不動産投資/アパート経営のご相談はFPグリュックへ!

不動産投資の特徴B 「流動性は低い」

不動産投資の特徴B 「流動性が低い」

これは、どちらかと言えば不動産投資の“弱点”のお話です。

 

投資には次の3つの特性があると言われています。

 

「収益性」
「安全性」
「流動性」

 

もし、とても利回りが良くて(収益性)、元本が保証されていて(安全性)、いつでも現金にできる(流動性)金融商品があれば、あなたはどうしますか?

 

当然、購入して運用しますよね。残念ながら、このような金融商品はこの世の中に存在しません。どれか一つは必ず欠くことになります。

 

例えば、普通預金では「安全性」と「流動性」は保証されますが、「収益性」はとても期待できません。逆に株は「収益性」と「流動性」は期待できますが、「安全性」は保証されていません。

 

このように、この3つの特性のどこを重要視するかで、運用方法というのは変わってきます

流動性は不動産投資の弱点

では、不動産投資はどうでしょうか。

 

「ローリスク、ミドルリターン」の話からも分かるように、「安全性」と「収益性」についてはある程度期待できます。反対に「流動性」の点では、数ある運用方法の中でも最も厳しいものの一つに数えられるでしょう。

 

もちろん、不動産を現金化できないという意味ではありません。土地であれ建物であれ、売却すれば当然現金に姿を変えます。

 

ただ,、不動産を現金化するにはそれなりのコストと時間がかかります。

 

売却時のコストは売主が負担しなければいけませんし、良い買主を探すには時間も必要です。時間をかけずに売却しようとすると思わぬ弊害を生むことがあります。相続の時などに売り急ぐあまりに安く買い叩かれたという話は、その典型的な例と言えるでしょう。

 

「流動性」は不動産投資にとって最大の弱点と言っても過言ではありません。

 

端的に言えば、急に現金化しなくてはならない可能性がある資金は不動産投資向きではないのです。

 

次のページ

 


〜マネー設計が開く、幸運のトビラ〜

「ファイナンシャルプランナーって何をする人なんだろう?」
「興味はあるけど何を相談したらいいか分からない…」
「どんなことができるのか、まずはちょっと話を聞いてみたい」

 

そんなあなたのために“初回無料相談”を実施中です。

 

 

実際にコンサルティングをご利用いただいた
お客様の声をご紹介しています。

 

 

 

よく読まれている人気記事



関連ページ

不動産投資の特徴@ 「ローリスクミドルリターン」
不動産投資は比較的リスクが少ないと言われています。その本当の意味とは? 自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、その正体に迫ります。
不動産投資の特徴A 「レバレッジ効果」
不動産投資を語る上で、レバレッジ効果は欠かすことができません。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、レバレッジ効果を解説します。
不動産投資の特徴C 「税務が複雑」
ただでさえ税金はややこしいものですが、賃貸経営に関する税務はさらに複雑です。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、その特徴を解説します。
不動産投資の特徴D 「経営的判断」
不動産投資やアパート経営の難しさでもあり醍醐味でもあるのが、自分が経営者となることです。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、その考え方を解説します。

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP プロフィール/ご挨拶 料金体系について 面談場所について ご相談事例 お客様の声