気記事


不動産投資の失敗例から学ぶ記事一覧

“不動産投資の失敗例”と言えば、真っ先に連想されるのが「新築ワンルームマンション投資」です。初めて不動産投資をする方が購入するケースが特に多いようですが、残念ながら私はこれまで「成功した」という話は聞いたことがありません。ただ、失敗する人が多いということは、裏を返せば「新築ワンルームマンション投資」には学ぶべき点が多いということでもあります。実際のところ、この投資方法は「不動産投資失敗例の宝庫」と...

「サブリース」という言葉をご存知でしょうか。元々は「又貸し」といった意味ですが、不動産投資の世界では「家賃保証」と同意義で使われることが多い言葉です。「家賃保証」と言えば聞こえが良いですが、実はこの「サブリース」も使い方を誤れば不動産投資の失敗を生み出す大きな要因となるのです。「家賃保証してくれるのに失敗する?」それだけ聞くと不思議に思う方もいるかもしれません。まずは「サブリース」の仕組みをおさら...

「毎月入ってくる家賃でローンを返していけるので、あなたのご負担はありません!」収益物件を売っている不動産業者(特に新築マンションデベロッパー)の宣伝によく使われるフレーズです。その横にはよく手取額の計算式が載っていて、だいたい次のようなものになっています。「家賃−(管理費+修繕費)−ローン返済額=手取額」例えば、収益用新築ワンルームマンションを購入したとして、8万円の家賃収入に対し、管理費修繕費が...

不動産投資の魅力の一つに、「レバレッジ効果」と呼ばれるものがあります。「レバレッジ効果」とはもともと“てこの原理”を指すものです。「借り入れ」という他人資本を使って自らが使う棒を長くするようなイメージを持つと良いでしょう。簡単に言えば、少ない自己資本で大きなリターンを得るための手法で、不動産投資にはよく使われる方法です。このレバレッジ効果を活用する場合、「どうやってローンを安全に払っていくか」が不...

「不動産投資を行う上で、一番気をつけなければならないことは?」そう聞かれたらあなたならどう答えるでしょうか。その答えは人によって違うかも知れませんが、私だったらこう即答します。「それは“空室リスク”です」と。「家賃下落リスク」や「資産価値減少リスク」と並んで、不動産投資の大きなリスクとされる「空室リスク」。なぜ私が「空室リスク」を最大の課題として挙げるか。失敗例を見ながらご説明したいと思います。

「相続税対策」として自分の土地にアパートやマンションを建築される方もいらっしゃいます。相続税対策としては伝統的とも言える有名な手法ですので、ご存知の方、あるいは既にご検討されている方も多いかもしれません。ところが、この相続税対策のためのアパートやマンション建築は、やり方によって思わぬ結果を招くことがあります。特に、建築業者の「相続税対策になります!」という甘い言葉によく考えずに乗ってしまうと、子供...

例えば、「ずっと家賃収入がローン返済額を上回っている」としましょう。例えば、「空室期間が全くなく、毎月きちんと家賃が入ってくる」としましょう。大家にとってまさに夢のような状況ですが、このような状態でも不動産投資に失敗することがあると言ったら、あなたは驚かれるでしょうか。具体的にどんな危険があるかと言えば、それは「手元からお金が出ていってしまう可能性」です。こう聞くと、「ずっとローン以上の家賃が入っ...

不動産投資や賃貸経営に潜むリスクはいくつかありますが、その中でも一番深刻なものの一つが「空室リスク」でしょう。大家さんの中には、「大家稼業は毎日が空室問題との戦いだ」とおっしゃる方もいるぐらいです。とは言っても、入居者の退去というのはいつか必ず起こるもの。空室リスク自体をゼロにすることはできず、当然のことですが、退去者が出たらなるべく短い時間で次の入居者を探すことが現実的な対策となります。ところが...

TOPへ