不動産投資/アパート経営のご相談はFPグリュックへ!

あなたにピッタリの不動産投資は? A一棟アパート

あなたにピッタリの不動産投資は? A一棟アパート

ワンルームなど、マンションの一室を持つことを専門的には「区分所有」と言います。一つの建物とその土地を複数の人で分けて所有するということです。

 

それに対して、一棟のアパートあるいはマンションを買うという手法が不動産投資にはあります。

 

いわゆる「一棟買い」と呼ばれるこの手法、メリットとデメリットはどんなものになるのでしょうか。

 

メリット

@部屋が複数あるので、空室リスクが分散される。
A部屋数があれば、まとまった家賃収入になりやすい。
B建物が古くなっても、土地という資産が残る。

 

デメリット

@購入金額が高くなりやすい。
A自己資金が少ないとローンが借りにくい。
B建物の全部を自分で管理しなければならない。


一棟アパートの特徴

ワンルームに比べると初心者は手が出しにくいかも知れませんが、複数の部屋を持つことで「空室リスクが分散される」点は大きなメリットです。

 

一つの部屋が3ヶ月空室となってしまうことは想定される事態です。しかし一般の物件であれば、6室あるアパートが6室とも3ヶ月空室になる可能性は決して高くはありません。そう考えれば、ワンルームと一棟アパートでどちらが空室リスクが分散できるかは議論の余地はないところでしょう。

 

また、一棟アパートは「土地という資産が残る」ことも魅力の一つです。建物が古くなったとしても土地が残っていれば新しいアパートに建替えることができますし、あるいは土地を売って利益を確定させたり、次の物件を購入するために資金にすることもできます。

 

ある意味で、ワンルームマンションと対象的とも言える特徴を持っている一棟アパート。併せ持つことでお互いの弱点を補うという方法も一つの選択肢です。

関連テーマのページ

〜マネー設計が開く、幸運のトビラ〜

「ファイナンシャルプランナーって何をする人なんだろう?」
「興味はあるけど何を相談したらいいか分からない…」
「どんなことができるのか、まずはちょっと話を聞いてみたい」

 

そんなあなたのために“初回無料相談”を実施中です。

 

 

実際にコンサルティングをご利用いただいた
お客様の声をご紹介しています。

 

 

 

よく読まれている人気記事



関連ページ

あなたにピッタリの不動産投資は? @ワンルームマンション
不動産投資の「入門編」ともいえるのが、ワンルームマンションをつかった方法です。誰でも始めやすい反面、よく知らないと思わぬ落とし穴も。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、ワンルームマンション投資の特徴を解説します。
あなたにピッタリの不動産投資は? B建築
自分で土地を持っているのであれば、その上にアパートを建てることができます。まさに賃貸経営の王道ですが、どんな土地でも成功するわけではありません。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、不動産投資としてのアパート建築の特徴を解説します。
あなたにピッタリの不動産投資は? C相続対策
「相続対策」の一環として不動産投資を検討する人もいます。しかし賃貸経営はあくまで事業。相続税にばかり気を取られると思わぬ失敗をすることも。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、相続対策としての不動産投資の特徴を解説します。
あなたにピッタリの不動産投資は? D売却or賃貸
住替えを行う時にそれまでの自宅を「売却」するか「賃貸」に出すかで悩む人もいるでしょう。元の自宅とは言え、貸し出す以上は立派な不動産投資。メリットもあればデメリットもあります。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、こうしたケースの特徴を解説します。

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP プロフィール/ご挨拶 料金体系について 面談場所について ご相談事例 お客様の声